ヨビッチ獲得を目論んでいる?ワイナルドゥム獲得のチャンス

本日も更新していきます!!!

 

 

ヨビッチ獲得を目論んでいる?

 

連日お伝えしているように、今夏の移籍市場でストライカー獲得を目指しているアーセナル。

すでに弊ブログでも何名かの選手を紹介しているのだが、最近うわさ話が減っていたある選手へ未だに関心を持ち続けている模様。

昨日のスペイン「fichajes」によれば、アーセナルは未だヨビッチ獲得に関心を持っており、同選手の獲得を目論む5つのクラブの内の1つなんだとか。

同メディアによれば、アーセナルは今夏の移籍市場でラカゼットとエンケティアの両選手が退団した場合、何名かストライカー獲得に動く可能性があり、ヨビッチをリストアップしているのだとか。

しかし、ヨビッチがPLでどれだけ活躍できるかがネックとなっているようで、具体的な動きにまでは至ってない模様。

アーセナルはレアル・マドリーと良好な関係を築いていることもあり、比較的安価で獲得できる可能性はあるが、どうなるだろうか。

 

 

ワイナルドゥム獲得のチャンス

 

今冬の移籍市場で中盤獲得の必要があったアーセナル。

何名かの選手がリストアップされていたのだが、その中でも比較的獲得の可能性が高かったのがPSGに所属するジョルジュ・ワイナルドゥム。

最終的に獲得には至らなかったのだが、どちらにせよ今夏の移籍市場で中盤補強が必要なアーセナルが関心を持っているとも伝えられている。

そんな中、昨日のイギリス「football london」によれば、もしかすると今夏の移籍市場で同選手獲得のチャンスが訪れる可能性があるとのこと。

同メディアによれば、ワイナルドゥムの所属するPSGは今夏の移籍市場で現在チェルシーでプレーしているフランス代表のエンゴロ・カンテ獲得に動く可能性があり、選手自身も移籍に興味を持っているのだとか。

そのため、仮にカンテがPSGへ移籍することとなれば、ワイナルドゥムが余剰戦力となり、退団の可能性があるとのこと。

これは比較的朗報かと!アーセナルは今夏の移籍市場で中盤のスーパーな選手を獲得したとしても、ジャカが退団の可能性があることでもう1人補強する必要が出るかもしれないので、そういった際に助かる存在になり得る。

引き続き注目していきたい。

 

 

ワード・プラウズ獲得のススメ

 

今夏の移籍市場で中盤補強の可能性が高いアーセナルだが、元イングランド代表のストライカー、ケヴィン・フィリップス氏はサウサンプトンに所属するワード・プラウズを推薦しているそうな。

先日の「football insider」にて、このように語っていた模様↓

 

「彼は技術的に優れた選手で、セットプレーのスペシャリスト。彼はアルテタ監督が求めるチーム像に当てはまる人材。

ただ、彼らが彼をサウサンプトンから連れ出せるかが問題。彼は最近契約延長しているし。ただ、アーセナルが扉をノックすれば可能性はあるだろう。彼を説得できる可能性は十分ある。

ワード・プラウズはアーセナルが夏に注目するべき選手の1人。彼はパーティをより良い選手にしてくれるだろうし、彼ほどキックが素晴らしい選手は中々いない。」

 

とのこと。

個人的にはかなり賛成!ワード・プラウズはかなりファイトできる選手で、その上にキックも高性能!

セットプレーでの得点が増えているアーセナルを次のレベルに引き上げてくれる可能性が高いかと!

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

アセンシオ獲得に5000万ユーロを準備!?ウエストハム右SBへの関心

サリバに新たな契約を用意?ジョナサン・デイビッド獲得レースが激化

今までのオレ達とは違う!!魂の勝利!!!アーセナル試合レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。