バルセロナとユベントスがオーバメヤンへシーズン終了までのオファー?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

バルセロナとユベントスがオーバメヤンへシーズン終了までのオファー?

 

現在クラブ内での居場所が微妙になっており、今冬の移籍市場で退団の可能性が挙がっているオーバメヤン。

ドバイでのトレーニングキャンプも帯同していないことから、アーセナルは売り抜きたいスタンスだと考えられているのだが、昨日弊ブログが紹介した通り、ストライカー獲得が難航していることでクラブが半年の猶予を与えるのでは?とも報じられていた。

そんな中、「The Athletic」によれば、バルセロナとユベントスがオーバメヤンに対してシーズン終了までのレンタル移籍を公式にアプローチした模様。

ミラー」経由の情報のため、詳細は出ていないのだが、その後「Telegraph」も同様のレポートをしている。

 

いずれにせよアーセナルはオーバメヤンの退団を受け入れる予定であるという。

そして、その他のメディアによれば、仮にユベントスがオーバメヤンとサインした場合、アーセナルはアルバロ・モラタ獲得に動く可能性がある模様。

これはアーセナル的にかなり良い取り引きになる可能性があるが、アルトゥールの獲得が決裂したこともあり、どこまで進められるかは微妙なところ。

続報が待ち遠しい。

 

 

レアル・マドリーがサリバをリストアップ?

 

今シーズン、シーズンローンでマルセイユに加わっているウィリアム・サリバ。

アーセナルは彼のことをかなり期待しているのだが、これまではチームの編成失敗の影響でトップチームで出場機会を得られておらず、来シーズンからトップチームでプレーすることを期待されていた。

そんな中、スペイン「SPORT」によれば、レアル・マドリーが今夏の移籍市場でサリバの獲得を検討しているとのこと。

同メディアによれば、レアル・マドリーは今夏にディフェンス陣の補強を行う予定らしく、アントニオ・リュディガーと共にサリバをリストアップしているという。

同クラブのCB陣はナチョ、アラバ、ミリトンと比較的ベテラン選手が多いため、サリバのような若手選手を抱えておきたい可能性があるのでは。

また、レアル・マドリーは今夏にアントニオ・リュディガーの獲得を画策しているとも伝えられているが、同選手の獲得を狙うクラブが多いため、このところはトーンダウンしている。そのためにプランBを作っているのだろうか。

アーセナルでプレーする姿を見たいが、彼の契約は今夏で残り2年となる。難しい選択を迫られるかもしれない。。。

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

移籍市場終盤!アーセナルの未来はオーバメヤンに掛かる!?

ストライカー獲得が急務!今朝の時点で新たにリンクされた選手達!

ブルーノ・ギマランイスはニューカッスルへ。アーセナルの移籍情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。