アーセナルが来夏の移籍に先立って交渉ができる選手たち

本日も更新していきます!!!

 

 

今夏の移籍市場で、主力候補のトーマス・パーティ、ガブリエル・マガリャンイス、パブロ・マリ、ウィリアンに加え、バックアップにセドリック、ルナルソンを補強し、7500万ポンドの移籍金を費やしたアーセナル。

しかし、現状の成績はイマイチでクラブ関係者達は勝つためにはまだ補強が必要だと考えている模様。

とはいえ、新型コロナウイルスは未だ収束の気配がなく、それによる減収はしばらく続くものと見られている。

そのため、来夏の移籍市場でもフリートランスファーの選手に注目が集まることが予想されており、それらの選手と接触出来る1月の移籍市場まで残り2ヶ月を切った。

そんな中、「football london」がアーセナルにオススメする来夏のFA選手を紹介していたので、今回はそちらをまとめてレポートしていきます!!!

※本文中は元記事に習った書き起こしをしています。時折、私見を入れています。あしからず。

 

 

ダニーロ・ダンブロージオ:インテル

 

アルテタの就任以来、アーセナルのバックラインは大幅に改善されているが、まだ改善の余地がある。

ソクラテス・パパスタソプーロス、シュコドラン・ムスタフィ、D・ルイス、パブロ・マリはクラブでの将来が不確実であり、右SBのベジェリンのバックアップも不足している。

インテルの経験豊富なDFダニーロ・ダンブロージオは来夏に現行の契約が満了するため、ガナーズにとって理想的なサインとなる可能性がある。

ダンブロージオは速く、エネルギッシュで攻撃的なフルバック。主に右SBでプレーするが、CBやLBでも問題なくプレーできる。

また、このイタリア人は4−4−2、3−5−2のフォーメーションでのプレー経験があり、バックラインの改善が続くアーセナルにとって気の利いた獲得になる可能性。

32歳でプレミア未経験。どうなんだろうか。経験豊富という通り名には何度も騙されているが、、、

 

 

ダビド・アラバ:バイエルン・ミュンヘン

 

ダビド・アラバは新たな契約の交渉が決裂した後、来年の夏にバイエルン・ミュンヘンを離れる予定だと考えられている。

このオーストリア人はヨーロッパのいくつかの主要クラブから関心があり、アーセナルはチャンピオンズリーグの資格がない限り、連れてくることは難しいかもしれない。

アラバはバイエルンで400試合以上の試合に出場しており、アルテタのチームに優れたクオリティと多様性をもたらすはず。

これはガナーズにとって野心的な動きになるだろうが、彼らがそれをやってのけることが出来れば、野心の証明に役立つはず。

 

 

ニコラ・マクシモビッチ:ナポリ

 

使いみちの多いディフェンスオプションになり得るニコラ・マクシモビッチ。

このCBは空中戦で存在感があり、アーセナルのディフェンスの中心で理想的なオプションになれる。

マクシモビッチはディフェンスとオフェンス両方のセットプレーで支配的で、彼はバック3でのプレー経験もある。

28歳になる同選手はこれまでトリノとナポリに在籍しセリエAの常連だったが、来年の夏にセリエAを離れる予定だそう。

 

 

ハカン・チャルハノール:ミラン

 

ハカン・チャルハノールはセットプレーのスペシャリストとして知られており、現状では来年の夏にフリーで獲得できる注目選手。

アーセナルは今シーズンここまでゴールを上げることに苦戦しており、中盤からゴールを脅かす事ができる選手の獲得は重要な後押しとなる。

まだ26歳だが、チャルハノールは昨シーズンのミランで11ゴールを決め、今シーズンは11試合の出場ですでに4ゴール決めている。

また、同選手は過去にエジルと比較されており、アーセナルの創造性のなさを埋めるのに役立つ可能性がある。

ここ最近のアーセナルは良い位置でフリーキックを得てもゴールが決まらないので、チャルハノールのようなキッカーはほしい。

 

 

ユリアン・ドラクスラー

 

ドラクスラーはアーセナルにいくつかの悪知恵を働かせることの出来る才能ある攻撃的なMFの1人であり、現在PSGでプレータイムを得ることが出来ていない。

ネイマール、エンバペ、ディ・マリアがより目立っているため、このプレーメーカーは来夏に動き出すように見える。

元シャルケのスターは、2012年以来ドイツ代表に選出されている。両足を使うことが出来、サイドや中央のポジションどちらも対応できるため、アルテタのチームに攻撃の選択肢をもたらす。

ドラクスラーは次のチームでレギュラーとして出場することを望んでおり、1月に多くの関心が噂されるはず。

このところ名前も上がらないような選手になってしまったが、アストン・ヴィラに移籍した後のロス・バークリーのように、出場機会で本来の実力を取り戻す選手は少なくない。フリーなら獲得しても良いのでは!?

 

 

元記事はこちら↓

Five players Arsenal can open talks with in January ahead of a summer transfer

 

ドラクスラー辺りは現実味がありそうな気もするが、1月になにか動きはあるのだろうか?

 

今後も新たな情報、記事を紹介していきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

今夏にアストン・ヴィラへ移籍したマルティネスが色々語る

今年2度目のまじどうする!?アーセナル試合レポート

『ショボスライへの関心は本物』1月のアーセナル加入はあるのか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です