ジンチェンコ獲得後のアーセナルの動き。バロガンはランスにレンタル?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

ジンチェンコ獲得後のアーセナルの動き

 

昨晩ジンチェンコの獲得を公式アナウンスしたアーセナル。

ジンチェンコの獲得は今夏で5人目の補強となり、すでに1億1500万ポンドほどの資金を使っているなど、いつになく精力的に動いているアーセナルだが、同クラブの番記者を務める「Goal.com」のチャールズ・ワッツ氏が本日新たに今後のアーセナルの動きに関してレポート。

同氏はこのように語っていた↓(一部抜粋)

 

「現在トータル1億1500万ポンドの移籍金を使ったが、ジンチェンコが最後の補強になるだろうか?

多くは誰が獲得可能で、どれくらいの費用が掛かるかによって状況が異なるだろう。ただ、アーセナルが今夏の移籍市場で右WG獲得に動いていることはわかっている。

アーセナルはリーズからラフィーニャを連れて行こうとしたが、バルセロナ行きを望んだことに加え、最終的な移籍金が理由で獲得レースから撤退した。

そのため、クラブはまだこの移籍市場で埋められるスポットがある。

アルテタ監督はブカヨ・サカのバックアップだけでなく、競争相手になる選手を連れてきたいと考えている。現在チームにはニコラ・ぺぺが所属しているが、彼は移籍先が見つかれば退団を許可されている。

また、新たにミッドフィルダーを獲得する可能性があり、これについては議論されているが、現在クラブ内でミッドフィールドの補強をプッシュする必要があるのか疑問符が投げかけられている。

ジンチェンコはマンチェスターCで左SBとして知名度をあげたが、彼の最高のポジションはピッチのもっと前目のポジションだと言われている。

もちろん、ティアニーのカバーとして起用されるだろうが、ウーデゴールと共にNo.8のポジションで起用される可能性も高い。その場合にアーセナルがさらなる補強に動くとは考えづらい。

ティーレマンスは長期的なターゲットで、彼のエージェントと頻繁にやり取りをしていたこともあり、今夏のプライオリティだと考えられていた。

しかし、現時点まででアーセナルはティーレマンス獲得に確固たるオファーを提示していない。すでにレスターは今夏の移籍市場で売却を許可する予定。

アーセナルが今後ティーレマンス獲得に動く可能性はあるが、獲得するにはチーム内でも知名度の高いレベルの選手が退団する必要があるとおもう。

その他のポジションに関しては、現時点でアーセナルは自分たちの選手に満足している。

サリバがレンタル先から復帰したことでCBは強化され、補強の可能性があった右SBはセドリックがクラブに残っていることで、補強に動く可能性が低い。

そのため、クラブは移籍市場の終盤に向かって選手の放出に舵を切るだろう。数人の選手はまだ去就が決まっていない。

ベルント・レノ、エクトル・ベジェリン、メイトランド・ナイルズ、ルーカス・トレイラ、リース・ネルソン、パブロ・マリはぺぺ同様に、売却先が見つかり次第、退団が許可されている。

また、ジンチェンコ獲得によって、ヌーノ・タヴァレスがレンタルで放出される可能性が高まり、現在彼にはアタランタを含む複数のクラブが獲得に迫っている。

アルテタ監督は地に足が着いた状態で新シーズンに望みたいと考えており、プレータイムを与えられず問題を起こす可能性がある選手を抱えたくないと考えている。

そのため、アーセナルは過去2回の夏の移籍市場で使った2億6000万ポンドの移籍金の一部を取り戻すことを目指しており、今後数週間で選手売却を推進する予定。

アーセナルはジンチェンコを獲得するなど、精力的に動いているが、今夏の移籍市場が完璧だと言うにはまだほど遠い。

 

とのこと。

ちなみにタヴァレスのアタランタへのレンタル移籍がかなり近づいている模様

 

また、パブロ・マリに対してフェネルバフチェが関心を示しているという話も!

https://twitter.com/EduardoHagn/status/1550570884938846211

 

さらにはサカに対して現行の2倍以上の給与の契約延長オファーを提示するという噂も

 

とにかく、全てうまく行ってほしいですね!右WGの選手に誰を獲得するのかが気になるところです!!!

 

 

ランスがバロガンのレンタル移籍に関心?

 

昨シーズンの後半戦をレンタルで過ごしたフォラリン・バロガン。

レンタルバック後、クラブで立ち位置を確保したエディ・エンケティアのような成長曲線を期待されているバロガンは、今シーズンもレンタル移籍で武者修行することが濃厚だと伝えられているのだが、そんな同選手にフランスのクラブが関心を示しているとのこと。

昨日のフランス「レキップ」によれば、昨シーズンのクラブの得点源だったウーゴ・エキティケが移籍したランスがバロガン獲得に関心を持っており、リストアップしている選手の中でも特に名前があがっているのだとか。

どうやらランスは少なくとも2名の選手を補強するつもりで考えているというのだが、バロガンの他に日本代表の伊東純也もリストアップしているそうな。

このレンタル移籍は可能性はありそうだが果たして

 

 

最新情報は下記にある弊ブログ主ツイッターにて更新しているので、レポートが待てない方は是非フォローお願いします!

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ニューカッスルがぺぺに関心。レマル獲得の打診を断っていた?

ブライトンがヌーノ・タヴァレスのシーズンローンを検討

マルセロ・フローレスが夢者修行へ。まだまだ活発に動くアーセナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。