ニャブリの契約状況を注視?ラフィーニャ獲得レースからは撤退?

本日も更新していきます!!!

 

 

ラフィーニャ獲得レースからは撤退?

 

チェルシーが移籍金でリーズと合意に達した後、アーセナルが獲得から遠ざかったと伝えられるラフィーニャ獲得レース。

本日の「Goal.com」によれば、すでにアーセナルはラフィーニャ獲得レースから撤退気味になっているのだとか。

同メディアによれば、チェルシーはリーズとラフィーニャの移籍金を5500万ポンドで合意に達した後、個人合意するべく動いているものの、選手サイドは以前から個人合意済みだったバルセロナ移籍を望んでいるようで、交渉が難航しているそう。

どうやらラフィーニャ陣営はバルセロナ移籍を望んでおり、リーズに対してバルセロナが提示できるチェルシーよりも低いオファーを受け入れるよう働き変えているのだとか。

しかし、リーズはチェルシーとのみ合意しているため、動きが止まった状態になっているそうな。

アーセナルは交渉から撤退してはいないものの、現在行われている交渉からは蚊帳の外になっており、チェルシーがリーズと移籍金で合意して以降、ラフィーニャの代理人とやり取りをしていないという。ただ、今後まだ動きがありそうな場合は改めて獲得レースに戻る可能性も残されている模様。

なんだか混沌としているが、要はバルセロナが5500万ポンドのオファーを提示すれば良い話なのだが、彼らはかなり金策に困っている。恐らく無理だろう。付け入るスキはありそうだが、果たしてどうなるのだろうか。。。

 

 

ニャブリの契約状況を注視?

 

ラフィーニャ獲得レースに敗れ、次なるターゲットを探していると噂されるアーセナル。

先日弊ブログが紹介したように、アーセナルの番記者チャールズ・ワッツ氏によって、プランBが何名か存在することは記憶に新しいが、その中でもアーセナルファンから獲得の要望が多く出ているのがバイエルン・ミュンヘンに所属するセルジュ・ニャブリ。

ニャブリはバイエルン・ミュンヘンでの立ち位置を理由に契約延長に合意しておらず、現行契約が今夏で残り1年となっているため、今夏の移籍市場で退団する可能性がある。そのため、アーセナル界隈では彼を獲得しようという声があがっているのだが、そんな中、昨日の「90min」は、アーセナルがニャブリの契約状況を注視しているとレポート。

同メディアによれば、アーセナルはニャブリの契約状況を注視しており、場合によってはエミレーツ・スタジアムに連れ戻すための動きを見せる可能性があるとのこと。

どうやらバイエルン・ミュンヘンのサリハミジッチSDがニャブリの状況に関して『私達は彼を維持したい。彼がバイエルンに残ることを望んでいる。だが、彼が私達を選ばないと決めたら全員が幸せになる解決策を見つけなければならない』と語ったようで、ニャブリが今夏で退団する可能性も示唆していたそう。

ただ、現在週給11.5万ポンドの年俸800万ポンドを稼いでいるニャブリは、バイエルンからおおよそ倍となる年俸1500万ユーロのオファーを受けているがそれを拒否しており、サネやコマンと同等の年俸1800〜2000万ポンドほどの給与を求めているそう。

これは過去にアーセナルがエジルやオーバメヤンと契約延長した際と同じくらいのボリュームの金額であるため、現状のアーセナルが無理矢理にでも捻出する可能性は低いと思われている。

仮にニャブリがアーセナルへ移籍するためにバイエルンが提示している年俸1500万ポンドほどのオファーを受け入れたとしても、それですらアーセナルで最も高給な選手となる。すでにサカやマルティネリがいるポジションに、彼らの倍以上の給与を支払って獲得するとは思えず、獲得は中々難しい状況である。。。

やはり多くの人が語っているように、獲得できたとしてもフリートランスファーが現実的かもしれない。

 

 

ぺぺの移籍先を模索

 

今夏の移籍市場で退団することが濃厚だと伝えられるニコラ・ぺぺ。

ラフィーニャ獲得へ動いていたことからもわかるように、すでにクラブはぺぺを売却対象だと考えられているのだが、本日のレポートによれば、すでにアーセナルはぺぺを売却する意思を隠していないそう。

 

以前、弊ブログでも紹介したように、ぺぺは今夏の移籍市場に向けて代理人を変更ており、双方退団の意思を持っている模様。

しかし、ぺぺの高給を支払えるクラブは限られているため、今回のレポートによれば、レンタル移籍で退団する可能性が示唆されている。また、ぺぺの移籍先はスペインになる可能性があるのだとか。

2500万ユーロ辺り回収できればアーセナルは御の字というレポートもあったが、現実的には買取OP付きのレンタル移籍辺りが妥当な気がする。続報が気になります。

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ティーレマンス獲得レースにマンチェスターUも参戦か?

ラフィーニャ獲得に失敗するも代替候補はすでに選定済み?

PSVがレノ獲得に関心。ラフィーニャ獲得レースにニューカッスルが参戦

ニャブリの契約状況を注視?ラフィーニャ獲得レースからは撤退?” への2件のフィードバック

  1. サイズのあるFWはコーディガクポだったらその気になれば取れる可能性を感じますが気配がないですね。
    まさかこの夏スカッドの平均身長を上げるより下げる方向で動くとは思いませんでした。CBと冨安以外は大抵小さめなんですよね。プレミアではちょっと厳しいかと思います。

    1. どうやらガクポはなさそうな気配ですね!リーズがラフィーニャの後釜に狙っているくらいなので、
      そうなんですよね!大きめな選手も必要かと思っていたのですが、昨シーズンのセットプレーの成績が良かったことで自信を持っているのではないでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。