ビッグリバウンド!最下位相手に完全勝利!アーセナル試合レポート

本日も更新していきます!!!

 

今回は本日行われたPL第13節アーセナル対ニューカッスルの一戦をレポートしていきます!

※このレポートは試合結果を伴うものとなっております。お気をつけくださいませ。

 

スターティングメンバー

 

まずはスターティングメンバーから!

 

アーセナル:4−4−1−1

アーセナルは前節リヴァプール戦から多少の変更を加える。

ディフェンスラインは左からタヴァレス、ガブリエル、ホワイト、富安。

中盤はパーティとロコンガが組み、右にサカ、左にスミス・ロウ。トップ下にウーデゴールが入り、トップはオーバメヤンが起用された。

4−4−1−1のフォーメーションは変更せず、この試合はラカゼットではなくウーデゴールがスタート。

左SBはティアニーのスタメン復帰も噂されていたが、前節のミスを取り返せと言わんばかりかタヴァレスがここ数試合と同じように起用された。

 

ニューカッスル:4−4−2

監督がエディ・ハウになったニューカッスルは4−4−2の布陣。

ニューカッスルは昨シーズンから選手の顔ぶれはそこまで変わらず。ただ、今夏にアーセナルから移籍したウィロックがスタートしている。

要注意選手はもちろんサン=マクシマン。ここ数年のアーセナルはニューカッスルと相性が良いものの、彼が加入してからは毎回彼に苦戦している印象。

この試合は富安がストップさせてくれることを願うばかり。

 

 

試合内容

 

前半はアーセナルがボールを握って敵陣に押し込む展開に。

16分、敵陣中央のロコンガからゴール前に鋭いミドルパスが通ると、抜け出したブカヨ・サカが合わせるが、枠を捉えられない。

20分にはペナルティエアリア手前でフリーキックを獲得。ウーデゴールが直接狙うが、ドゥブラフカの好セーブに阻まれる。

対するニューカッスルは、30分にアーセナルのゴールを脅かす。

ペナルティエリア手前で相手のクリアを回収したシェルヴィーは、ゴール右上を狙ってミドルシュートを放つ。シュートは枠を捉えていたものの、相手ラムズデールのファインセーブに阻まれた。

アーセナルは31分、冨安が右サイドから中央へと切り込み、ペナルティエリア手前で左足を振り抜く。ゴール左下を狙ったシュートは、わずかに枠を外れた。

41分、アーセナルに絶好機が訪れる。ペナルティエリア左からサカが浮き球で折り返し、エミール・スミス・ロウが頭で合わせると、相手ドゥブラフカの好セーブに阻まれる。このこぼれ球をピエール・エメリク・オーバメヤンが押し込もうとしたが、右ポストに当ててしまう。

前半はお互いに1点が遠く、スコアレスで折り返した。

試合の均衡が破れたのは56分、アーセナルが待望の先制点を獲得する。

敵陣深い位置でじっくりとパスをつなぎ、タヴァレスのパスにサカが抜け出す。サカはペナルティエリア左で左足を振り抜き、ゴール右下へと突き刺した。

さらに66分、アーセナルがリードを広げる。

冨安が右サイドからゴール前に柔らかい浮き球を送ると、マルティネリが抜け出す。マルティネリは背後からのボールにワンタッチで合わせ、相手GKとの一対一を制してゴールに流し込んだ。冨安はプレミアリーグ初アシスト、マルティネッリは今季初ゴールとなった。

試合はこのまま終了し、アーセナルは2試合ぶりの白星で連敗を回避した。

 

簡単なスタッツ等↓

 

 

完勝

 

ニューカッスル相手に完全勝利!

最下位が相手ということで前節リヴァプール戦からのビッグリバウンドが期待された一戦だったが、アーセナルの選手たちは見事に理想通りな勝ち方を見せてくれた!

前半はミッドブロックを敷く相手にクリエイト出来ない部分が目立ち、オーバメヤンがビッグチャンスを外してしまうなどのミスもあったが、後半は上手く相手の虚を突く攻撃で2ゴールを決め、クリーンシートで試合を締めくくった。

データ的に今回の試合の☓Gは↓のような感じらしく、オーバメヤンが決められればといったところだろうか。

スタッツ的にも圧倒的にアーセナルが優勢に試合を進めていたし、相手のチャンスもラムズデールが全てストップ。もしかして今のアーセナルかなり強いんじゃないか!?と思わざるを得ない!!!

 

 

タヴァレス、ロコンガ、富安のカムバック

 

ジャーナリストらが試合後のコメントで1番語っていたのがタヴァレス、ロコンガ、富安のカムバックについて。

タヴァレス、ロコンガはリヴァプール戦で決定的なミスをしてしまったところもあるので、そこを鑑みると富安はビッグリバウンドというほどでも無いかもしれないが、、、とにかく今日の彼らは力強かった!

タヴァレス、ロコンガに関しては、リヴァプール戦の影響を感じさせないプレーを見せてくれて、タヴァレスは1アシスト、ロコンガは6つのチャンスクリエイトを記録。

ロコンガは序盤にサカに通したミドルパスは決まってたら完全に今日のハイライトだったはず!

そして富安!彼は今回の試合でかなり評価されているし、個人的には今日のMOTMを与えても良いのでは!?とも!

マルティネリへのアシストはもちろんのこと、サン=マクシマンを完全にストップさせ、空中戦でも相変わらずの強靭さを見せつけた!彼は用意出来てる時の対人守備が最強だね!

そして、今回の試合は今まで以上に前線のフォローに回り、積極的に攻撃へ関与していたことも評価が高い!

スタッツ↓

https://twitter.com/Squawka/status/1464606061910966281

 

 

洗練されたプレッシング

 

本当に同じクラブか!?と言わんばかりのプレッシング。

ここ数シーズンはどのクラブからもハイプレッシングを掛けられまくっていたアーセナルが逆に仕掛けまくるという奇妙だけど素晴らしい姿を見せつけてくれた!

ただハイプレッシングしている感じではなく、容量の良い洗練されたプレッシングだったので、アーセナルは終盤に疲れている様子もなかった!

今シーズンのトッテナム戦や、レスター戦では、前半にかなり強めのプレッシングを掛けていたことで、後半消耗している姿も見受けられたが、今回の試合はそれぞれの役割が決まった上で連動していたため、消耗している様子がなかった。

こういったプレッシングがビッグクラブ相手にも通用するようになれば、アウェイマッチで押されていても自分たちの時間が作れるようになるはず。

エメリ政権時にクリスタル・パレスとかにチンチンにやられていたのを考えると涙が出てくる勢い。笑

 

 

気になるサカの怪我

 

次節がマンチェスターU戦だけあって、サカの怪我はかなり気になりますね。。。

DAZNの解説をしていたベン・メイブリーさんが『現地の解説ではシュートの時に痛めたのでは?』と話しており、恐らく先制点となったシュートを放った時に痛めた可能性がある模様。

今の所の情報では怪我の程度がわからないので、詳細は後々出てくるはず。

だが、今日のサカはかなりキレがある様子だっただけに、次節起用できるのか不安です。

ただ、交代後にベンチで笑っている姿を確認されているので、大きな怪我ではないはず。数日休んでカムバックできると良いのだが。。。

 

 

その他

 

その他、気になったことなどを箇条書きで

 

  • ホワイトとガブリエルのペアは安定しすぎて逆に空気。安心して見ていられる
  • ラカゼットは上手く入れていなかった。久しぶりのトップだったから?
  • オーバメヤンは決めてほしかったなあ
  • ぺぺはまたも未出場。干された?
  • マルティネリはやはり持ってる漢
  • ニューカッスルのユニフォームスポンサーってどこ??ベンチコートが格好良かった!

 

こんなところ?

今回の勝利でアーセナルは4位のウエストハムと勝ち点で並んだ!

ウエストハムは今節でマンチェスターCと対戦するため、今節終了時点で勝ち点が並ぶ可能性が高いかと!

リーグテーブル↓

アーセナルは5位なのに得失点差が−2という。

ただ、今回の対戦相手であるニューカッスルはさらに最下位に沈むことに↓

もしかするとオイルマネーを手にした年に降格するという買収したファンドの人たちもビックリな珍事が起こる可能性も。

まだ13節とは言え、現時点でここまで下位に燻っていると、気がついたら出られないという底なし沼にハマってしまうかも。

気の毒だが、それでファンドの方々が手を引いてくれればある意味PLの健常化が出来る。。。

PLもまだまだ面白くなりそうですね!!!

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

パブロ・マリが現状に不満?来夏のヴラホヴィッチは4000万ユーロ?

ヤニス・ストイカとは!?アーセナルとリンクされた若手選手について

1月に3選手を売却してレナト・サンチェス獲得へ向かう!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です