アルトゥールがダメならセルジ・ロベルト?アルトゥール続報

本日も更新していきます!!!

 

 

 

アルトゥールがダメならセルジ・ロベルト?

 

現在ユベントスに所属するアルトゥールの獲得に迫っていると伝えられているアーセナル。

しかし、今の所ユベントスがアルトゥールの代わりを見つけられていないことで交渉がストップしているとされており、最悪の場合は移籍が取りやめになる可能性も。

そんな中、アーセナルはアルトゥールがダメだった場合の代わりになる選手をリストアップしているそうで、本日のスペイン「fichajes」によれば、その場合にバルセロナのセルジ・ロベルト獲得に動く可能性があるとのこと。

同メディアによれば、アーセナルのアルテタ監督がセルジ・ロベルトの大ファンだそうで、可能なら中盤の選択肢として獲得したい意向があるという。

また、ロベルトは現行契約がシーズン終了までとなっており、バルセロナのシャビ監督も同選手をそこまで高く評価していないそうで、そういった状況もこの噂を後押ししている模様。

しかし、ロベルトは中盤の他に右SBでもプレーできるユーティリティ性に長けた選手であり、右SBと中盤の控えを欲しているアーセナルにとって悪くないオプションになる。

それならナイルズを放出しなければ良いのにとも思うが、アーセナルはどういった結論を出すのだろうか。

 

 

ユベントスがアルトゥールのリプレイスをリストアップ?

 

現在アーセナル界隈で最も加熱した移籍話を提供してくれているユベントスのアルトゥール。

この移籍交渉はユベントスが代わりの選手を見つけられるかどうかとも伝えられているが、昨日の「Sky Italia」によれば、ユベントスはアルトゥールの代わりとなる選手をリストアップしたとのこと。

同メディアによれば、ユベントスはジェノアに所属するニコロ・ロヴェッラとボルシアMGに所属するデニス・ザカリアをアルトゥールのリプレイスに定めたという。

現在ユベントスはアルトゥールの代わりとなる中盤を探しているそうで、特に現行契約が今シーズン末までとなっているザカリアに強い関心を抱いていると伝えられている。

しかし、スポーツジャーナリストのファブリシオ・ロマーノ氏はユベントスがザカリアを高く評価していることは認めつつも、まだ交渉は開始していないとレポート。

https://twitter.com/FabrizioRomano/status/1483380393151582211

 

ユベントスがそのままザカリア獲得に動いてくれればありがたいが、まだ交渉すら行われていないとなればアルトゥールの移籍がまとまるとしても移籍市場の終盤になる可能性も。

現在シニアMFがロコンガしか起用できないアーセナルはできるだけ早い取引の合意を求めているだろうが、一筋縄ではいかない状況にある。

先日のレポートではレンタルバックさせたミゲル・アジーズをシニアチームで起用するアイデアがあるとも伝えられていたが、果たしてどうなるのだろうか。

ガーナ代表がAFCONで調子が悪いらしく、早ければバーンリー戦で復帰する可能性も噂されており、そうなればキツイ状況からは打破出来るかもしれない。

一刻も早い成り行きが求められる。。。

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ラカゼットが降格を恐れてニューカッスルからのオファーを拒否?

ユベントスがオーバメヤンをターゲットに?ヴラホヴィッチへ公式オファー?

曜日にアルトゥールがアッレグリと会議。移籍に前進するか?

アルトゥールがダメならセルジ・ロベルト?アルトゥール続報” への2件のフィードバック

  1. セルジロベルトは今季絶望っぽいので、ご勘弁頂きたいですね。
    中盤の補強にアルテタはあまり焦ってないのですかね?
    トップ4を狙うなら冬の補強は必須に思いますが・・・。

    1. セルジ・ロベルトは怪我しているのですね!知らなかったです!
      中盤補強は必須です!ただ、ヴラホヴィッチ獲得を先に進めているんでしょうか。
      なんにせよ、どのクラブもお金がないので動きが停滞しがちですね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です