ベジェリンはベティス移籍だけを望む。ビジャレアルの若手選手に興味

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

ベジェリンはベティス移籍だけを望む

 

今夏の移籍市場で退団することが濃厚なエクトル・ベジェリン。

開幕戦でもメンバー外となっており、すでにチームの構想からは外れているのだが、どうやら彼はレアル・ベティス移籍だけを望んでいる模様。

昨日の「estadiodeportivo」によれば、ベジェリンにはアトレティコ・マドリー、ビジャレアル、ローマ、ユベントス、インテルからの関心があったそうだが、あくまでレアル・ベティス移籍しか求めていなかったため、それらのクラブからの関心に興味がなかったのだとか。

また、すでにベジェリンはベティス復帰に向けて、現在アーセナルと結んでいる給与の半額の4年契約をベティスと事前に結んでいるとのこと。

現在アーセナルと退団に向けての交渉を行っているそうで、現実的な解決策としては、アーセナルで残り受け取るはずだった500万ユーロを放棄して契約解除する?そうな。

海外の契約関連に関してはかなり複雑な場合が多いので、ただの契約解除やん、とも思うが、とりあえず今の所ベジェリンは契約解除で退団する可能性が高い模様。

引き続き続報が気になるところ。

 

 

ビジャレアルの若手選手に興味

 

今夏の移籍市場でサイドアタッカー獲得を目指しているアーセナル。

昨日弊ブログではレバークーゼンのムサ・ディアビ獲得に関心を持っていることをレポートしたのだが、どうやらビジャレアルの若手選手にも関心を抱いている模様。

スペイン「fichajes」によれば、アーセナルはビジャレアルに所属するジェレミ・ピノに関心を示しているとのこと。

同メディアによれば、昨シーズンの活躍ぶりからピノに対してPLクラブから多数の関心が集まっているそうで、その中にアーセナルの名前も含まれているという。

ただ、現状関心を抱いているという情報以上のレポートがあがっていないため、リストアップしている選手の1人か、継続的にモニタリングしている選手の1人ではないかと。

現在アーセナルは選手の放出に舵を切っているため、新たな選手の獲得については移籍市場終盤に改めて出てくるのではないかと。気になる気になる。

 

 

モンツァがマリの状況を早く知りたい

 

現在アーセナルに所属するパブロ・マリを巡って、同じリーグのエラス・ヴェローナと獲得レースをしているモンツァ。

すでにアーセナルに対して両クラブとも公式オファーをしていると伝えられており、あとはアーセナルとパブロ・マリがどちらのオファーを選択するかといった状況なのだが、どうやらモンツァは早くマリの決断を確認したいとのこと。

昨日の「getfootballnewsitaly」によれば、モンツァはパブロ・マリ獲得と同時にラツィオに所属するフランチェスコ・アチェルビ獲得に動いているとのこと。

同メディアによれば、すでにモンツァはアチェルビ獲得に関してラツィオと同意しているそうで、現在はパブロ・マリの返答を待っている状況なんだとか。

このレポートが正しければ、マリはヴェローナに移籍する可能性が高まっているため、モンツァは代役にアチェルビを選択した?ということだろうか。今週中にも動きがありそうな予感です。

 

 

 

最新情報は下記にある弊ブログ主ツイッターにて更新しているので、レポートが待てない方は是非フォローお願いします!

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

余剰戦力の放出が完了次第ティーレマンス獲得へ動く?

PL2022−23シーズン開幕戦!!!アーセナル試合レポート

セリエAから人気のパブロ・マリ。レスターがアワール獲得へ?

ベジェリンはベティス移籍だけを望む。ビジャレアルの若手選手に興味” への2件のフィードバック

  1. ベジェリンもこの状況が本当なら、最悪の辞め方というか。
    最近はこういう選手が多いですね。

    1. なんというか、せめて移籍金を残して欲しいですね。。。
      ただ、ヨーロッパはどのクラブもお金がないので、一度微妙な立場になった高給の選手は身動きが取りづらいのでしょうね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。