ゼニトに所属するウェンデルに関心か?パケタは8000万ユーロ必要

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

ゼニトに所属するウェンデルに関心か?

 

今夏の移籍市場で中盤の選手獲得に動いているアーセナル。

ここ最近はティーレマンスに関する話題が少しあったものの、ちゃんとした情報は少なく、攻撃的な選手の話題が続いていた。

そんな中、昨日の「ge.globo」によれば、アーセナルがロシアリーグのゼニト・サンクトペテルブルクに所属するウェンデル獲得に関心を抱いているとのこと。

同メディアによれば、ゼニトに所属するウェンデルはウクライナとロシア間で行われている戦争がの影響により、6月までFIFAから契約の一時停止の権限が与えられていた。

すでに期限は過ぎているものの、ウェンデル陣営はゼニトから退団するためにクラブとの合意を求めているそう。そして、その状況にアーセナル、ウエストハム、フラメンゴが関心を示しており、すでにフラメンゴは交渉をスタートさせていたという。

しかし、フラメンゴとウェンデルにまだ合意はないそうで、アーセナルやウエストハムが付け入るスキはある模様。

ちなみに残り3年の契約を残すウェンデルは所属先のゼニトと揉めるつもりはないため、今シーズンのクラブスケジュール通り、月曜日からトレーニングを再開しているという。

ウェンデルは右利きの中盤の選手で、プロフィール的にはマンチェスターUのフレッジやアストン・ヴィラのドウグラス・ルイスのようなテクニカルな中盤の選手という印象。仮にフリートランスファーで獲得できる場合はラッキーかもしれない。

ウェンデルのプロフィールとプレー集↓

 

 

パケタは8000万ユーロ必要

 

このところ弊ブログで紹介しているように、ルーカス・パケタに関心を抱いているというアーセナル。

まだ具体的な話はないものの、ラフィーニャ獲得に失敗したことから、パケタ含む攻撃的な選手の獲得へ動く可能性も示唆されているのだが、どうやらルーカス・パケタはかなり高額になる模様。

昨日の「Goal.com」によれば、すでにアーセナルはルーカス・パケタ獲得に向けて動き出す用意をしているのだが、リヨンが同選手の売却に8000万ユーロを求めるもりなんだとか。ただ、パケタはPL移籍を望んでいるという。

アーセナルはまだ正式なオファーを提示していないものの、パケタが移籍を志願していることを頼りにしているそうで、オープニングオファーはリヨンの要求額より低く見積もったものになるだろうとも。

ちなみに大方の予想では、流石にリヨンはルーカス・パケタで8000万ユーロ稼ぐのは無理だろうという見方をされているようで、報じられている金額よりも大幅に安い金額で獲得できる可能性も。

ラフィーニャに提示していた金額と同等の金額くらいまでは提示する可能性があるのではないかと。

続報が気になります。

 

 

 

最新情報は下記にある弊ブログ主ツイッターにて更新しているので、レポートが待てない方は是非フォローお願いします!

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

最新移籍情報小ネタ集!タヴァレス、ガブリエル、L・マルティネス

ティーレマンスへの関心が増えるもまだアーセナル移籍を目指す

ルーカス・パケタ獲得へ動く?レノの移籍がさらに進む

ゼニトに所属するウェンデルに関心か?パケタは8000万ユーロ必要” への2件のフィードバック

  1. パケタもお高いですね。
    ロコンガが今季もまだまだっぽいので
    即戦力が最低一人は必要でしょう。
    ウェンデルはソフトなソングという感じで
    攻撃面は悪くはないですがゼニトでのプレーが
    そのままPLで通用とはいかないでしょうし、
    守備面は全くの未知数という。

    1. 分かってはいたのですが、パケタは高いですね。。。
      仰るとおり、ロコンガに不安もあるので、1人は補強へ動くでしょうね。昨年の二の舞は怖いですし。。。
      ウェンデルは良さげですが、たしかに守備面が不安です!ただ、アルテタ監督はタッチの柔らかさでボールが取られない選手が好きそうなので可能性は無くはないような気がします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。