ラカゼットはPL残留を望む?ガビゴルはPL移籍が好み?

本日も更新していきます!!!

 

 

ラカゼットはPL残留を検討している?

 

来夏で残り契約が満了することで、1月に退団する可能性も囁かれているアレクサンドル・ラカゼット。

同選手に関しては、アーセナルも1年の契約延長以外は新たなオファーを提示するつもりがないとのことで、本人の意志に依存している部分が多かった。

そんな中、イタリア「カルチョ・メルカート」によれば、ラカゼットはアーセナル退団後もPLには残る決断を下す可能性があるとのこと、

同メディアによれば、現在ラカゼットに対してユベントスが関心を示しているのだが、選手自身はアーセナルから退団したとしてもPL残留を好む可能性があるという。

ラカゼットに対しては、今回報道されたユベントス以外もアトレティコ・マドリーやインテルなど、国外のクラブからの関心が多いようにも感じるが、先日『未だに何も決断していないこと』を示唆するコメントを残した背景には、PLクラブからのオファーを待っている可能性があるのだろうか?

ちなみにジャーナリストのチャールズ・ワッツ氏はラカゼットがクラブに残留する可能性に関して『間違っても残留はないだろう』との見解を示していた。

その他、多くのメディアでは、仮にラカゼットが1月の移籍市場で移籍した際には、ビッグクラブ同士のストライカー交換が行われるのではないか?という予測もされている。

もしアルテタ監督が明日行われるマンチェスターU戦でラカゼットを起用しない決断をした場合には、1月に売却する未来を描いている可能性も?

続報が気になるところです。。。

 

 

ガビゴルはPL移籍を好んでいる

 

弊ブログでは紹介していなかったのですが、アーセナルの新たなストライカー候補として獲得の噂が挙がっていたガビゴルことガブリエル・バルボザ。

同選手はかつてガブリエル・ジェズスと共に2人のガブリエルの1人として、19歳の時にインテルに加入した過去を持つ選手。

現在はインテル退団後に所属したブラジルのフラメンゴでプレーしてるのだが、同クラブで大活躍を収めていることから、アーセナルを含む多くのヨーロピアンクラブから引き合いの声が挙がっていたのだが、どうやら選手自身も1月に再びヨーロッパに挑戦する意思がある模様。そして、選手の好みはPLだそうな。

昨日の「90min」によれば、ガビゴルは『確実に』1月にヨーロッパのクラブへ移籍することを望んでおり、なおかつPL移籍を好んでいるとのこと。

同メディアによれば、ガビゴルは以前チェルシーとウエストハムからのオファーを断り、ヨーロッパ復帰を閉ざしていたのだが、今は考えが変わっているそうで、1月の移籍市場で間違いなくヨーロッパ復帰を望んでいるそう。

そして、同選手にはイギリス、イタリア、ドイツ、スペイン、中東のクラブが関心を示していると言われているが、セリエAに復帰するつもりは低く、中東への移籍も考えていないそう。代わりにPLで自身の能力を試すことに魅力を感じているのだとか。

そんなガビゴルにはアーセナル、エヴァートン、アストン・ヴィラ、ニューカッスル、ウエストハムが関心を示しており、中でもウエストハムは特に強い関心を示しているそう。

とはいえ、ガビゴル獲得には3000万ポンドほどの移籍金が必要だそうで、クラブ買収によって1月に豊富な資金を用意できるニューカッスルが有利では?とのこと。

アーセナルはエドゥがTDに就任して以降、ガブリエル・マルティネリやパブロ・マリのように南米からの補強も増えているため、獲得に動く可能性は十分あるかと。

また、フラメンゴは1月にパブロ・マリを復帰させたいという噂も挙がっているため、交渉を有利に進めることが出来るかもしれない。

大物ストライカーが移籍することの少ない1月の移籍市場で3000万ポンドで獲得可能。どうなるだろうか。。。

ガビゴルのプレー集↓

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ガブリエルが襲撃されていた。アルバロ・モラタへの関心!?

新たなストライカー候補はまたもリールから獲得する!?

ビッグリバウンド!最下位相手に完全勝利!アーセナル試合レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。