ラフィーニャ獲得に失敗するも代替候補はすでに選定済み?

本日も更新していきます!

 

 

 

 

ラフィーニャ獲得に失敗するも代替候補はすでに選定済み?

 

ガブリエル・ジェズスを確保した後、アーセナルが次なるターゲットの1人に定めていたリーズに所属するラフィーニャ。

これまでのレポートでは、アーセナルが有利な立場にいながらも、リーズと移籍金の額で差があり、今週中にミーティングして差を埋めにかかると考えられていた。

しかし、昨晩の間で状況は一変。アーセナルがギャップを埋めれないスキにチェルシーがリーズの要求額を提示。信憑性のあるジャーナリスト達からも合意したと伝えられ、土壇場でチェルシーに強奪されていた。

そんな中、つい先程アーセナルの番記者チャールズ・ワッツ氏が新たなレポートを更新。その中ですでにアーセナルがラフィーニャに次ぐ候補者を何名かリストアップしているとのこと。

同氏によれば、アーセナルはラフィーニャの他に何名かリストアップしている選手が存在するようで、ラフィーニャ獲得が実現しなかったものの、アーセナルがそれだけの金額を投資できる余裕があると好意的な側面を指摘。

どうやらアーセナルはラフィーニャと同様に獲得へ動いていたリサンドロ・マルティネスの確保に動いた後、夏の間でさらに攻撃的なオプションを追加する見込みな模様。

 

ニャブリ獲得を進言するファンが大量に現れる

弊ブログ主もそうなのだが。(笑)

ラフィーニャ獲得に失敗し、新たなアタッカーを探すアーセナルに世界中のファンから『ニャブリ獲得』を進言する声が多く届いている模様。イギリス「miror」も今日のトピックに追加していたほど。

ニャブリは今夏で残り契約が1年になっている他、バイエルン・ミュンヘンからの新契約に合意してらず、今夏の退団が囁かれており、そういった報道がなされた当初から獲得を推す声が多かった。

そのため、ラフィーニャ獲得に失敗したことで、その声が改めてクローズアップされている様子。

もちろん、ニャブリは高給な選手なので、ラファーニャ獲得に動けたからと言って獲得できる規模の選手ではないかもしれないが、うっすら期待していたいところ。

ちなみに、他にはレアル・マドリーのマルコ・アセンシオ辺りも可能性があるのでは?と噂されています。

 

 

PSGがスカマッカと個人合意?

 

アーセナルが今夏の移籍市場で獲得の可能性が囁かれていたサッスオーロに所属するジャンルカ・スカマッカ。

その後、アーセナルはガブリエル・ジェズス獲得を本格化させたため、スカマッカへの関心を報じるメディアは減ったのだが、昨日の「GFFN」によれば、そんな中でかねてよりスカマッカ獲得に関心を持っていると伝えられていたPSGが同選手と個人合意したとレポート。

同メディアによれば、PSGは新たな監督を招聘すると同時に補強も動いており、現在ミラン・シュクルニアル、ジャンルカ・スカマッカ、レナト・サンチェス獲得に動いているそうで、すでにその3選手と個人合意を済ませたのだとか。

まだ個人合意だけなようで、クラブ間合意まで至っていないようだが、これでスカマッカ獲得はかなり難しくなりました。

 

 

アトレティコ・マドリーがベジェリンと連絡を取り始める

 

昨シーズン、レンタル先のレアル・ベティスで活躍を見せた後、今夏の移籍市場でアーセナルから退団することを目指しているエクトル・ベジェリン。

当初はレンタルしたレアル・ベティスへの完全移籍を目指していると報じられていたが、同クラブと金銭的な要求が合わず、移籍は難航。先日、そういった状況にアトレティコ・マドリーも関心を示したと伝えられていた。

そんな中、昨日の「eldesmarque」によれば、アトレティコ・マドリーとベジェリン陣営が連絡を取り始めたとレポート。

同メディアによれば、両者は連絡を取り始めておからすでに何度かやり取りを行っており、レアル・ベティスとの交渉が頓挫した場合、移籍先の選択肢の1つになっている模様。

どうやらレアル・ベティスはベジェリン獲得のためにかなり努力しており、アーセナルも売却には前向きに考えているものの、アーセナルの想定以下の金額しか提示してこなければ、アーセナルは拒否するだろうと報告されている。

また、アトレティコ・マドリーもベジェリンを獲得する前に、ヴルサリコを売却しなければならないようで、すぐに何かしら動きがあるわけではないとも。まだまだ時間がかかりそうです!

 

 

ちなみにこのブログを作成している間に、アーセナルがリサンドロ・マルティネスに3度目のオファーを提示したとレポートが!

2度目のオファーと同じ3400万ポンドのオファーだそうだが、「財政的なパッケージが違うオファー」を提示したようで、前払い分が多い?オファーなんだとか。ラフィーニャに使う予定のお金が余ったのかな?

とにかく!まずはリサンドロ・マルティネスを確保が急務です!!!

https://twitter.com/now_arsenaI/status/1542119746002472960

 

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

PSVがレノ獲得に関心。ラフィーニャ獲得レースにニューカッスルが参戦

マット・ターナー加入が正式発表!L・マルティネスに新たなオファー

リサンドロ・マルティネスの移籍金は問題なし?パブロ・マリの続報

ラフィーニャ獲得に失敗するも代替候補はすでに選定済み?” への4件のフィードバック

  1. ラフィーニャは残念(泣)
    ニャブリはさすがに厳しいでしょうが、ちょっと期待します。

    1. ラフィーニャ残念ですね(泣)ただ、チェルシー移籍がすんなり決まらないところを見るに、どちらにせよ獲得できなかった可能性もありますね。。
      ニャブリは大変厳しいでしょうが、なんだかロマンを感じてしまいます(笑)

  2. アストンヴィラのCarney Chukwuemekaの噂があるようですが、予算があるならティーレマンスの代わりに取って欲しいです。より安くて将来性のある選手と思います。右利きですがおそらくジャカのところです。

    1. Carney Chukwuemekaチェックしましたが、良い選手ですね!非常にダイナミズムがあってビスマ辺りに似ているのかなと感じました!
      ただ、現時点ではティーレマンスを獲得できるのであれば、そちらを優先しそうな気はします。
      契約満了が今シーズン終了後になるようで、もしかするとその時点で確保に動く可能性はあるのかと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。