ティーレマンス獲得レースにマンチェスターUも参戦か?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

ティーレマンス獲得レースにマンチェスターUも参戦か?

 

今夏の移籍市場のトップターゲットの1人だと伝えられながらも、現時点で交渉がストップしているというレスター・シティに所属するユーリ・ティーレマンス。

一部メディアの報道によれば、アーセナルはティーレマンスを確実に確保できる自信があるため(ヴィエイラ獲得で優先順位が下がったというレポートも)、他のポジションの補強を優先的に進めていると伝えられているが、そんな中、昨日のイギリス「miror」によれば、そんな状況のティーレマンスに対してマンチェスターUも獲得に関心を示しているとのこと。

同メディアによれば、アーセナルがラフィーニャ獲得のために尽力している間、マンチェスターUがティーレマンス獲得に関心を見せているとのこと。レスターはティーレマンスを3000万ポンドで売却したいそうだが、マンチェスターUはその金額を喜んで支払うだろうとレポートされている。

現在マンチェスターUはバルセロナに所属するフレンキー・デ・ヨングの獲得に乗り出していると伝えられており、合意に近づいているとも伝えられているが、獲得が達成するかは分かっていない。そのため、プランBとしてティーレマンスに注目している可能性はあるかと。

仮にアーセナルは獲得に動く予定だったとして、ラフィーニャ獲得レースのように競合となって移籍金が釣り上がらなければ良いのだが果たして。

 

 

リサンドロ・マルティネス確保を急ぐ

 

現在アーセナルがラフィーニャ獲得と共に優先的に獲得へ動いているリサンドロ・マルティネス。

幅広いプレーエリアと能力の高さから、アルテタ監督が獲得をプッシュしている存在だと伝えられているが、本日の「Evening Standard」によれば、現在アーセナルはL・マルティネスの確保を急いでいるのだとか。

同メディアによれば、L・マルティネスにはアーセナルの他にマンチェスターUも関心を抱いており、テイラー・マラシア獲得に合意した後も、同選手の獲得に関心を抱いているそう。

そのため、アーセナルは早くL・マルティネスを確保するよう動いているのだとか。ただ、マンチェスターUは現時点で公式オファーを提示しておらず、代理人と連絡を取り合っているだけだという。

また、スポーツジャーナリストのファブリシオ・ロマーノ氏によれば、アルテタ監督がL・マルティネスの大ファンらしく、獲得を推し進めているという。そして、アーセナルは唯一公式オファーを出しているため、獲得レースをり~そしているそうだが、まだ同選手の獲得レースはオープンな状況で、何が起こるかわからないとも伝えている。

ちなみにL・マルティネス自身は、アーセナルとマンチェスターUのどちらに移籍することにも好意的に捉えているようで、とにかくPL移籍を望んでいる模様。

アーセナルは昨日3度目のオファーを提示したと噂されているが、早期の決着はあるのだろうか!?

まだまだ忙しい夏の移籍市場になりそうです!

 

 

ちなみにチェルシーはラフィーニャ獲得で合意したと伝えられていたが、あくまでクラブ間合意のみであるため、個人合意が出来なければアーセナルやバルセロナにもチャンスが残されているという。

チェルシーは個人合意を急いでおり、バルセロナは選手と個人合意済みでクラブ間合意を目指し、アーセナルも状況を注視してまだオファーを出す可能性が残されているそうな。

ただ、選手の要望はバルセロナ移籍らしく、現在代理人のデコはバルセロナでラフィーニャ獲得の意思を精査している模様。なので、今晩から明日にかけて新たなレポートがあるかもです!

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ラフィーニャ獲得に失敗するも代替候補はすでに選定済み?

PSVがレノ獲得に関心。ラフィーニャ獲得レースにニューカッスルが参戦

マット・ターナー加入が正式発表!L・マルティネスに新たなオファー

ティーレマンス獲得レースにマンチェスターUも参戦か?” への2件のフィードバック

  1. マンUと、リサンドロ&ティーレマンスの2本綱引き勃発ですね。釣り上げ工作が巧妙化しているようですので気をつけた方が良さそうです。

    それにしてもリシャルリソンがスパーズに傾くとは…願望的に「絶対嫌だった」のですがスタメン確約でもされたのか右WGでもやるつもりなのか、
    とにかく嫌な選手が隣に増えて相当厳しくなりますね。アイツ試合出られれば何でもやるタイプというか、移籍が実現したらもうNLD勝てる気が全くしません。

    1. マンチェスターUはマラシア獲得したのであれば、リサンドロ・マルティネス獲得に動かないのでは?と思うのですが、新監督の意向次第ではわからないところもあるので気が抜けないです。。。釣り上げ工作だったら良いのですが、本気で狙ってきたらやっかいですね(泣)

      ケインとソン・フンミンはトップレベルですが、先が長くない年齢でもあるので、そういったことを鑑みて移籍するのでしょうか??
      コンテ氏はケインを交代させなさそうなので、ソン・フンミンの後釜?に収まるのかなあと。ただ、全く根拠はないのですが、なぜか僕はリシャルリソンはトッテナムで上手く機能しなさそうに思っております。全く根拠はありません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。