アーセナル補強第1号はヤングプレイヤー?ジョージ・ルイス獲得合意報道

本日も更新していきます!!!

 

 

 

世間はリーグ戦再開のアナウンスでもちきりだが、例年通り補強も進めていかないといけない各クラブ。しかし、新型コロナウイルスの影響で補強を控えると言われているクラブも少なくない。

そんな中、プレミアリーグのビック6で特に財政難であり、補強はおろか選手の契約延長すらままなっていないアーセナルが今夏の補強第1号が決まったとのこと。

今回はそちらのレポートをしていきます!

 

 

ジョージ・ルイスの獲得に合意

この度、獲得合意の報道が出たジョージ・ルイスは、ノルウェーのFram Larvikというクラブに在籍しており、3月のリーグ戦中断前にアーセナルのトライアルに参加していた。

その際アーセナル側が、ルイスのドリブル能力や前線のポジションであればどこでも対応できる事に感銘を受けたため、夏に現行クラブとの契約が切れる同選手の獲得へ乗り出したと言われていた。↓

5月時点アーセナルとリンクされる各国の若手選手たち、関連NEWS

そして今回、Fram LarvikのSDであるジョスティン・ヤンセン氏がインタビューにて、ルイスの移籍が合意したことを発言している。

 

「合意したことは間違いない。私は彼がアーセナルとサインしたと報告を受けた。彼の幸運を祈るよ。」

 

とコメント。取引は完了した模様。

先程もお伝えしたように、ジョージ・ルイスは現行クラブとの契約が今夏で切れるそうなので、フリートランスファーでの獲得になる模様。

 

 

最初はU-23で活動

 

 

ルイスについては加入後の流れも決まっているそうで、選手の代理人を務めているCheikh Diaw氏はこう伝えている。

 

「ジョージの計画は、U-23でトレーニングし、最終的にトップチームでトレーニングすることです。トライアルの際は、好感触を感じたクラブ側の意向で最後の3日間だけトップチームとトレーニングしました。」

「アーセナルは3回のセッションを行った後、すでに彼とサインすることを計画していた。」

 

とコメント。

トライアルがかなり好印象だったようで、その時すでにトップチームのトレーニングにも混ざっていたとのこと。そして、代理人が伝えているように、最初はU-23に加わり、その様子を見てトップチームに帯同させるか判断する様子。

もしかしたら、プレシーズンはトップチームに帯同する可能性もあるかと。

とはいえ、今夏で20歳になる同選手が早くトップチームでプレーする姿を観たい!

 

 

Instagramのプロフィール写真変更

 

 

昨日、アーセナルとサインしたことが伝えられたジョージ・ルイスだが、Instagramのプロフィールがすでに変更しているとの報道を見かけ、覗いてみると,,,

 

ばっちりアーセナルのユニフォームを着ていました!!!

 

 

 

補強資金がないと言われているアーセナルだが、一昔前のように若手の発掘も楽しみにしていきたいですね。

早いうちにジョージ・ルイスのプレースタイル等、まとめたレポートも追記していきたいと思います!

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

 

それでは

 

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

プレミアリーグ再開。怪我人復帰のマンチェスターUとトッテナムが有利?

ルロイ・サネの後釜はドイツから?それともすでにチームにいる人物?

見限られたナイルズ。プレミアリーグ内のクラブが獲得に動く?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です