ホーム開幕戦!最高の雰囲気でシーズンスタート!アーセナル試合レポート

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

今回は昨晩行われたPL第2節アーセナル対レスター・シティの一戦をレポートしていきます!

※このレポートは試合内容を伴うものとなっております。お気をつけくださいませ。

 

スターティングメンバー

 

まずはスターティングメンバーから!

 

アーセナル:4−2−3−1

※試合終了後に画像を取得したため、ゴールマークらが付いてます。あしからず。

アーセナルはいつも通りの4−2−3−1の布陣。

ディフェンスラインは左からジンチェンコ、ガブリエル、サリバ、ホワイト。

中盤はパーティとジャカが入り、2列目中央にウーデゴール、右にサカ、左にマルティネリ。トップにはガブリエル・ジェズスが起用された。

アーセナルは昨日弊ブログでもお伝えしたように、サブに怪我から復帰した冨安とスミス・ロウが入った。ヴィエイラはお預けとなったが、近いうちにメンバー入りするはず。楽しみである。

 

レスター・シティ:3−5−1−1

対するレスターは3−5−1−1の布陣。

3バックの前に中盤が3枚並んで、WBが囲み、トップにヴァーディ、トップ下にマディソンが起用されている。

要注意選手はマディソンとヴァーディで、前者は昨シーズンのアーセナル戦で活躍された過去と、精度の高いキックでディフェンス面で混乱を起こされる可能性がある。後者は言わずもがなのアーセナルマスターで、ヴァーディよりもアーセナル戦で得点しているのはルーニーとケインだそう。気をつける必要がある。

 

 

試合内容

 

最初にチャンスを作ったのはレスター。

右サイドを駆け上がったウェズレイ・フォファナが角度がないながらもGKと1対1のチャンスを迎える。しかし、飛び出してきたGKアーロン・ラムズデールに阻まれ、先制点とはならなかった。

その後はアーセナルのペースで進む。

18分、右サイドでボールを持ったブカヨ・サカがファーサイドへクロスボールを送ると、走り込んできたグラニト・ジャカがヘディングシュート。こぼれ球をオレクサンドル・ジンチェンコが左足で狙うも、シュートはクロスバーを超えてしまった。

均衡が破れたのは23分。

ペナルティエリア左でボールを受けたガブリエウ・マルティネッリが粘って前を向き、中央へ送る。ボールを受けたジャカがダイレクトで繋ぐと、ガブリエル・ジェズスはトラップからタイミングを見て、右足を振り抜く。狙い澄ましたシュートは逆サイドのネットを揺らし、アーセナルが先手を取った。

35分にはアーセナルに追加点。

左コーナーキックを獲得すると、キッカーを務めたマルティネッリはニアサイドへ速いクロスボールを選択する。ストーンに立っていたヴァーディが頭で触ると、ファーサイドへ流れたところをジェズスが頭で押し込んだ。

42分には1本のパスでアーセナル守備陣の背後へ抜け出したヴァーディがラムズデールに倒されてPKが与えられるも、VARの結果ノーファウルが確認された。

アーセナルの2点リードで折り返した後半、レスターが1点を返す。

53分、ジョニー・エヴァンスからのロングフィードを引き出したジェームズ・ジャスティンが頭で繋ぐと、中央でウィリアン・サリバが反応。サリバはラムズデールへの繋ぎを試みるも、連携が合わず、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。

直後の55分にはアーセナルが再びゴールを奪う。

ペナルティエリア手前の位置でボールを持ったベン・ホワイトがクロスボールを供給すると、“新守護神”のダニー・ウォードが飛び出して対応。しかし、ウォードがファンブルしてボールがこぼれると、すぐさまジェズスが反応した。横パスから最後はジャカが流し込み、失点直後に勢いを取り戻すゴールを挙げている。

70分にはアーセナルがカウンター。

ジェズスがボールを運びながら時間を作って右サイドへ展開すると、サカは相手DFを引き付けてマイナスへ。最後はジェズスが右足を振り抜くも、シュートは枠を外れた。

74分にはレスターが追い上げを見せる。

途中出場のケレチ・イヘアナチョがペナルティエリア内でカットインから縦にパスを送ると、右の深い位置に侵入したマディソンが右足を振り抜く。狙い澄ました一撃はファーサイドのネットを揺らし、レスターが再び点差を縮めた。

直後の75分にはアーセナルに選手交代。ホワイトに代わって冨安を投入する。

直後の75分にはアーセナルにチャンスが。高い位置でマルティネッリがプレスバックしてボールを奪うと、ショートカウンターを発動。マルティン・ウーデゴーア、ジェズスと繋ぎ、最後は再びゴール前に顔を出したマルティネッリが左足でシュート。逆サイドのネットを揺らし、再びアーセナルがリードを2点とした。

その後もアーセナルが試合の主導権を握りながら攻撃を続ける。86分にはトーマス・パーティが、90分にはエディ・エンケティアがシュートを狙ったものの、これ以上の追加点は生まれず。試合はこのままタイムアップを迎え、アーセナルがプレミアリーグ開幕2連勝を飾った。

 

簡単なスタッツ等↓

 

 

難敵レスター相手に快勝!

 

今シーズンのホーム開幕戦!

プレシーズンから好調が続くアーセナルに対して期待しているファンは少なくなく、試合開始前から非常に良い雰囲気に包まれたエミレーツ・スタジアム。

そんな観衆の期待に答えるべくアーセナルがレスター・シティに快勝!

個人的に気持ちが良かったのが、相手に点を取られてからすぐに得点を取り返してくれたところ!

昨シーズンのアーセナルであれば、試合には勝っていたかもしれないが、1点差になって最後までハラハラさせる展開だった可能性があるが、今シーズンの強みは取られてもすぐ点を取り返せる魅力的な攻撃陣と戦術が浸透したチームで、期待値通りに点が決まるようになってきた!(まだ2試合だが)

特にガブリエル・ジェズスが加わった攻撃陣は魅力で、彼の加入で間違いなく今シーズンの得点数が伸びるはず!彼自身もホーム開幕戦で2ゴール2アシストと、移籍金に見合った結果を残した!

今節のジェズスのスタッツ↓

https://twitter.com/Squawka/status/1558484901657198595

 

ちなみにボックス内での15タッチというのは、過去7シーズンでトップの数字だそうで、昨シーズンよりも得点数が上がっていることを大いに押し上げている要因だろう。

また、ジェズスに代わって途中から出場したエンケティアも、得点こそなかったものの、シャープな動きを見せており、シーズン佳境では彼の爆発も期待される。

 

 

戦術ジンチェンコ

 

ティアニーと交代した際に観客からのスタンディングオーベーション!

それだけ彼の能力の高さに魅了されたファンが多かった証拠だろう!!!

ブログ主は今、レポートを書きながらマンチェスターUの試合を見ているのだが、我々はリサンドロ・マルティネスではなく、ジンチェンコを選んで本当に良かったなあと思っている次第です。

ジンチェンコはマンチェスターC仕込みのテクニックだけでなく、戦術理解度の高さ、体を張れる泥臭さなど、アルテタ監督の求めているものを全て兼ね備えている選手ではないかと!!!バックヒールの股抜きをした際は唸ってしまった。

特に攻撃時の戦術ジンチェンコはかなり効いている用に感じた!カンセロロールの逆サイド版?みたいな。ジンチェンコロール。

前節同様に終盤は少しバテている様子だったので、かなり疲れる役割なのだろう。ただ、彼があそこまでフル回転できるのは後ろにティアニーが控えているからで、これはチームにとって非常に利益があるのではないかと!

逆にティアニーがスタメンで出場した際は終盤にジンチェンコが出てきて試合を落ち着かせてくれるという。良い循環である!

 

 

マルティネリの成長!

 

これも語らずにはいられないポイント!

昨シーズンから左サイドのスタメンとして起用されていたマルティネリだが、今シーズンはさらにスタメンの地位を固めるようなプレーぶりを披露!

持ち前のスタミナやスプリント力だけでなく、今シーズンは気の利いたプレーも増えており、選手として成長していることをひしひしと感じる。

そして、前節に続いて今節も得点を決めており、得点に絡む能力も磨かれている様子!

アマゾンプライムで放送中の『All or Nothing』内で「今日で終わりかと思うくらいワークしている」とコーチから語られていたので(プチネタバレすみません)、彼はこれからもまだまだ伸びるだろう!お金の管理は親に任せているそうで、とにかくサッカーがしたいそう。最高な選手です!

 

 

控え選手の充実

 

ジンチェンコとティアニーの関係を伝えた際にも語ったが、やはり控え選手の充実はチームにとって素晴らしい反応を見せているかと!

今回の試合でも、ジンチェンコ→ティアニー、ホワイト→冨安、サカ→スミス・ロウ、ジェズス→エンケティアと、途中から出てきた選手がスタメンで起用されていてもおかしくない選手だという状況は見ていても期待感が常に続く感じがして楽しい!

また、チームとしても、控えから出てきた選手達がそれまで出場していた選手と少しプロフィールが違えば、相手からしても嫌なはず。

ヴィエイラが復帰したらウーデゴール→ヴィエイラ、もしティーレマンスが加入すればジャカ→ティーレマンスなど、考えるだけでもここ数シーズンのアーセナルと比べると贅沢である。

チーム内でさらに切磋琢磨してほしいですね!!!

 

 

今回はこんなところで!

開幕2連勝で、開幕2試合で6得点を記録するのは久しぶりだそうで、今シーズンのアーセナルが違うことを証明できて嬉しいです!!!

あとはウーデゴールやサカが少し静かなので、彼らも次節以降で活躍する姿を見せて欲しいところ!!!

 

とにかく、開幕2連勝最高です!!!

 

COYG!!!

 

 

最新情報は下記にある弊ブログ主ツイッターにて更新しているので、レポートが待てない方は是非フォローお願いします!

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ジェレミ・ピノは割安料金で獲得可能。離脱選手が続々と復帰!

パブロ・マリはモンツァ移籍へ。ジェレミ・ピノへオファーを提示していない?

ミランにトナーリについて問い合わせ?今夏に残り2名の獲得を目指す?

Comments

  1. B.D

    サリバのミスもタイミングが良かったというか、若い選手にいい経験をつませられたのが今年は運も味方につけていそうな気がw
    ジェズスやジンチェンコを見てると、こんなクオリティの選手が半控えみたいな選手層のマンcはチートすぎるなあと戦慄しましたわ。

    1. Post
      Author
      gunner-ken

      確かにサリバがミスをしたのはタイミングが良かったですね!今後の糧になります!
      そして、仰るとおり、ジェズスやジンチェンコですらあのレベルなので、そりゃマンチェスターCは強いよなあと。。。
      アーセナルも同じレベルに引き上げてほしいところです!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です