アワールの代理人はアーセナルがマディソンに向かったことにビックリ?

本日も更新していきます!!!

 

 

本日は大きなニュースが少ないので、細かな情報を何個か紹介していきます!

 

 

アワールの代理人はアーセナルがマディソンに向かったことにビックリ?

 

先日弊ブログでも紹介したように、レスター・シティに所属するジェームズ・マディソン獲得へ本格的に動き出したと報じられているアーセナル。

現状、交渉は上手く進んでいないとのことで、獲得するにはまだ時間がかかると予想されているのだが、今回のアーセナルの動きに驚いている人がいる模様。

本日のイギリス「Sun」によれば、アーセナルのジェームズ・マディソンへの動きを見て、過去アーセナルが獲得に動いていたフセム・アワールの代理人が驚いているとのこと。

同メディアによると、過去2年間アワールに関心を示していたアーセナルは、今夏の移籍市場でも同選手への関心を示しており、ほんの数週間前まで話し合いを続けていたそうな。

そして、アワール側もアーセナル移籍を望んでいた状態だっただけに、今回の報道を見て驚いているのだとか。

ちなみに、昨夏の移籍市場の際にクラブ間で合意が出来ずに獲得できなかったアワールは所属先のリヨンが財政難であることから、2500万ポンドの移籍金で放出する意向があると伝えられている。

マディソン獲得に失敗した場合に、再び獲得へ動くのだろうか。

 

 

マディソンの取引に含まれた4名の若手選手

 

前述した通り、ジェームズ・マディソンに対してオファーを提示したと報じられたアーセナル。

弊ブログでは、そのオファーが現金+選手であることまで紹介していたのですが、その後の報道によって取引に含まれた選手が判明。

最初にオファーの存在を報じた「football london」のクリス・ウィートリー氏によれば、エディ・エンケティア、メイトランド・ナイルズ、リース・ネルソン、そしてジョー・ウィロックが取引に含める選手として提示されたとのこと。

しかし、今の所レスターは6000万ポンドと評価しているマディソンの放出に選手を含める予定はないそう。

アーセナルは今夏の移籍市場で7500万ポンド使っているため、6000万ポンドから少しでも価格を抑えられるよう努力しているという。

ウィロックが含まれていることが少々驚きだが、それならニューカッスルに買い取ってもらったほうが良い気もするが果たして。

 

 

エイブラハムはアタランタへ移籍?

 

チェルシーが新たなFW獲得に動いていることで、アーセナルが獲得に関心を示していると伝えられていたタミー・エイブラハム。

アーセナル以外にもアストン・ヴィラなども関心を示していたと伝えられていたが、最新の報道によるとイタリア移籍を選択するかもしれないとのこと。

イタリア「カルチョ・メルカート」によれば、セリエAのアタランタがエイブラハム獲得に関心を示しており、4000万ドルの移籍金を支払う用意がある模様。

どうやらアタランタは、ストライカーのドゥバン・サパタにインテル移籍の可能性が挙がっているようで、その代役としてエイブラハムを狙っているそう。

また、エイブラハムも自身の環境を変える意思があり、CL出場権のあるクラブでプレーしたい意向もあるという。

現在チェルシーはインテルに所属するロメル・ルカクの獲得に動いており、成立すればインテルがサパタを獲得し、アタランタがエイブラハム獲得という図式になりそうな予感。

 

 

ルナルソンはどうなる?

 

昨夏の移籍市場でアーセナルへ加わったものの、実力不足が露呈したことで今夏に退団が濃厚だと報じられていたアレックス・ルナルソン。

弊ブログは紹介していなかったのですが、先月頭に同選手はトルコのアルタイスポルへのレンタル移籍が迫っていると報じられていた。

しかし、先月末辺りにイギリス「Telegraph」が移籍が破綻したことを報告。そして、その後の報道によれば、移籍が近づいていたアルタイスポルは別の選手を獲得済みなんだとか。

そのため、現在ルナルソンの去就は不透明な状態に戻っているそうな。

どうなるのだろうか。。。

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

クリスタル・パレスがネルソンをレンタルで獲得へ?その他

ジェームズ・マディソン獲得に現金+選手のオファーを提示か?

ジャカとウィロックは残留濃厚。ネルソンをクリスタル・パレスが狙う?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です