シニア選手たちが17歳若手選手に驚く。次節のGKスタメンはラムズデール?

本日も更新していきます!!!

 

 

シニア選手たちが17歳若手選手に驚く

 

今夏の移籍市場で約1億5000万ポンドほど利用してU-23の優秀な選手を乱獲したアーセナル。

それらでわかるように、現在のアーセナルはかなり将来的な成長に目を向けており、アカデミーの選手育成にも力を入れている。

そんな中、先日行われたブレントフォードとの親善試合で新たに優秀な若手選手が注目された模様。

アカデミーの選手に詳しい方はご存知かと思うが、先日の親善試合で現在17歳のチャーリー・パティーノという若手MFが注目を集めたとのこと。

信頼度の高いスポーツジャーナリスト、チャールズ・ワッツ氏は自身のユーチューブチャンネルにてパティーノ君がシニア選手に大きなインパクトを与えたと報告。

同氏によれば、親善試合にエルネニーと交代で33分から出場したパティーノ君に対し、複数のシニア選手が感銘を受けていたとのこと。

パティーノはU-23チームをメインにプレーしているが、ここ最近ファーストチームのトレーニングにも定期的に参加している有望株。ワッツ氏はこの先ファーストチームでチャンスを与えられる可能性が高い選手の1人だと報告している。

ここ数年の移籍市場で複数のアカデミー出身選手が退団しているが、どんどん新たな選手が出てくる。

嬉しいことだが、この中から何名ファーストチームに定着するのか。争いが激しいです。

 

 

次節のGKスタメンはラムズデール?

 

今夏の移籍市場でシェフィールドUから加入したアーロン・ラムズデール。

すでにカップ戦でアーセナルデビューを果たしているが、先日のイギリス「Sun」によれば、次節ノリッジ戦でアーセナルでのPLデビューを果たす可能性があるとのこと。

同メディアによれば、ラムズデールは親しい友人に次の試合に先立ってアルテタ監督からGKとして起用する予定だと伝えられたとこっそり教えたのだとか。

信憑性はわからないが、こういったタイプの記事は山勘でも当たれば親しい友人の存在が立証されて、違ったら親しい友人の存在がなかったことになる。(笑)

日本のゴシップ記事でもよくあるやつですね。まあ、試合開始の1時間前にわかるのでもう少し待ちましょう!

 

シニア選手2名が来夏に退団予定

ラムズデールが次節のスタメンで起用される可能性を指摘されたアーセナルだが、仮にこのタイミングでスタメン交代となれば、来夏に2名のシニア選手退団が発生すると「Team talk」は指摘。

何度も紹介しているように、現在アーセナルに所属するラカゼットとレノは現行契約を更新するつもりがないとのことで、恐らく来夏の退団が現実的だろうとのこと。

レノは今夏にインタビューで『アーセナルで勝ち取りたい』旨のコメントをしていたものの、本心ではヨーロッパのサッカーを求めているそうで、現在ヨーロピアンコンペティションに出場できていないクラブから退団するだろうと予想されている。

また、ラカゼットも現行契約を更新する予定はなく、フリーで退団する予定だとも伝えられている。

その他、若手のエディ・エンケティアも現行契約が今シーズンいっぱいで終了する。クラブは少なくとも1年の契約延長をしたいと考えているそうだが、選手と合意点が見つけられていない。

どうやらエンケティアは代理人が原因でクリスタル・パレス移籍が頓挫したなんてことも伝えられているため、アーセナル側が手を引いている可能性も。

なので、エンケティアを加えるとトップチームの3名の選手が来夏に退団することは濃厚である。

その他にエルネニー、コラシナツ、etc…来夏も仕事多そうです!

 

 

ベン・フォスター「ウィロック売却は驚いた」

 

今夏の移籍市場でアカデミー出身のジョー・ウィロックを売却したアーセナル。

昨シーズン後半戦に、レンタル先のニューカッスルで大活躍したこともあり、今シーズンはチームに留めることが期待されていた中での売却だったのだが、この取引に疑問を持った人も少なくない模様。

元イングランド代表GKでもあるベン・フォスターは、この取引についてこのような感想をもったそうな↓

 

「私が一番驚いた移籍はジョー・ウィロックの移籍。アーセナルは彼を売却したが、私だったらそんなことしない。

昨シーズン彼はニューカッスルで自身が何を出来るのか証明した。彼は明らかに優秀な選手で、ゴールを決められるし、自国産の選手。

なぜそういったプロフィールの選手を保持したくないのか?正直わからない。

ニューカッスルがWinnerで、アーセナルがLoserだろう。ニューカッスルの素晴らしい契約。」

 

とのこと。

同氏はウィロックの売却を心底受け入れられない模様。

もしエルネニーと、コラシナツ、そしてエンケティアを売却出来ていれば少なくとももう1シーズンは保持出来たのだろうか。。。

個人的にウィロックはNEWディアビ的な役割をこなせないかと思っていたので、残念だったが。ただ、代わりにウーデゴールが到着しているし、しょうがない部分は否めない。もう少し時間軸が違えばアーセナルで活躍する未来もあっただろうに。。。

ニューカッスルでの成功を期待しています!アーセナル戦以外で!

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

レノの退団時にオナナ獲得へ向かう可能性?エルネニーの移籍はなし

引き続きアレクサンダー・イサクに関心。ノリッジ戦の中盤が大ピンチ?

インテルがハンダノヴィッチの後任にレノをリストアップか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です