ガラタサライが1月の移籍市場でエルネニー獲得へ再チャレンジ予定?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

ガラタサライが1月の移籍市場でエルネニー獲得へ再チャレンジ予定?

 

今夏の移籍市場でトルコリーグのクラブから関心の声が伝えられていたモハメド・エルネニー。

以前、トルコのベジクタシュへレンタル移籍していたこともあり、その際のパフォーマンスを評価されているのだと思われるが、昨日のトルコメディア「ファナティック」によれば、今夏の移籍市場でエルネニーの獲得に熱心だったガラタサライが1月の移籍市場で同選手の獲得へ改めて動く予定だという。

同メディアによれば、ガラタサライのファティ・テリム監督が中盤のポジションに『強くて経験豊富な』選手の獲得を望んでいるそうで、クラブに対して1月の移籍市場でエルネニーの獲得へ動くことを要求したとのこと。

ガラタサライはすでに選手側に連絡しており、肯定的な返事を貰っているのだとか。

また、この情報のレポートによれば、もしかするとアーセナルは契約打ち切りで選手サイドと合意する可能性すらあるらしく、移籍金無しでガラタサライに加入する可能性もある模様。

エルネニーは今シーズンここまでほとんどプレーする機会を与えられておらず、中盤にさらなる怪我人が出ない以上、カップ戦以外でプレーすることはない感じになっている。

その他、エルネニーの残り契約は来夏までとなっているため、1月に退団する可能性は非常に高い。

問題はガラタサライがどれだけ移籍金を積めるのかというところで、用意できなければタダで放出することも辞さないという構えなのだろう。

現時点でここまで書かれてしまうと交渉の際にかなり不利な状況となる気がするが、どうなるのだろうか。。。

 

 

コラシナツも1月にトルコ移籍へ?

 

今夏の移籍市場でトルコリーグのフェネルバフチェ移籍に近づいていると伝えられていたセアド・コラシナツ。

フリートランスファーでアーセナルに加入して以降、近年はプレー機会も減っている他、現行契約も今シーズン限りとなっている。

そんな同選手は昨シーズン後半戦を自身の古巣であるシャルケへレンタル移籍したものの、チームの残留に導けなかったことで完全移籍とならず。そして、前述した通り、今夏には親友のメスト・エジルが所属するフェネルバフチェ移籍が間近に迫っていると伝えられていたのだが、最終的に合意することが出来ずにアーセナルに残留していた。

そんな中、本日の「Yeni Asir」によれば、今夏にコラシナツの獲得を望んだフェネルバフチェが1月にも獲得へ動く予定なんだとか。

同メディアによれば、フェネルバフチェは1月に左サイドの補強を行う予定だそうで、その補強をかねてより獲得を目指していたコラシナツに定めたそうな。

しかし、フェネルバフチェはコラシナツの獲得に移籍金を支払いたくないそうで、コラシナツがフェネルバフチェ移籍を望んでいることもあり、アーセナルは契約解除で放出する可能性が高い?模様。

このところのアーセナルは契約解除で放出の際に移籍金を得られていないが、コラシナツはフリートランスファーで獲得しているのでまあ良しとしましょう。

とはいえ、もしかするとどのみち契約解除するから今夏に放出しなかったのか?と勘ぐってしまうところも。あと少しで前政権時の負の遺産がなくなりそうです。

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

これまでのところ今シーズンの予想を超えてきた選手3選

パーティ獲得の失敗時は900万ユーロの選手が代替候補だった!?

セビージャがエンネシリのリプレイス獲得へ?アーセナルに後押しか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です