ブラジルの若手FW獲得に関心か?マノー・ソロモンがPL移籍を望む

本日も更新していきます!!!

 

 

ブラジルの若手FW獲得に関心か?

 

このところストライカー補強がいくつか報じられているアーセナル。

実力派から期待の若手まで、様々な名前が毎日のように報じられているのだが、今回さらにブラジルの若手FWに関心との噂が!

ブラジル版の「Goal.com」によれば、現在アーセナルはインテルナシオナルに所属するユーリ・アルベルト獲得に関心を持っており、問い合わせをおこなったとのこと。

同メディアによれば、アーセナルはオーバメヤン退団後の将来を見据え、今後のアーセナルを担える若手ストライカーにも目をつけており、その中で20歳ながらブラジルリーグ54試合に出場で19ゴールを記録したアルベルトに注目している模様。

アーセナルがアルベルトにスカウトを送っているのは間違いないそうで、過去にブラジルリーグから補強した際のように、エドゥTDが主導となって動いているのではないか。

ただ、1つ問題点はアルベルトがヨーロッパでプレー経験がないことで、その点に関しては懸念が必要とも伝えられている。

とはいえ、近年ブラジルリーグからヨーロッパのクラブに移籍した選手に成功例は多く(ガブリエル・ジェズス、ヴィニシウス…etc)、上手くいく可能性はあるかと。

とはいえ、現状のアーセナルを鑑みれば、以前関心が報じられたガブリエル・バルボザの方がチームへの即効性はありそう。

1月にならないとわからないことが多そうです!

 

 

マノー・ソロモンがPL移籍を望む

 

過去にアーセナルを含む多くのビッグクラブやPLクラブが関心を抱いていると報じられていたシャフタール・ドネツクに所属するマノー・ソロモン。

ユーティリティ性があるドリブラーということで、欲しがっているクラブは多いと伝えられていたが、今夏の移籍市場での移籍はならず。次回以降の移籍市場で移籍することが期待されている選手の1人なのだが、昨日の報道によれば、選手自身はPL移籍を念頭に置いているのだとか。

先日ソロモンはセリエAのサッスオーロとリンクされていたそうなのだが、「Sport5」によれば、ソロモンがイタリアのクラブへ移籍することはないとのこと。

同メディアによれば、ソロモンはかねてよりPL移籍を望んでいるそうで、代理人と協力してPLクラブへ移籍できるよう働きかけている模様。

そのため、レポートによれば、仮にシャフタールがイタリアクラブとクラブ間合意したとしても移籍することはないだろうとも伝えられている。

とてもアツいPL移籍への夢。

現在アーセナルはぺぺの代役を獲得すべく動いていると伝えられており、このところはユベントスのクルゼフスキがフィーチャーされている気がするのだが、ソロモンのように両サイドでプレー可能な選手が居てくれると怪我する選手がいる場合に困るため、彼のようなタイプの獲得でも良いのでは!?

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

自分たちで勝利を手放す。弱いメンタリティ。アーセナル試合レポート

ユベントスの2選手獲得に動く?アリコ・ダンゴート氏の資産が増加

アルテタ監督が求めているカルバート・ルーウィンについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。