オーバメヤン移籍時にメンフィス・デパイ獲得へ?その他ニュースも

本日も更新していきます!!!

 

 

 

未だ、チームのエースであるオーバメヤンの契約延長に至っていないアーセナル。

仮に退団を望んだ場合、代役を確保しなければならないのだが、本日出てきた報道によると、アーセナルが新たな代役候補をリストアップしたとのこと。

本日はそちらの件と、その他まとめたレポートをしていきます!!!

 

 

オーバメヤンの代役候補にデパイ?

 

先程、紹介したようにオーバメヤンとの契約延長が上手く進んでいないアーセナルだが、フランスメディアの「le10sport」によると、オーバメヤンが退団を選んだ場合、リヨンに所属するメンフィス・デパイの獲得に関心があるそう。

同メディアによると、アルテタ監督もデパイのテクニックと精神面を気に入っているそう。

それ以外にも、現行の契約が来シーズン末までになっていることで、かなり割安な移籍金で獲得が可能とのこと。「Transfer market」の評価額は4400万ユーロだが、同メディアの見立てでは1800〜2200万ユーロで獲得可能とのこと。

所属先のリヨンは来シーズン、ヨーロッパのコンペティションに出れない事が確定しており、今夏に数名の主力選手売却を余儀なくされているそう。

オーバメヤンが移籍した場合、左WGのポジションがサカだけになるため、噂通りの移籍金であれば良い買い物になるのでは。

 

 

パーティへの関心は継続中

 

昨年夏よりアーセナルが獲得に関心を示し続けていたというトーマス・パーティ。

パーティ自身もアーセナル移籍に乗り気で、移籍は時間の問題かと思われていたが、なかなか進展がないようで、ここ最近、報道が少なくなっていた。

しかし、「The Athletic」のオーンステイン氏によるアーセナルの最新情報によると、アーセナルは引き続きトーマス・パーティ獲得を目指しているが、バイアウト額に設定されている5000万ユーロよりも安い金額での獲得が可能だと判断しているとのこと。

パーティには、残留を望むアトレティコ・マドリーから契約延長のオファーも届いているとのことだが、未だ返答はしていないそう。

ラカゼットかグエンドウジとのスワップの噂も出ているが果たしてどうなるのだろうか。

 

 

ショボスライはナポリへ?

 

先日、当ブログでもアーセナルが獲得に関心を持っているとして紹介したドミニク・ショボスライ。

その際のレポート→アーセナル、ミランが注視のドミニク・ショボスライとは?プレースタイル等

グエンドウジに退団の噂が出ていることで、獲得に動くのではないかと密かに期待していたが、「Sky Italia」のディ・マルツィオ氏のレポートによると、セリエAのナポリがショボスライのバイアウト額を支払い獲得に迫っているとのこと。バイアウト額は2500万ユーロになるそう。

プレー動画を見る限り、かなり将来性がある選手だっただけに残念である。

 

 

サカが契約延長

 

オーバメヤン同様、現行契約が来シーズン末までで、契約延長交渉を行っていたブカヨ・サカ。

このレポートを書いている最中に契約延長の決定をアーセナルofficialが発表!

 

 

新たな長期契約を結んだとのこと。めでたし!!!

 

 

この調子で、オーバメヤンの契約延長も決めて欲しいところです!

レポートしなかったですが、ムヒタリヤンとの契約解消が決定し、彼はローマに加入するそうです!

新天地では活躍してほしいです!!!

その他の情報も続報入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

6月末時点。トッテナムの最新移籍事情。

アーセナルに必要なのはトーマス・パーティか、それともカソルラか。

ランパードがデクラン・ライス獲得を要求で、加入後はCB転向を予定?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です