エミ・マルティネスの後任候補に新たな名?アーセナル移籍ニュース

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

先日、プレミアリーグ2020−21シーズン開幕戦のフラム戦を3対0で完勝したアーセナル。

例年以上のスタートを切ったアーセナルは更にチームを強化するため、今後アワール、トーマス・パーティ等の中盤選手を補強を望んでいると言われているが、その他にも退団が濃厚となっているエミ・マルティネスの後釜獲得が急務となっていた。

当ブログでも紹介したように、アーセナルはすでにブレントフォードのダビド・ラヤに関心を寄せているそうだが、昨晩イギリス紙「Telegraph」が新たな候補が浮上してきたと報道。

今回はその件を含めた最新情報をまとめてレポートしていきます!!!

 

 

エミ・マルティネスの退団近づく

 

フラム戦のメンバーから外れたことにより、アーセナルからの退団が濃厚となっていたエミ・マルティネス。

昨日更新されたイギリス各紙のレポートによれば、アーセナルはアストン・ヴィラから提示されている総額2000万ポンドのオファーを受け入れる模様。(内容はこれまでの報道と変わりなく1600万ポンド+400万ポンドのアドオン)

メディカルチェックは開幕戦の行われた土曜日に受けていたそう。

マルティネスはアルゼンチン代表の正GKになるため、定期的なプレー機会を望んでおり、アストン・ヴィラでは正GKで起用されることが予想されている。

また、アストン・ヴィラ以外にもブライトンからも関心を寄せられていたが、ブライトンからは正式なオファーはなかったとも。

昨シーズン後半戦にレノの負傷で出番が回ってきた際、23試合で9つのクリーンシートとセーブ率81%を記録していたマルティネス。

同選手のこれからの活躍を応援したい!

 

 

アレックス・ルナルソン

 

アーセナルはエミ・マルティネスの代役にブレントフォードのダビド・ラヤ獲得を検討していると報じられているが、昨晩の「Telegraph」によれば、新たにフランスリーグ1のディジョンに所属するアレックス・ルナルソンに関心を抱いているとのこと。

急に控えGK候補に躍り出てきたのだが、どうやらこの選手も先日報じられたダビド・ラヤ同様に、GKコーチのイニャキ・カーニャ氏の推薦であるそう。(過去にデンマークリーグで一緒になった?模様)

同選手はアイスランド代表にも選ばれているが、移籍金は150万ポンドほどと安価で獲得が可能だそう。契約は残り2年である。

アーセナルは選手の売却資金で、トーマス・パーティかフセム・アワール獲得に乗り出す予定と言われており、控えGK獲得に予算を使わない考えなのだろうか。

参考までに「who scored」によるルナルソンの評価とプレー集↓

パスはstrongだが、シュートストップやクロス対応は低評価となっている。

 

 

昨シーズンは公式戦14試合しか出場していないが、アーセナルはどういった評価を下しているのだろうか。

続報が欲しいところ。

 

 

ダビド・ラヤへの入札も準備?

 

先程紹介したように「Telegraph」によって新たな控えGK候補が報じられたが、すでに関心が噂されているダビド・ラヤへの関心も継続している模様。

イギリス紙「Sun」によれば、アーセナルはブレントフォードに1000万ポンドのオファーを準備しているとのこと。

また同紙によれば、ブレントフォードはラヤの退団に備えて、チャールトンのディロン・フィリップスに関心を寄せているそう。

また、アーセナルとのリンクが強まった背景に、先日行われた2部チャンピオンシップの開幕戦を欠場したこともある模様。

しかし、アーセナル移籍について問われたブレントフォードのトーマス・フランク監督は、ラヤの欠場理由が怪我であることと、同選手が売りに出されていないことを強調しており、現時点で移籍に近づいているかは不明である。

続報が待たれる。

 

 

ラカゼットは残留希望

 

最後に他のニュース。

残り契約が2年になっていることで、今夏での現金化も噂されていたラカゼット。

しかし、選手本人は残留を希望しているようで、先日今シーズン初ゴールを記録したフラム戦後のインタビューでこう語っている。

 

「私は本当に幸せです。私が不幸で退団したいと言っているのはマスコミ。私は最初からアーセナルに満足していると言っていたし、このクラブでプレーして勝ちたい。先月タイトルも獲得しているし、アーセナルに満足している。」

 

とのこと。

ユベントスやアトレティコ・マドリーから関心が集まっている中、本人は退団する予定がないそう。

先日の試合でエンケティアと途中交代した際に、アルテタと笑顔でコミニュケーションを取っているところもあり、アルテタとは健全な関係を気づいている模様。

ひとまず今シーズンは残留して来夏に処遇を決めるのだろうか。

 

 

マルティネスの売却がほぼほぼ決まって、残る補強は中盤と控えGK。残りの移籍期間も目が離せない!!

その他、続報があり次第随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

新たなストライカーはどの選手に!?トッテナム移籍ニュース

どこよりも早い選手採点。20−21シーズン第1節アーセナルvsフラム

GK獲得間近も、まだまだ補強の手を緩めないチェルシー。移籍ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です