ベジクタシュがラカゼット獲得から撤退。ネルソンがコロナ感染

本日も更新していきます!!!

 

 

 

ベジクタシュがラカゼット獲得から撤退

 

昨日弊ブログが紹介したように、今夏でアーセナルとの契約が切れるラカゼットの獲得に乗り出したと報じられたベジクタシュ。

今シーズンここまでリーグ戦の順位が7位と、普段よりも苦戦している同クラブが来シーズンに向け、攻撃時のテコ入れとして獲得を検討していたそだうが、本日のトルコ紙「Fanatik」によれば、ベジクタシュはラカゼット獲得を見送る予定なんだとか。

同メディアによれば、ラカゼットは契約の条件として年俸600万ユーロを求めているそうで、ベジクタシュはこの金額が高すぎるとして実行に移すのを見送った模様。

ラカゼットは今シーズンここまで公式戦22試合に出場5ゴール4アシストと、例年よりもゴールを決められていないものの、これまでの実績から高年俸となることが予想される。

アーセナルはラカゼットと1〜2年の契約延長を望んでいると伝えられているが、その場合はどれくらいの給与になるのだろうか。

 

 

ネルソンがコロナ感染

 

今シーズン、アーセナルからオランダのフェイエノールトへレンタル移籍しているリース・ネルソン。

そんなネルソンは、シーズン前半にポジションを確保することに苦労しており、ほとんどが交代出場ばかりだったのだが、このところはスタートから起用されるようになり、その上で監督から公に発破をかけられるなど、シーズン後半戦に向けて期待されていた。

そんな中、どうやらこれからというタイミングでネルソンは新型コロナに感染してしまった模様。

ネルソンは日曜日に行われたスパルタ・ロッテルダムとの試合を欠場。その後、コロナに感染していたことが判明したそうな。

彼はここ数シーズン燻っている選手の1人で、レンタル先の結果次第で今後のキャリアにも影響しそうな感じだったのだが、どうやらフェイエノールトでもタイミングが悪い模様。。。

彼はアーセナルファンの中でも期待されていた選手の1人で、アルテタ氏がアーセナルの監督に就任した直後は彼が1番乗りでファーストチームに定着するものだと考えられていた。

しかし、ここ数シーズンでタイミングの悪い怪我などが重なったことで実力を発揮できておらず、いくつかのメディアでは今シーズン終了後に売却されるとも伝えられている。

個人的に好きな選手だけに、後半戦で大爆発して来シーズンのファーストチームに食い込んでくる姿を見てみたいところ!

 

 

サリバは来シーズン、アーセナルで

 

今シーズン、マルセイユへシーズンローンしているウィリアム・サリバ。

同選手はレンタル先で大活躍を収めていることで、イタリアンクラブ、レアル・マドリーからの関心が噂されており、特に今夏に若手CBの確保に動くと噂されているレアル・マドリーからの噂は何度か報じられていた。

そんな中、昨日の「ディフェンサ・セントラル」によれば、アーセナルは今夏の移籍市場でサリバを売却しない意向を持っており、来シーズンのファーストチームに組み込まれる予定であるとのこと。

同メディアによれば、レアル・マドリーはミリトン、ダビド・アラバ、ナチョに次ぐCBの獲得に動く予定で、サリバは間違いなくリストアップされている選手の1人だったが、アーセナルは今シーズンのサリバの活躍に満足しており、チームに留めるつもりなんだとか。

また、同メディア以外もイギリスメディアも比較的サリバは今夏に残留するというレポートを挙げており、恐らく来シーズンはサリバがファーストチームでプレーしている姿が見れるはず。

待ち遠しいですね!!!!

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ついにウィルシャーの移籍先が見つかる!?ベジクタシュがラカゼットへ?

ゼ・ルイスからの逆オファーを検討?イアン・ライトがぺぺのCF起用を促す

ウエストハムもサリバに関心?今夏に改めてラウール・デ・トーマスへ?

ベジクタシュがラカゼット獲得から撤退。ネルソンがコロナ感染” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。