アーセナルがコウチーニョ代理人と会談?デンベレは大幅値下げ?

本日も更新していきます!!

 

 

 

リヴァプールで主力として活躍し、およそ1億4500万ユーロとも言われる大金でバルセロナへと移籍していたコウチーニョ。PSGへと移籍したネイマールの穴を埋める存在として期待されていたものの、ファンや首脳陣を納得させるパフォーマンスが出来ず、今シーズンはバイエルン・ミュンヘンへ買取OP付きのレンタル移籍をしていた。

そんなコウチーニョに対し、アーセナルが来シーズンのレンタル移籍を打診!との噂があったので、そちらとその他NEWSをレポートします!

 

 

バイエルンは買取OPを行使せず

 

 

今夏までのレンタル+1億2000万ユーロでの買取OP付きで、バイエルンミュンヘンへと加入しているコウチーニョ。

今シーズン、レンタル先のバイエルンでは公式戦32試合出場で9ゴール8アシストと結果を残し、ハンジ・フリック監督やチームメイトから残留を希望する声があった。

しかし、バイエルンは買取OPを行使しないことを決定したそうで、ルンメニゲCEOがドイツ紙「シュピーゲル」のインタビューでこう答えていた。

 

「オプションはすでに失効した。我々は行使しなかった」

「これから来季に向けてチームの計画を立てていかなければならない。彼が果たせる役割があるかどうか見ていこう」

 

すでに買取OPの行使期限は過ぎていたよう。現時点では買取に動かないことを示唆しているが、買取価格が下がれば獲得に動く可能性もあるということかと。

現在コウチーニョの評価額は大幅に下がり、5600万ユーロになっているが、新型コロナの影響で健全経営のバイエルンであっても出し渋る程の損害が出ているのだろうか?

 

 

アーセナルが来シーズンのレンタル移籍を打診

 

 

10Sport」「ムンド・デポルディーボ」は、アーセナルがコウチーニョのレンタル移籍を協議する予定と報道。

最初にこの事を報道した「10Sport」はこう報じている↓

 

「バイエルン・ミュンヘンはコウチーニョの買取OPが高額すぎるとして他のオプションを検討している。バルセロナへ復帰の可能性は低く、むしろ首脳陣は放出したい様子。そのため、プレミアリーグへの移籍が最も魅力的なオプションではないだろうか?」

「コウチーニョに対し、チェルシーとアーセナルが興味を示している。すでにアーセナルのラウル・サンレヒは、コウチーニョの代理人であるキア・ユーラブシアンに連絡済みである。どうやらアルテタはコウチーニョのことをとても気に入っている。」

 

と報道。

バイエルンはマンチェスターCに所属する、サネ獲得を優先する意向とのこと。

さらに、この報道に追随する形で「ムンド・デポルディーボ」はこう報じている↓

 

「アーセナルのHead of Footballであるラウル・サンレヒは、コウチーニョの代理人であるキア・ユーラブシアンとの接触を開始する予定であり、すでに連絡済み。」

「バルセロナはコウチーニョの売却を望んでおり、6月30日までに売れることを望んでいる。しかし、どこからも獲得の打診がなければ、レンタル移籍で放出することもいとわないだろう。」

 

と報道。

どうやら、アーセナルはコウチーニョのレンタル移籍に熱心な様子。特に各紙の報道によると、アルテタがコウチーニョ獲得を熱望していると伝えている。また、代理人のキア・ユーラブシアンはアーセナルファンであるため、交渉に有利なのでは?とも伝えられている。

コウチーニョ自身も、プレミアリーグでのプレーに魅力を感じているそう。チェルシーも獲得に熱心になっているとのことだが、果たしてプレミアリーグに再上陸するのだろうか?

 

 

デンベレの大幅値下げ?

 

 

2017年に1億2500万ユーロもの移籍金でバルセロナへと加入したデンベレ。出場した際は活躍するが、度重なる怪我と規律違反により、今夏での退団が囁かれていた。

Daily Mail」「10Sport」の報道によると、バルセロナはデンベレの評価額を3700万ポンドまで引き落としたそう。

新型コロナの影響で、財政的に大きなダメージを受けているバルセロナは、今シーズン9試合しか出場していないデンベレの週給20万ポンドを削減したいそう。

怪我がちな同選手の売却は手こずることが予想されるため、3700万ポンドという獲得時の1/3の金額でも放出を認める構えだと報じている。

 

現状ではPSGが獲得に関心を示しているとのことだが、プレミアリーグクラブもレンタル移籍であれば獲得に乗り出す可能性もあるのではないか?移籍金や条件次第では、チェルシー、マンチェスターU、リヴァプール辺りは獲得に動いてもおかしくないのではないかと。

怪我さえなければ、優秀な選手であることは間違いない。是非ともプレミアリーグでプレーする姿を見たい。

 

 

 

バルセロナは新型コロナの影響で財政的に大きな問題を抱えているため、今夏に大幅な売出しを行うことが予想されている。バルセロナに在籍する優秀な選手たちが、どれだけプレミアリーグに参入してくるのだろうか??

続報が入り次第随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

アーセナル若手リース・ネルソンの適正ポジションは中央?

リヴァプールが複数選手の売却で動くのはヴェルナー?それともクリバリ?

ケパとバチュアイは売却で補強資金に?気になるチェルシー今夏の動向

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です