マンチェスターC戦は予定通り行う予定。退団意向のデンベレへ連絡?

本日も更新していきます!!!

 

 

マンチェスターC戦は予定通り行う予定

 

昨日弊ブログで紹介したようにミケル・アルテタ監督が新型コロナの陽性判定が出たことで、マンチェスターC戦で指揮官を欠くアーセナル。

同クラブでは最近陽性反応の出た選手、スタッフが複数いたこともあり、明日の試合を延期する可能性も指摘されていたが、本日の「RTE」によれば、現時点でアーセナルはPLに対してマンチェスターC戦の延期を求めていないとのこと。

また、同メディアによれば、アーセナルはアルテタ監督以外にもベンチスタッフで陽性反応が出たスタッフがいるそうで、マンチェスターC戦ではアルベルト・スタイフェンベルグ氏のみがベンチ入りする予定だとも伝えられている。

そのため、同氏はユースチームを統括しているペア・メルテザッカーにベンチ入りをお願いする可能性がある模様。

アーセナルは今朝のトレーニング写真でナイルズがトレーニングに戻ったことが確認されているが、富安は欠席したようでノリッジ戦に続き同試合も欠場する見込みだと伝えられている。

そのため、アーセナルはノリッジ戦同様にベン・ホワイトを右SBで起用することが予想されている。

好調を続けるマンチェスターC相手に試合前から劣勢な状況だが、どのような試合になるだろうか。

 

 

退団意向のデンベレへ連絡?

 

今シーズン限りでバルセロナとの現行契約が切れるため、シーズン終了後に移籍の可能性が上がっているウスマン・デンベレ。

バルセロナはデンベレを長期的な戦力に含めており、契約延長を打診しているそうなのだが、本日の「FOOTmercato」によれば、現地時間の本日朝に行われたクラブとのミーティングで合意に達さなかったとのこと。

同メディアによれば、バルセロナが提示したオファーはデンベレを満足するようなオファーでなかったようで、まとまることがなかった模様。

どうやらデンベレは年間4000万ユーロの給与+契約金4000万ユーロを求めているそうで、現状のバルセロナはこの金額は到底払えないとされている。

しかし、デンベレ側はコウチーニョやグリーズマンらが受け取っていた年間3500万ユーロの給与と鑑みるとこの要求は妥当だと考えているそうで、この金額でなければ受け入れない構えなんだとか。

スペインは半分が税金?ということで、年間2000万ユーロの給与を求めている模様。アーセナルで換算するとエジルに支払っていた給与と同じくらいに相当する金額。

また、同メディアによれば、そんな状況のデンベレに対し、すでに数クラブが関心を抱いているそうで、PSG、チェルシー、アーセナル、バイエルン・ミュンヘン、マンチェスターUは選手に連絡を入れているとのこと。

アーセナルがこの金額を支払うとは思えないが、デンベレに関しては『オーバメヤンとスワップする』などの噂も上がった過去もあったため、余裕を作れば獲得に動く可能性もあるのだろうか。

続報が気になる。

 

今日は年末に近づいていることで、補強の話よりも年明けに行われるマンチェスターC戦の話が多かったです。

出来ればベストの状態で試合をしたかったのだが、こういった状況はどうしようもない。。。なんだか良い解決策はないものだろうか。。。

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ベティスに残りたいベジェリン。アルテタがコロナ陽性でシティ戦アウト

ユベントスはオーバメヤン獲得から撤退?ケシエ獲得へトッテナムが先行?

どうしちゃったの!?ケチャドバアーセナル!アーセナル試合レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です