ラウタロ・マルティネスの取引にベジェリンを加えるオファーを提示!?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

ラウタロ・マルティネスの取引にベジェリンを加えるオファーを提示!?

 

つい先程、非常に興味深いニュースが流れてきました!

先日イギリス「Telegraph」にて、インテルに所属するラウタロ・マルティネスへ問い合わせていたことを報じられたアーセナル。

ラウタロ・マルティネスの評価額は7500万ポンドであることから、恐らく誰もが流石に獲得できないよなあと思っていたのだが、本日の「football insider」によれば、アーセナルは同選手との取引にベジェリンを加える可能性があるとのこと。

同メディアによれば、アーセナルは今夏の移籍市場でエリートストライカーの獲得に動いており、ラウタロ・マルティネス獲得を検討しているものの、クラブの情報筋の話では7500万ポンドの移籍金を用意するのは難しい模様。

そのため、アーセナルはインテルが獲得を望んでいるエクトル・ベジェリンを取引に含めることで移籍金を下げさせる狙いがあるとのこと。

しかもこの報道は、ゴシップニュースとしてだが「BBC」にも掲載されている。続報に注目したい。

財政難であるインテルは、今夏の移籍市場で主力選手を放出する必要があり、すでに右サイドの主力アクラフ・ハキミをPSGに売却していたのだが、さらに売却する可能性があるかもしれないのだとか。

アーセナルはそこを狙っている様子。ここ最近、ラカゼットを売却対象にしたと報じられていたのは、ラウタロに置き換えるためなのだろうか。

インテルからすれば、主力に成長したラウタロを売却したくないだろうが、絶対的なエースであるロメル・ルカクとは違い、ラウタロの役割は比較的タイプの似ているアレクシス・サンチェスに代替出来る可能性があるので、もしかすると何かあるかもしれないと期待して待ってみたい。

 

インテルはベジェリンとダンフリースの2名に絞る?

ラウタロ・マルティネスとの取引に含まれる可能性が囁かれているエクトル・ベジェリンだが、本日のイタリア「ガゼッタ・デッロ・スポルト」によれば、やはりインテルはベジェリン獲得を検討している模様。

同メディアによると、インテルはハキミの退団で空いた右SBの補強候補をベジェリンとPSVのデンゼル・ダンフリースの2名が一番人気になっているとのこと。

しかし、インテルは獲得するための予算が厳しいため、ダンフリースに対しても獲得OP付きのレンタル移籍しか提示出来ないそうな。

すでにベジェリンとダンフリースの両選手の代理人には完全移籍と買取義務付きのレンタルは提示できないことを通達しているのだとか。

しかし、このことが本当だとすると、前述したラウタロ・マルティネス獲得のためにベジェリンを差し出すというオファーが現実味を帯びてくる気がする。

アーセナルは現在ベジェリンの代理人と会議を行っており、その中で取引に含めるアイデアを提示した可能性がある。

ますます続報が気になってきました!

 

 

セルジーノ・デストがバルセロナからの退団を拒否

 

ベジェリン退団後に新たな右SB獲得に動くことを報じられているアーセナル。

何名か獲得候補をリストアップしているとも伝えられていたが、本日の「ESPN」によれば、その中の1人にオファーする前から断られてしまった模様。

同メディアによれば、アーセナルが獲得候補にリストアップしていた1人であるバルセロナのセルジーノ・デストが、自身に問い合わせを行ってきたクラブに対し、バルセロナから退団しないことを明言したとのこと。

デストは昨夏の移籍市場でバルセロナに加わったばかりだったのだが、バルセロナの財務状況が悪くなっていたことから、クラブが売却に動く可能性を指摘されていたのだが、選手が残留する意思を明確にしたそうな。

また、同選手にはアーセナルの他にもボルシア・ドルトムント、バイエルン・ミュンヘン、ASモナコが獲得を目指していたそうなのだが、全てのクラブが振られてしまった様子。

右SBに関しても動きがありそうですね!

 

そして、どうやらもうすぐベン・ホワイトの公式発表が行われるそうですよ!!!

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ベジェリンの代理人がフロントと会議へ。モナコがウィロックに関心?

アトレティコ・マドリーがラカゼットへの関心を再燃?若手が武者修行へ

将来的な戦力としてポルトガルの若手ウインガー獲得へ?

ラウタロ・マルティネスの取引にベジェリンを加えるオファーを提示!?” への2件のフィードバック

  1. ラウタロ、どうですかねぇ。本人が拒否しそうな気もしますが・・・。でもkenさんとしては、エイブラハムよりも歓迎ですよね?
    スペインもイタリアもまさかコロナが2年続くと思ってなかったのか、状況ひどすぎです。ジャカの話は止まっちゃってますし。このままいくと、週末のチェルシー戦のベンチにジャカ座ってるのでは。

    1. 当初はラウタロでしたが、エイブラハムの可能性にも魅了されてきています。。(笑)
      スペイン、イタリアは例年よりも動きが制限されてますね。レアルですら静かですから。
      ただ、ローマはジャカ以外にはある程度の移籍金を積んでいるので、やはり足元見ている感は否めないです。
      どうなるのやら。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です