リサンドロ・マルティネスの移籍金は問題なし?パブロ・マリの続報

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

リサンドロ・マルティネスの移籍金は問題なし?

 

ガブリエル・ジェズスの獲得に合意した後、現在アーセナルが優先的に交渉を進めていると伝えられるのがリーズに所属するラフィーニャと、アヤックスに所属するレアンドロ・マルティネス。

最新のレポートによれば、アーセナルは来週中にラフィーニャとレアンドロ・マルティネスに対して2度目のオファーを提示すると噂されているものの、両選手の移籍金が高額だということで実際どうなのか?といった声も少なくなかった。特にリサンドロ・マルティネスに関しては、アヤックスがアーセナルが最初にオファーした2500万ポンドのおよそ倍となる4000万ポンドの移籍金を求めているということで、疑問の声もあがっていた。

そんな中、本日の「football london」によれば、クラブはリサンドロ・マルティネスの移籍金が4000万ポンドになろうとも問題ないと指摘。

同メディアによれば、アーセナルは過去2年でエジル、オーバメヤン、コラシナツ、ラカゼット、その他大勢のベテラン選手を放出したことでかなりサラリーが浮いている模様。そのため、サイクルコストを鑑みれば、仮にリサンドロ・マルティネスとラフィーニャを高額で獲得しても今まで以上のリスクはないと捉えているそうな。

そのため、後はアーセナル陣営がアヤックスの要望している4000万ポンドが適正であるかどうかが焦点となるという。

他のレポートによれば、アヤックスはリサンドロ・マルティネスを今夏に放出する意向がないため、獲得にはどうしても4000万ポンド必要だと報じられていたが、果たしてどうなるのだろうか。

実は今夏に退団すると伝えられているレノ、ぺぺ、ベジェリン、トレイラ、パブロ・マリにすでに退団済みのラカゼットグエンドウジらの年俸だけでもおよそ4000万ポンド程浮くことになってまして、さらに冬の期間でオーバメヤン、チェンバースのサラリーが浮いたことで恐らく年間総額5000〜6000万ポンドのサラリーが浮く計算で(ざっくりの算出なので参考程度で)、噂されているジェズス、ラフィーニャ、リサンドロ・マルティネス、ティーレマンス?辺りが加入しても総額から2000万ポンド程は浮いているのではないかと予想しています。そして、今後数年間メンバーに大きな変動がなければ、サイクルコストが毎年2000万ポンド浮くことになります。仮に5年間そのサイクルが続いたとすると、1億ポンドの経費削減になるという。←あくまで僕の個人的なざっくりとした計算なのであしからず。詳しいことは財務系ブログを閲覧下さい(泣)

ですので、仮に今夏の補強予算が1億ポンドだったとしても、5年で1億ポンドも削減できるなら実質2億ポンド補強予算があるのでは!?(移籍金は分割で支払うことが多いので)なのでビッグサマーが起こっている!?と予想しております。これはフロント陣の相当な努力ではないかと。ただ、恐らくKSEから融資は受けているはずなので、今夏の裏にはKSEへの感謝もしないといけません。多分。

とにかく、明るい話題が多いので普段はしない計算も楽しくなってしまいました!ただ、これらを鑑みるとラフィーニャ、リサンドロ・マルティネスの獲得までは比較的現実味のある話に思えます!

後は続報を待ちたいところです。

 

 

エラス・ヴェローナもパブロ・マリに関心

 

昨シーズン、セリエAのウディネーゼにレンタル移籍し、そこでの活躍から同クラブが完全移籍に向けて動いていると伝えられているパブロ・マリ。

アーセナルも放出を容認する予定で、移籍の顛末はウディネーゼ次第のような状況なのだが、昨日の「ガゼッタ・デッロ・スポルト」によれば、パブロ・マリの獲得レースにエラス・ヴェローナも加わったとのこと。

同メディアによれば、今シーズンからエラス・ヴェローナの監督を務めるガブリエル・シオフィ氏は、昨シーズン途中からウディネーゼの暫定監督を努めた人物だそうで、同氏がパブロ・マリ獲得を要望しているという。

ただ、マリのサラリーがヴェローナのサラリー上限を超えているとのことで、そこがクリアにならなければ移籍は起こらないかもしれないという。ただ、接触は続いているとのこと。

ちなみにヴェローナは今夏の移籍市場で退団予定のDFが何名かいるようで、これは移籍に後押しになるかもしれないそうな。

パブロ・マリにはACミランも関心を抱いていると噂されており、そのACミランは今夏のメインターゲットであったリールに所属するスヴェン・ボットマンを取り逃がしたため、再び関心が向く可能性も。

こちらも続報を待ちたいですね!

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ガブリエル・ジェズス獲得が基本合意!改めてプロフィールおさらい!

アトレティコ・マドリーがベジェリンに関心。フォファナへの関心?

ラフィーニャ獲得レースが激化!トッテナムとチェルシーが参入!?

リサンドロ・マルティネスの移籍金は問題なし?パブロ・マリの続報” への2件のフィードバック

  1. 更新ありがとうございます。
    エンケティアや今後のサカらの契約延長と昇給を考えると、やはりぺぺを売却して、さらに夏の終わりにまた少し放出があるのではないかという感じもします。どうなるのでしょうか

    1. サカはかなりの昇給になるのではと思っています!少なくとも今のぺぺが貰っていると伝えられる週給14万ポンド辺りに引き上げられるのではないでしょうか!
      ナイルズ、ルナルソン、辺りも放出するはずで、それらで資金を捻出する気がしてます!そして、ここまでの補強を鑑みるとぺぺの売却は不可避かと思われます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。