アーセナルは波乱が好きらしい。アーセナル試合レポート

本日も更新していきます!!!

 

 

今回は、本日明朝に行われたPL第37節アーセナル対ニューカッスルの一戦をレポートしていきます!

※このレポートは試合内容を伴うものとなっております。お気をつけくださいませ。

 

スターティングメンバー

 

まずはスターティングメンバーから!

 

アーセナル:4−2−3−1

アーセナルは4−2−3−1の布陣!

ディフェンスラインは左からタヴァレス、ガブリエル、ホワイト、富安。

中盤はジャカとエルネニーが組み、2列目中央にウーデゴール、左にスミス・ロウ、右にサカ。トップにはエンケティアが入った。

アーセナルはディフェンスラインがどうなるのだろうと不安な部分が多かったのだが、懸念されていたホワイトとガブリエルは両者とも復帰!安心して試合に望める!

そして、今回は左サイドがマルティネリでなく、スミス・ロウ。タヴァレスのディフェンス面の懸念を考えてのことだろう。コンビーネーションでの崩しにも期待。

 

ニューカッスル:4−3−3

対するニューカッスルは4−3−3の布陣。

彼らはこのところとても調子が良く、その状態のメンバーを揃えているため侮れない。

要注意選手はサン=マクシマンとブルーノ・ギマランイスで、サン=マクシマンは言わずもがなドリブル突破が注意で、ギマランイスはパスレンジが広いため、中盤で自由にさせると相手に中盤で好きにさせてしまう可能性も。

あとは、セットプレー時に背の高い選手が多いことも注意が必要である。

 

 

試合内容

 

負け

 

 

プレッシャーに負けたヤング・アーセナル

 

もはや今日の敵はニューカッスルじゃなかった。

選手だけでなく、アルテタ監督までもが試合開始直後からのニューカッスルの攻めにナーヴァスになっていた印象で、全くと言っていいほど自分たちの良さが出なかった。

とにかく足元がおぼつかないことばかりで、常に失点しないことばかり意識しているように感じた。

もちろん、失点をしないことが最も良いのだが、『攻撃は最大の防御』というように、今シーズンここまで培ってきたものを放り投げてプレーしてしまっていた。

近年ヨーロッパのタイトルを何度も獲得しているレアル・マドリーのようなクラブも絶対に負けられない試合で失点しないように意識している試合はあるが、彼らはプレッシャーに負けておらず、劣勢な時間帯もどこか狡猾に自分たちの怖さを見せつけようと意識している気がする。

そして、今日のアーセナルは相手のスキばかり意識しすぎて、本来の自分たちであれば見つけられていたスペースを見つけられず、本来選択するはずのプレーが選択できないようになっていた。

今日のアーセナルが作ったチャンスの場面はほとんどパスを繋げてパスコースを引き出すプレーだったのに、点を取られた後はほとんどクロスを放り込むばかりで、高さのないアーセナルのFW陣が背の高いニューカッスルのDF陣からボールを奪える訳もなく。。。

対するニューカッスルはすでに失うものがない試合で、非常に活き活きとプレーしており、実際のプレー以上のクオリティが出ていた。普段見つけていないスペースを見つけられて、普段チャレンジしないプレーを選択する。結果ナーヴァスなアーセナルはそういった姿勢に食われてしまった。

 

 

ウーデゴールが収まらない時の対処法

 

今日の試合で相手に好き放題やられてしまった背景にウーデゴールに収まらなかったというのがあったかと。

ほとんどの時間帯でニューカッスルが中盤を支配していたのは、ウーデゴールが機能出来ていなかったのが大きな原因の1つで、ニューカッスルは彼を執拗に潰すことでビルドアップ時の選択肢を消すことに成功していた。

その上、両サイドにはサン=マクシマンとアルミロンというスピードのある選手が居たため、フルバックの選手がサポートすることも出来ず、結果的にアーセナルの中盤は喪失しており、ジャカとエルネニーはディフェンスの裏を狙うか、サイドにボールを回すかしか出来ていなかった。

個人的に思うのは、やはりそこはウーデゴールの若さであって、潰されていても彼自身は普段と変わりないプレーを選択しがちという。前半の早い段階にニューカッスルの思惑を理解していれば、パスのテンポを早くしたり、球離れを良くするなど、少なくとも選択肢はあったはず。彼はブライトン戦でも似たようなシチュエーションで居場所を消されていたはず。

もちろん、今日は彼だけでなく、CBの2人以外ほとんどの選手が良くなかったので彼だけの責任ではないのだが。、

普段どおりのプレー選択をしろとか、少しは考えろとか、生意気なことを言って申し訳ないのですが、、、やはり俯瞰で見ているとそんなことを思ってしまうわけで。。。

ただ、これに関しては今シーズン何度か対戦相手に攻略されているので、来シーズンに向けてなんとかしなければならない。

 

 

最後まで諦めない

 

まあ、ここまで不平不満を書き連ねたのですが、結局何を言いたいのかと言いますと最後まで諦めませんよと。いうこと。

皆様思い返して下さい!シーズンスタート後3連敗で降格圏だと笑われていた今シーズンをここまで盛り返してCL出場権獲得まであと1歩のところまでいる現状を!

謎の3連敗を喫した後に地獄の3連戦を全勝したりと、今シーズンの我々は嬉しいハプニングを何度か起こしているじゃないか!

リヴァプールとマンチェスターCはPLタイトルを掛けてナーヴァスになっているように、トッテナムもそういった気持ちになっていてもおかしくないはず。彼らもバーンリー戦をギリギリで勝ったくらいだし。

ですので、僕は最終節で一波乱起きる可能性は十分あると感じていますし、そうあって欲しいです!!!

そして、ノリッジは前節でアウェイのウルブス相手に引き分けていて、最終節にホームでトッテナムの勢いを潰してやろうと考えていてもおかしくないはず。今日のニューカッスルがそういった雰囲気があったように、彼らもただ負けて終わりたくないだろうし。

なので、とにかく、今日は何も引きずらず、ただエヴァートンに勝つことだけを意識して欲しい。

 

シーズンはまだ終わっていない!!!

今こそ、サポートする時ですよ!!!

 

COYG!!!

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

マルキーニョスの獲得合意報道とジェズスへオファー準備?

CL出場権を獲得できればディバラがアーセナル移籍を選択か!?

サンパウロに所属するマルキーニョス獲得で合意か?

アーセナルは波乱が好きらしい。アーセナル試合レポート” への4件のフィードバック

  1. 今日は言い訳できない、完全な敗北でした・・・。
    毎年こんな時は、CLにふさわしいチームに、まだ達していないと思うようにしてるのですが、アルテタも同じことコメントしてましたね。
    管理人さんの言う通り、まだ最終節が残っております!
    どのような結果になろうと、応援し続けますよ!!

    1. 完全な敗北でしたね、、夏の補強に影響がないと良いのですが。。。
      今シーズンが今後の躍進に繋がる可能性が見えたことは大きな利益ですが、ちゃんと実になってくれるよう祈るばかりです!!
      ただ、まだ終わっていないので!お互い応援しましょう!!!

  2. 今こそサポートする時ですよね、落ち込んで下を向いてた自分が情けない。
    ありがとうございます、元気が出ました!

    1. まーさん!コメントありがとうございます!
      思いの丈を書き連ねましたが、僕もかなり凹んでおります(泣)
      ただ、そういったコメントを頂けるととても嬉しいです!!!
      少しでもアーセナルの後押しになれば幸いですし、お互いサポートし続けましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。