ティアニー獲得にバルセロナも参戦?レナト・サンチェス獲得へブースト

本日も更新していきます!!!

 

 

ティアニー獲得にバルセロナも参戦?

 

先日レアル・マドリーから関心が噂されたキーラン・ティアニー。

その際は同クラブのアンチェロッティ監督が今夏で退団予定の左SB補強としてリストアップしているとのことだったのだが、昨日のスペイン「culemania」によれば、レアル・マドリーだけでなく、バルセロナもティアニー獲得を検討しているとのこと。

同メディアによれば、バルセロナは将来的にジョルディ・アルバの後継者となる選手を何名かリストアップしているそうで、ティアニーの他、テオ・エルナンデス(ミラン)、グリマルド(ベンフィカ)、ゲレイロ(ドルトムント)らの名前が挙がっているとのこと。

現段階で具体的な話まで進んでいないようだが、少なくともティアニーがヨーロッパのビッグクラブから関心を示されつつあることは事実。

アーセナルはティアニーとの契約を2027年までとなる新契約を締結したい意向があると伝えられているが、早めに動いた方が良いかもしれない。

ちなみにレアル・マドリーは3200万ユーロと評価されるティアニーに大金を支払うつもりはないそうで、アーセナルはそういった姿勢に腹を立てているとも伝えられている。殿様商売的な感じでしょう。

 

 

レナト・サンチェス獲得へブースト

 

今夏の移籍市場で中盤の選手獲得へ動いているアーセナル。

現地メディアでは主にルベン・ネヴェスやユーリ・ティーレマンスらの名前が挙がっているが、冬の移籍市場の際に関心が噂されていたのがリールに所属するレナト・サンチェス。

前述した2選手の獲得が難しかった場合に獲得候補になるのでは?といった声も多いのだが、昨日のイギリス「miror」によれば、リールの財政状況の影響でサンチェスが安価で獲得できるかもしれないとのこと。

同メディアによれば、リールは過去のラファエル・レオンの移籍に関して、CASからスポルティング・リスボンへ約2000万ユーロの支払いを命じられたそうで、その影響で主力選手を何名か売却する必要があるという。

そのため、今夏の移籍市場でレナト・サンチェス、スヴェン・ボットマン、ジョナサン・デイビッドらの放出に動くと報じられている。

アーセナルはレナト・サンチェスだけでなく、ジョナサン・デイビッドにも関心を示しており、この1件が同選手の獲得にも影響する可能性も示唆されている。

引き続き注目していきたいところです。

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

アーセナルが今夏の移籍市場で1億1000万ポンド節約できる3選手

ミドルズブラの右WGに関心?ファビアン・ルイス獲得へ難しい?

パワフル・アーセナル!ほぼ完璧な試合と勝利!アーセナル試合レポート

ティアニー獲得にバルセロナも参戦?レナト・サンチェス獲得へブースト” への2件のフィードバック

  1. ヌケティアの代わりにディビット、ジャカ放出で、ネベス、ティーレマンス、サンチェスの内2人を獲得なら最高なんですがw
    ティアニーが注目を浴びるのは嬉しいですが、放出は勘弁して欲しいですね・・・。

    1. 夢が広がりますね!!!笑
      ティアニーはアーセナルで選手生命を終えるくらいのメンタルを持ってそうなんですけど、怖いですね。。。
      最近のプレーぶりは評価されうる存在ですね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。