デクラン・ライスが来夏の移籍市場に登場?ニコ・ウィリアムズに関心?

本日も更新していきます!!!

 


 

 

デクラン・ライスが来夏の移籍市場に登場?

 

現在行われているワールドカップでイングランド代表としてプレーし、同国の中盤の将来を任されているデクラン・ライス。

そんなライスに対しては移籍市場のたびにビッグクラブ移籍の噂が立っていたのだが、これまではウエストハムが放出を拒んでいたのだが、どうやら来夏に移籍市場に出てくるというニュースが。

スポーツジャーナリストのマット・ロウ氏のレポートによれば、ウエストハムは来夏の移籍市場で約7000万ポンドほどでデクラン・ライス売却を準備しているのだとか。

 

さらに気になるのは、これまでチェルシーがライス獲得に熱心だったのだが、同氏によれば、すでにチェルシーよりも先に2つのPLクラブが獲得について動き出しているとのこと。

これがどのクラブなのかは明かされていないものの、中盤の補強を目指すアーセナルが問い合わせている可能性は十分あるのではないかと。

こちらに関しては今後新たなレポートが上がってくると思われるので、随時更新していきます!仮にライスがアーセナルに移籍したら万事解決になる気がするので、個人的にはぜひとも獲得して欲しいところです。

デクラン・ライスのプレー集↓

 

 

ニコ・ウィリアムズに関心?

 

前述したデクラン・ライスと同様に、現在行われているワールドカップにスペイン代表として招集されているアスレティック・ビルバオに所属するニコ・ウィリアムズ。

兄は同じクラブに所属し、かつてアーセナルが関心を抱いていると伝えられたこともあるイニャキ・ウィリアムズと、兄弟揃ってワールドカップの舞台でプレーしている選手なのだが、どうやら弟のニコ・ウィリアムズにアーセナルが関心を抱いているとのこと。

昨日の「Goal.com(スペイン版)」によれば、まだ20歳と若く将来有望なニコ・ウィリアムズに対して多くのクラブが関心を寄せており、その中にアーセナルの名前も含まれているという。

また、関心が多い理由の1つとして、ニコ・ウィリアムズには5000万ドルのバイアウト条項があるそうで、それを行使できるクラブが関心を抱いているのだとか。アーセナルの他に、PSG、チェルシー、リヴァプールが関心を抱いているとのこと。

現状、それ以上のレポートは上がっていないものの、若さや能力を鑑みれば、リストアップされている可能性はあるかと。今後の動きに注目です。

ニコ・ウィリアムズのプレー集

 

 

 




最新情報は下記にある弊ブログ主ツイッターにて更新しているので、レポートが待てない方は是非フォローお願いします!

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

1月の移籍市場でプリシッチ獲得レースの可能性が?アーセナルも興味?

シャフタール・ドネツクは4000万ポンド+アドオンでムドリク売却する?

今シーズンのアウェイキットが再入荷!ムドリク獲得がトーンダウン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です