ガブリエルが今シーズン成長した要因を語る。その他ニュースも

本日も更新していきます!!!

 

 

 

ガブリエルが今シーズン成長した要因を語る

 

今シーズン怪我で出遅れたものの、復帰後は3連勝に貢献するなど昨シーズン以上の活躍を見せているガブリエル・マガリャンイス。

今ではベン・ホワイトと完全に補完できるペアとして、アーセナルファンからも称賛する声も聞こえているが、今シーズン活躍している背景に自身で理解している部分がある模様。

イギリス「Sky Sport」のインタビューにて、このように語っていた模様↓(一部抜粋)

 

「昨シーズンは学習の年だった。もちろん、チームとしての進みは悪かったが、スタートとしては順調で全体的に見れば良い年だったと思う。

今年はリーグのことをよく理解したから、より成熟した選手になったと思う。」

「ピッチのなによりも、適応の面で言語の問題は最大の難関だった。

ここにはフランス語、ポルトガル語、スペイン語を話す選手が沢山いるが、この国では英語を話す必要があるため、僕には大変だった。

僕の英語はまだ完璧ではないが、間違いなく以前よりも上手くなっていて、それが僕自身を助けている。」

 

とのこと。

かつて同じくブラジル出身のガブリエル・パウリスタが言語の問題で退団したところをみると、やはりディフェンスの選手は意思疎通が言葉で通じることが大切なのかと。

特にCBの選手は最終ラインをまとめているので、CB間で言葉で確認できることが大事なのだろう。

今シーズンのガブリエルが明らかにパフォーマンスレベルが上がっているところを見ると、その差はデカイのだろう。

とはいえ、しっかりと言語の問題に対応しているところを見るにガブリエルは努力家で、今後も期待して良いのではないだろうか!

今夜に行われるブライトン戦でも活躍してくれることを期待したい。

 

 

インシーニェ獲得へ動く可能性?

 

1月の移籍市場、又は来夏の移籍市場でアタッカーの獲得に動くと伝えられているアーセナル。

すでに何名かの選手の名前が挙がっているのだが、昨日のイタリア「カルチョメルカート」によれば、アーセナルは現在ナポリに所属するロレンツォ・インシーニェ獲得に動く可能性があるとのこと。

同メディアによれば、インシーニェはナポリと現行契約の契約延長を行っていないそうで、このまままとまらなければ売却の可能性があり、アーセナルが獲得の有力候補に挙がっているのだとか。

しかし、その他のメディアの報道によれば、現在ナポリとインシーニェの間で新たな契約がまとまりそうな状態らしく、移籍は起こらない可能性もあるとのこと。

個人的に30歳くらいになってクラブと契約で揉めて退団する選手が他国のリーグで活躍するところをあまり見かけたことがないので、獲得に動いたとしたらばなんだか不安な感じがする。

恐らく給与もかなりの額になるはずなので、獲得はオススメできないですね。。。

ただ、インシーニェは前線からのプレスも怠らずにする選手なので、アルテタ監督の志向するサッカーには合いそうな気も。。。

続報が待たれる。

 

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

エンケティアは1月に退団へ?PLの数クラブが獲得に関心か?

シーマンがユースチームのコーチへ。ユース選手がマンUへ移籍

アルテタ対トッテナム戦から見えた4つの戦術的勝利

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です