エジル、ソクラテスに続きムスタフィも契約解除の交渉中?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

 

今回は昨日から報じられたニュースをいくつか紹介していきます!

 

エジル、ソクラテスに続きムスタフィも契約解除の交渉中?

 

人員削減のため、1月の移籍市場中にエジルとソクラテスの契約を解消しているアーセナル。

どうやら契約最終年に入っているムスタフィとの契約も解消に向けての交渉を行っている模様。

イギリス「daily express」によれば、現在アルテタ監督はCBの人員整理を済ませており、後半戦はホールディング、パブロ・マリ、ガブリエル、D・ルイス、チェンバースを軸に考えているそう。そのため、今後出場する可能性の低いムスタフィが今冬中に移籍することを目指し、契約解消の交渉を行っていると報道。

ムスタフィはバレンシアから加入して以降151試合をプレーしているが、ここ数シーズンは度重なるミスが批判され、レギュラーの座を奪われていた。

しかし、ムスタフィの父親はこれらの報道に対し、『現在そのような交渉は行われていない』とコメントしているそうな。

ムスタフィに対しては、イタリアのクラブが獲得に関心を抱いているとも伝えられているが、ムスタフィの父親はそれらのクラブとの交渉を優位に進めるためにコメントをしたのだろうか。はたまた、全くのデマなのだろうか。

しかし、今後ムスタフィに出番がないことは明白であるため、クラブとしては早期の退団が望まれているはず。

 

 

マルセイユのジョルダン・アマビに関心?

 

フランス「レキップ」による報道。

同メディアによれば、現在アーセナルはマルセイユに所属するジョルダン・アマビ獲得に関心を抱いているとのこと。

アマビは左SBを主戦場とする選手で、マルセイユとの現行契約が今夏までとなっている。

そのため、今冬の移籍市場の間に左SBの補強を行いたいアーセナルが関心を抱いているというもの。

アーセナルは左SBのスタメンにキーラン・ティアニーがいるものの、控えにしていたセアド・コラシナツが今冬の移籍市場でシャルケにレンタル移籍したことで、バックアップが不在の状況となっていた。

そのため、ティアニーが欠場した試合はナイルズやセドリックが左SBとして出場していた。しかし、上手くフィットしていなかった。

早急に補強しなければ攻撃の主軸であるサカが左SBで出場しないといけない状態になるため、できるだけ早い解決が求められている。

アマビのプレー集↓

 

 

ソクラテスはオリンピアコスへ

 

先日、次のクラブと契約するためにアーセナルとの契約を解消していたソクラテス。

次なるクラブはどこになるのか気になるところだったが、この度移籍先が発表された!

移籍先はオリンピアコスに決定!!!

 

パパには今後活躍してほしいですね!

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ウーデゴール獲得合意と報道。契約詳細、買取オプションはどうなる?

『ウーデゴール早く来て』歯車のない中盤。アーセナル試合レポート

fly to london “soon” ウーデゴールがアーセナル移籍へ!?ひっそりライアンの獲得も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です