アルテタ監督が求めているカルバート・ルーウィンについて

本日も更新していきます!!!

 

今回は昨日の「football london」で、『アルテタ監督が求めているカルバート・ルーウィンについて』なる記事があったので、そちらをご紹介します。

 

はじめに

 

アレクサンドル・ラカゼットが来夏にクラブを去る予定であり、同時にピエール・エメリック・オーバメヤンが33歳になることで、アーセナルが新シーズンに先んじて新たに前線の選手を加えることは確実。

そして、このところエヴァートンのドミニク・カルバート・ルーウィンがアーセナルの最大のターゲットだと示唆する報道が増えている。

この24歳になるストライカーは2025年までグティソンパークでの契約を結んでいる。つまり、彼の移籍金は安くはない。

しかし、トフィーズの過去数年間の支出によって、FFPの観点から彼らはあまり動けない。

この制約を緩和するために、マージーサイドは彼らのチームの中から少なくとも1人売却する可能性が高い。そして、それはアーセナルが利益を受けるポイントとなる。

 

 

カルバート・ルーウィンについて

 

2016年にトフィーズと契約して以来、カルバート・ルーウィンは着実に成長し、トップでバランスの取れたセンターフォワードに成長している。

現在彼は9月から続く怪我からのリハビリに励んでいるが、彼が注目を浴びたのは昨シーズンの傑出したパフォーマンスであり、恐らくその際にミケル・アルテタが目をつけた。

イングランド代表にも選出されている彼はトータルで21ゴールを決め、そのうち16ゴールをリーグ戦で決めた。そして、驚くべきポイントが彼はその得点の中にPKからの得点がないこと。

したがって、PKがない場合には、ハリー・ケインの19ゴールが彼よりも良かった数字である。

しかし、ハリー・ケインは90分辺り約3.9回シュートを放っているのに対し、カルバート・ルーウィンは約2.5回と、遥かに高いシュート精度を持っている。

 

強み

彼の最も有望な攻撃資産の1つが空中戦での脅威。

彼は6フィート2インチの長身があり、これは昨シーズンのヨーロッパのトップ5リーグで2番目に多いヘディングからのシュートを決めるのに役立った。

アーセナルは昨シーズン、リーグで3番目に多いクロスを放ったが、これはカルバート・ルーウィンのためかもしれない。

また、彼は印象的なゴールスコアリングに加え、ハードワークが出来る。彼は自分たちがボールを保持していない時に相手ディフェンダーをプッシュすることをいとわない。

そして、彼は非常に巧みなリンクアッププレーも出来る。現在アーセナルにはスミス・ロウやブカヨ・サカのような攻撃的なプロファイルに秀でいている選手が存在しているが、カルバート・ルーウィンが彼らのターゲットマンとして動き、短いパスをフリックして交換するなど出来る。非常にエキサイティング。

 

弱み

彼はまだ自身の最高の状態を迎えていない。そのため、彼は試合のいくつかの部分で成熟していないところがある。

彼はこれまでPLでの☓Gが50.34なのに対し、ここまで43ゴールしか決められていないということは、彼のフィニッシュにはまだ改善の余地があることを示している。

 

ただ、それでも彼の年齢、国籍、現在の能力、潜在的な能力を考えると、アーセナルが彼をリストの上位に位置しているかわかる。

 

以上。

いかがだったでしょうか?

マンチェスターU戦の際に、アーセナルはあまり前線でタメを作れていなかったのだが、彼を獲得できればそういった面も良くなるはず。

僕は昨日のチェルシー対ウエストハム戦を見ていたのだが、ウエストハムは劣勢な時間でもアントニオが前線でタメを作ってくれていて、ああいったパワーがアーセナルにはないなあと感じたので、さらにカルバート・ルーウィンが欲しいと思った次第。

とはいえ、すぐに獲得は出来ないだろうし、まだ獲得できるかもわからないので、当面はオーバメヤンにもっと多くのことを求めて行きたい!!!

 

カルバート・ルーウィンのプレースタイル等↓

プレー集↓

 

 

元記事はこちら→Dominic Calvert-Lewin has one key trait that makes him Mikel Arteta’s dream Arsenal transfer

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

アーセナルのトップターゲットはカルバート・ルーウィンとJ・デイヴィッド?

こんな負け方は本当にムカつく。アーセナル試合レポート

ラカゼットはPL残留を望む?ガビゴルはPL移籍が好み?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。