ヤニス・ストイカとは!?アーセナルとリンクされた若手選手について

本日も更新していきます!!!

 

 

今回はイギリス「football london」にて、『ヤニス・ストイカとは!?アーセナルとリンクされた若手選手について』なるレポートが挙がっていたので、そちらをご紹介していきます!!

 

はじめに

 

アーセナルは忙しい夏の移籍市場を過ごし、他のPLクラブよりも多くの移籍金を費やした。

アーセナルは1億4000万ポンドの移籍金で、アーロン・ラムズデール、マーティン・ウーデゴール、ベン・ホワイト、冨安健洋、ヌーノ・タヴァレス、サンビ・ロコンガを獲得した。

ミケル・アルテタのチームは土曜日にリヴァプールに負けるまで10試合無敗を続け、トップ4に向けて順調に発信した。その結果、現在来シーズンのCL権まで3ポイントの位置につけている。

現在5位につけているものの、ゴール数の収支はー4で、ファイナルサードで問題が起きていることを示している。今季は未だわずか13得点しか記録していない。

そんな中、「Play sport」は、アーセナルが1月の移籍市場でルーマニアのストライカー、ヤニス・ストイカ獲得に関心を持っていると報じた。

そうは言ってもストイカに関して知っている人は少なく、今回はアーセナルが彼とサインした場合にどうなるのかを調べてみた。

 

 

ヤニス・ストイカとは?

 

現在18歳のストイカは、ルーマニアのブカレストで生まれた才能あるフォワード。

彼は多才な選手であり、FCSBと契約している選手。右WG、ストライカー、アタッキングMFとしてプレーしている。

 

 

なぜアーセナルが彼を望んでいるか?

 

アーセナルに所属するラカゼット、エンケティアの両ストライカーは今シーズン限りで契約が切れるため、シーズン終了後にクラブから去る予定である。

両ストライカーが移籍した場合に、アルテタ監督はオーバメヤンとバロガンだけが純粋なCFとしてクラブに残ることになる。

そのため、まだ若いストイカとサインすることは、ここ最近の『可能性を持つ若手選手獲得する』クラブ戦略を考えると理にかなっている。

ルーマニアのU-21代表でもあるストイカは、猛烈なペースが有名であり、しばしば彼のスピードを利用して相手ディフェンダーを抜き去っている。

アーセナルが週末に4対0でリヴァプールに敗れた際、アーセナルの攻撃は突破口を欠き、ブカヨ・サカ、エミール・スミス・ロウ、アレクサンドル・ラカゼットは足元でボールを受けたがった。

ここにストイカが加入するとアーセナルの攻撃に別のオプションを追加することになる。彼はデイフェンスラインを5m下げるためのランを行うことで、サカとスミス・ロウがコントロールするためのスペースを与えることができる。

 

 

アーセナルではどこに収まる?

 

ストイカの多様性は監督に夢を見させ、サカとスミス・ロウの両選手が主に前線で起用されていることを考えると、恐らく将来的に流動性のあるフロントスリーを形成する可能性がある。

ただ、このヤングタレントはすでにシニアチームで50試合以上出場歴があるものの、彼がクラブに加入するならばレンタル移籍が最も理にかなっている。

バロガンやマルティネリがアルテタ監督のもとでプレータイムを獲得できていないことを鑑みると、加入してすぐに出場機会を得られることは考えにくく、ファーストチームへ入る余地がなくなってしまう。

 

 

何と言われている?

 

ブカレスト生まれのアタッカーは、インタビューで『自信のプレースタイルは誰に似ている?』と問われ、『エムバペだと思う。』と答えており、自信の現れを感じる。

しかし、彼は現在売りに出されていないそうで、FCSBのオーナー、ジジ・ベカリは『アーセナルがヤニスをモニタリングしていることは良いことだが、彼は売りに出されていないので意味がない』と答えており、少なくともあと1〜2年は同クラブでプレーさせるつもなんだとか。

 

ストイカのプレイヤープレフィール↓

 

プレー集↓

 

 

以上が「football london」によるプチ紹介。

個人的にサカ、スミス・ロウと流動的なフロント3というのが魅力的だなあと。

ディフェンスラインを下げさせてくれるランができるなんてとても魅力的ですよね!

弊ブログでもみっちり情報を監視していきますね!

 

 

元記事はこちら→Who is Ianis Stoica? The Romanian Kylian Mbappe linked with shock Arsenal transfer

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

1月に3選手を売却してレナト・サンチェス獲得へ向かう!?

ベラルディが2500万ポンドで獲得可能?アルトゥールは2900万ポンド?

アトレティコ・マドリーはラカゼット獲得が第1希望?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です