ラカゼットに2年契約を提示する可能性?ダニーロは夏まで非売品?

本日も更新していきます!!!

 

 

ラカゼットに2年契約を提示する可能性?

 

現行契約が今シーズン限りとなっているため、今月から自由にアーセナル以外のクラブと交渉することが可能となったアレクサンドル・ラカゼット。

今シーズンは開幕当初こそベンチスタートが多かったのだが、オーバメヤンがチームから外れてからはスタメンとして定着。チームの潤滑油になる存在として、一転して契約延長を望む声が挙がっていた。

そんな中、昨日の「teamtalk」によれば、そんな状況のラカゼットにアーセナルが2年契約延長のオファーを提示する可能性があるとのこと。

同メディアによれば、これまではアーセナルが契約延長を提示したとしても単年のオファーになるだろうと考えられていたものの、直近5試合で2ゴール3アシストを記録していることに加え、その中の3試合でキャプテンを務めたことでアルテタ監督がクラブに対してこれまでの考えを改めるよう勧めたのだとか。そのため、2年契約をオファーする可能性があるのではないか?ということだそう。

また、ラカゼット側も2年契約であればアルテタ監督とプレーするアイデアに好感を得ているのだとか。

しかし、すでにラカゼットにはリヨン、アトレティコ・マドリー、ユベントス、インテル、モナコが関心を抱いているそうで、アーセナルも相応のオファーを提示しなければならないことも指摘している。

その他、アーセナルの番記者であるオーンスタイン氏によれば、現状アーセナルからの複数年オファーはないそうで、このままだと今夏に退団するだろうとのこと。

先日のFA獲得へカップでエンケティアが活躍できなかったことを鑑みると、彼を売却して新ストライカー、ラカゼット、バロガンで来シーズン以降を進めても良い気はするが果たして。

 

 

ダニーロは夏まで非売品?

 

先日弊ブログでも紹介したように、アーセナルが総額2500万ユーロのオファーをしたと報じられたパルメイラスのダニーロ。

現在アーセナルは深刻なMF不足に悩まされているため、電撃移籍もあり得るかに思えたのだが、昨日の「TNTSPORT」によれば、当初に報じられていた通りパルメイラスは少なくとも夏までダニーロを売却するつもりがないとのこと。

同メディアによれば、パルメイラスは2月に行われるクラブワールドカップにダニーロを出場させるため、少なくとも今夏までは維持するつもりなんだとか。

また、ダニーロに対してアーセナル以外にもリール、モナコが同選手に対して問い合わせを行ったそうだが、どこからも具体的なオファーは届かなかったという。

もしかすると、パルメイラスはダニーロをクラブワールドカップに出場させて活躍させることで、今以上のオファーを提示されることを狙っているのではないだろうか。

これは夏まで非売品になる可能性が高いかと。

 

 

パブロ・マリを3クラブへオファーも反応なし?

 

こちらも先日弊ブログで紹介したように、今冬の移籍市場でアーセナルからの退団が近づいているパブロ・マリ。

先日は同選手に対してサンプドリアが関心を抱いていると報じられていたのだが、昨日の「Goal.comブラジル版」によれば、どうやら現在パブロ・マリ側がヨーロッパのリーグでプレーを続けるため、代理人によっていくつかのクラブに提案しているとのこと。

同メディアによれば、すでに元所属先のフラメンゴからオファーを貰っているものの、選手自身はヨーロッパでプレーしたい気持ちが強いそうで、現時点で噂されたサンプドリア、ACミランに加え、バレンシアに提案したそうな。

しかし、どのクラブも良い反応を見せていない模様。

現時点でこの調子だと、最終的に半年ローンで移籍などが現実的な選択肢になりそうな気もするが、まだ移籍市場は3分の2の時間が残っているので、まだまだ何が起こるかはわからない。

サンプドリアは吉田麻也が怪我で離脱したので、CB補強に動く可能性はないだろうか。。。

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

俺たちのFAカップ。。。アーセナル試合レポート

ブラジルの若手MFへ総額2500万ユーロを提示?OMがコラシナツ獲得へ?

サンプドリアがパブロ・マリ獲得へ動く?セドリックはアトレティコ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です