ユベントスがラポルテに関心?。アワールがお買い得で獲得可能?

本日も更新していきます!!!

 

 

アワールがお買い得で獲得可能?

 

今夏の移籍市場で中盤の選手獲得を目指すアーセナル。

現在レスター・シティに所属するユーリ・ティーレマンスをトップターゲットに定めていると伝えられているのだが、もしかすると過去に獲得間近まで迫ったフセム・アワール獲得に動く可能性がある模様。

昨日のイギリス「football london」によれば、アワールが今夏の移籍市場で1260万ポンドで獲得可能らしく、他の候補者の状況によってはアワール獲得で中盤の補強を完了させる可能性があると指摘。

同メディアによれば、アワールは今夏の移籍市場で残り契約が1年となることに加え、所属先のリヨンが財政難のため、移籍金が低くなっても選手売却を進めたい意思があることで、以前よりも低価格で獲得できる状況だという。

そのため、他にも補強箇所のあるアーセナルがアワール獲得で中盤補強を終えるのではないか?としている。

ただ、エドゥTDとアルテタ監督は以前から今夏の補強は『量より質』と話している通り、安いからと言って獲得へ動くかはわからない。ただ、以前3600万ポンドも積んで獲得に迫った選手がその3分の1の価格で獲得可能というのは非常に魅力的である。

将来的に4-3-3のフォーメーションを使用したいアルテタ監督にとっても必要なピースではあるので、完全に否定は出来ない。続報が気になるところ。

 

 

ユベントスがラポルテに関心

 

共有までに。

先日アーセナルのガブリエル獲得に強い関心を抱いていると伝えられていたユベントス。

アーセナルはガブリエルを放出するつもりがないと伝えられていたのだが、昨日の「コリエ・デッロ・スポルト」によれば、ユベントスがマンチェスターCに所属するラポルテにも関心を抱いているとのこと。

そのため、もしかするとガブリエルが獲得不可能と悟り、候補者を移した可能性があるとも。

また、マンチェスターCのグアルディオラ監督はラポルテに対するオファーにオープンな状況らしく、そういった状況もあり、ターゲットを同選手へ移した可能性も指摘されている。

とにかく、ガブリエルには出ていってほしくないので、一安心かと!

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

アーロン・ヒッキー獲得に前進か?ラングレの状況を注視する?

ローマがベジェリン獲得に関心か?ニャブリがバイエルンMから退団か?

リールがオマル・レキクに関心?ファビアン・ルイス獲得がブースト?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。