エドゥが来週中にイタリアへ向かう予定?クルゼフスキの交渉と専らの噂!

本日も更新していきます!!!

 

 

 

エドゥが来週中にイタリアへ向かう予定?クルゼフスキの交渉と専らの噂!

 

このところのアーセナル界隈を賑わせているユベントスのデヤン・クルゼフスキ獲得について。

すでに多くのメディアがアーセナルと強くリンクしていることを報じている他、クルゼフスキと同じポジションのニコラ・ぺぺが最近出場機会が減っていることも相まって、根強く獲得の噂が挙がっている。

そんな中、イギリス「Evening Standard」によれば、アーセナルのエドゥTDが来週中に移籍交渉のためにイタリアへ渡ると報道。これがクルゼフスキの移籍をまとめるためではないか?とのこと。

同メディアによれば、ユベントスは1月にヴラホヴィッチなどのストライカー獲得へ動くために現金を必要としているそうで、すでにクルゼフスキら余剰戦力を売却する予定は立っているそう。

しかし、国内のクラブへ売却するつもりはなかったこともあり、アーセナル含む他国リーグのクラブに売り込みを掛けていたのだとか。

そこで現在アーセナルとトッテナムが同選手の獲得に最も関心があると報じられているのだが、トッテナムはコンテ監督がウイングバックを起用するシステムを好んでいることから、クルゼフスキに合わない可能性があるという。そのため、今の所アーセナルが獲得のポールポジションに立っているそうな。

ちなみに、クルゼフスキ自身はプレータイム確保のためにユベントスから退団することを視野に入れているとも。

気になる移籍金だが、アーセナルは2500万ポンド+420万ポンドのアドオンで獲得可能だと考えている模様。かなり具体的な話に差し掛かってきたが、果たして本当に交渉が進行しているのだろうか?

それとも、まさかの選手獲得もあり得る??

 

 

ジョアン・フェリックス獲得レースに参戦?

 

2年半前にベンフィカから約1億2000万ユーロの移籍金でアトレティコ・マドリーに加わっていたジョアン・フェリックス。

同選手はアトレティコ、ポルトガル代表の次世代を担う選手だとしてかなり期待されていたのだが、アトレティコ加入後に期待されたほどのパフォーマンスを発揮することが出来ておらず、このところは退団の可能性が挙がっていた。

そんな中、スペイン「as」によれば、そういった状況にあるジョアン・フェリックスに対して、イギリスの4クラブが関心を抱いているとのこと。

同メディアによれば、マンチェスターU、リヴァプール、アーセナル、ニューカッスルがフェリックス獲得に関心を持っている模様。

しかし、同選手が加入した際にアトレティコが支払った約1億2000万ユーロを考えると、移籍金がどれくらいになるのか予想がつかない模様。

とはいえ、すでにフェリックス自身も退団の意思を明確にしているそうで、買取OP付きのレンタル移籍等で売却する可能性もあるかと。また、同メディアの見解によれば、ニューカッスル移籍はお金は稼げるが、最悪の移籍になるということも指摘されている。

ちなみにアーセナルはトーマス・パーティ獲得の件でアトレティコ・マドリーを大激怒させた過去があるため、交渉は一筋縄でいかない可能性も。

続報を待ちたい。

ジョアン・フェリックスのプレー集↓

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

フラメンゴがパブロ・マリの再獲得を目指すも交渉は難航?

ブラジルの若手FW獲得に関心か?マノー・ソロモンがPL移籍を望む

自分たちで勝利を手放す。弱いメンタリティ。アーセナル試合レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。