クリスタル・パレスがエンケティアを獲得リストのトップに上げる?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

クリスタル・パレスがエンケティアを獲得リストのトップに上げる?

 

現行契約が今シーズン限りとなっていながらも、先日のチェルシー戦で活躍したことでラカゼットからポジションを奪い、ここ数試合アーセナルのスタメンとしてプレーしているエディ・エンケティア。

アーセナルはそんなエンケティアとの契約延長を諦めていないと報じられているのだが、未だ契約延長が行われていないことで同選手に関心を持つクラブの噂も少なくない。

そんな中、昨日のイギリス「Sun」によれば、これまで何度か関心が噂されていたクリスタル・パレスが今夏の獲得リストのトップにエンケティアの名前を上げているとのこと。

同メディアによれば、クリスタル・パレスは過去2回の移籍市場でエンケティア獲得に動いていたのだが、未だ同選手に対する関心は衰えておあらず、特にヴィエラ監督が最優先で獲得を望んでいるという。

しかし、エンケティアに関してはブンデスリーガのクラブからも関心を持たれている他、選手自身はヨーロピアンコンペティションでプレーすることに憧れていることで、獲得レースは熾烈になるだろうと予想されている。

また、クリスタル・パレスは今夏の移籍市場でベンテケを放出する意向があるらしく、その後釜にエンケティアを狙っているそうな。

今後の活躍次第ではより加熱しそうだが、アーセナル的にはCL出場権獲得のためにそれくらいの活躍を期待したいところ!

 

 

フィオレンティーナがトレイラの買取へ

 

今シーズン、アーセナルからフィオレンティーナに買取OP付きのレンタル移籍で加わり、レンタル先で活躍していることで完全移籍の可能性が高まっているルーカス・トレイラ。

慣れ親しんでいるイタリアの地で改めて評価を上げているトレイラだが、どうやらフィオレンティーナも活躍ぶりに満足しており、何度か噂されていたように買取OPを行使する予定だそう。

昨日の「GIFN」によれば、フィオレンティーナがトレイラの買取OP行使をするタイミングが日に日に近づいているそうで、選手の給与や買取金額について再交渉されなければこのまま完全移籍となるだろうとのこと。

しかし、現時点でそのような再交渉が行われる気配はなく、アーセナルが最初に設定した1500万ユーロで話が進むだろうとしている。

また、具体的な日にちとしては5月中旬にフィオレンティーナがクラブ内での承認を得るだろうとも。

大怪我をするなど、問題がなければこのままフィオレンティーナへ移籍するだろう。

 

 

エキティケ獲得レースが熾烈に

 

今夏の移籍市場で2名のストライカーを追加すると噂されているアーセナル。

1人はこれまで何度も噂されているようなビッグネームでもう1人は将来性のある選手では?とも噂されているのだが、後者として獲得の可能性があがっていた選手の獲得レースが熾烈になっている模様。

昨日の「ESPN」によれば、アーセナルが関心を寄せていると噂されていたランスに所属するウーゴ・エキティケに対してマンチェスターUも獲得に関しての問い合わせを行ったとのこと。

同メディアによれば、19歳ながら今シーズン22試合で9ゴールを決めているエキティケに対して関心を寄せるクラブが増えているそうで、前述したアーセナル、マンチェスターUの他にもバイエルン・ミュンヘンやニューカッスルも関心を寄せているという。

特に1月の移籍市場で獲得が目前まで迫ったニューカッスルは夏の移籍市場で改めて獲得に動くのでは?とも伝えられている。

アーセナルはエンケティアの状況もあって、今夏のストライカー補強がまだ読めない状況。今後も目が離せないです!!

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

BREAKING!!!ミケル・アルテタ&ヨナス・エイデヴァルと契約延長

アーセナルのユース出身選手がトッテナムへ?レノの最新情報

ジェズス獲得資金を3選手の売却益で埋める?リシャルリソンに関心?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。