アトレティコ・マドリーがラカゼットへの関心を再燃?若手が武者修行へ

本日も更新していきます!!!

 

 

 

ラカゼットを売却対象に

 

現行契約が残り1年となることで、今夏の去就について様々な報道がされてきたアレクサンドル・ラカゼット。

昨シーズン終盤はアルテタ監督の要望に答えられるCFとして、重要な試合で起用されるケースが目立っていたのだが、前述した通り残り契約が1年ということで、今夏に退団するのか来夏にフリーで退団するのかが気になるところだった。

そんな中、先日のイギリス「miror」が、アーセナルは今夏にラカゼットを売却してチェルシーに所属するタミー・エイブラハム獲得に動くと報道。

さらに、1500万ポンドの移籍金を提示されれば、ラカゼットを売却する用意があるとも。

また、同メディアによれば、現在移籍交渉が行われていると報じられているエクトル・ベジェリンも、予定通り今夏の移籍市場で売却し、彼らの移籍金でタミー・エイブラハム獲得へ動く予定だという。

ラカゼットは加入以降コンスタントに得点を重ねていながらも、30歳という年齢や、高給がネックとなっていたため、クラブは維持できないと考えたのではないだろうか。

しかし、現地メディアの報道によれば、アーセナルはエイブラハムに対し、週給12万ポンドを支払うつもりがあるとも報じられており、ラカゼットよりかは安いかもしれないが、そこまでの金額を出すレベルなのかはなんとも。。。

どうなるのだろうか!!!

 

アトレティコ・マドリーが関心を再燃?

改めてアーセナルが放出する意向があると報じられたラカゼットだが、「カルチョメルカート」によれば、アトレティコ・マドリーがラカゼットの獲得へ動く可能性があるとのこと。

同クラブは、今夏の移籍市場でルイス・スアレスのパートナーとなる選手を探しており、1500万ポンドで獲得できるのであればラカゼットにその役割を任せようとしている模様。

当初はバルセロナとサウール・ニゲスとアントワーヌ・グリーズマンのスワップで賄おうと考えていたようだが、現在バルセロナとの交渉は止まっている。

アトレティコ・マドリーは以前もラカゼット獲得に動いた事があり、同選手のことを高く評価しているそうな。

同メディアは、移籍最終日まで何が起こるのかわからないとしている。

また、同じくラカゼットに関心を示していたセビージャとローマは別のターゲットに注目しているとのこと。

契約最終年とはいえ、毎シーズン2桁得点を記録しているストライカーをジャカやベジェリン以下の金額で売却するつもりだなんて。。。と個人的に思っております。。。

 

 

若手2選手がレンタル移籍へ

 

本日、若手2選手のレンタル移籍が発表された!

レンタルするのは、昨シーズンから期待の声が高かったニコライ・モラーに加え、GKのデヤン・イリエフ。

モラーがドイツ3部のヴィクトリア・ケルン、イリエフがスロバキアリーグのSKFセレドにそれぞれシーズンレンタルする。

 

https://twitter.com/ArsenalAcademy/status/1419644239982510085

https://twitter.com/ArsenalAcademy/status/1419674462870458371

 

成長してきてほしいですね!

特にモラーはNEXTイブラヒモビッチと言われている逸材なので、結果を残してエイブラハムが必要ないくらいになってほしいところ!!!

 

 

ローマはジャカが欲しい

 

すでにASローマと個人合意まで済ませていながら、移籍金の額が折り合わずに交渉が止まっているグラニト・ジャカ。

ジャカ自身はローマへの移籍を熱望していると伝えられており、クラブにも移籍を志願したそうだが、ローマがあ0セナルの望む2000万ユーロの移籍金を提示していないために交渉が止まっている。

そんな中、本日のイタリア「ガゼッタ・デッロ・スポルト」によれば、ローマのティアゴ・ピントGMはジャカ獲得を早く合意したいと考えているが、獲得のためにもう少しオファーを増額しなければならないことを理解しているとのこと。

わかっているのであれば、さっさと増額して欲しいところだが、もう少し時間がかかりそうな予感。

最近はジャカがもう1シーズン残留する可能性も報じられており、一体どうなるのだろうか。

 

 

ウーデゴールがレアル退団の可能性で獲得へ?

 

昨日、弊ブログでも紹介したウーデゴールが一転してレアル・マドリーから退団する可能性について続報。

ついさっきの報道によれば、現在ウーデゴールは退団の可能性がかなり高まってきている模様。

https://twitter.com/RMadridistaReal/status/1419926347829420035

 

ウーデゴールの夢はマドリードで成功することでしたが、彼はアーセナルに戻ることを考えています。選手の周辺もクラブも彼の出発を除外しない。

 

とのこと。

また、スペイン「sport」によれば、どうやら先日行われたレアル・マドリー対レンジャーズのフレンドリーマッチでウーデゴールのプレーが酷かったことから退団の可能性が高まった模様。

そして、フロント陣はウーデゴールのプレーがレアル・マドリーに合わないのでは?といった疑問が生じているという。

プレシーズンが始まる前はレアル・マドリーで今シーズンプレーすると考えられていたが、もしかすると昨シーズン後半に好プレーを見せたアーセナルに戻ってくるかもしれない。

ウーデゴールの移籍金は3500万ユーロほどと予想されており、リストの上位にいるジェームズ・マディソンよりもはるかに安いオプションだが果たして。

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

将来的な戦力としてポルトガルの若手ウインガー獲得へ?

新たにMFを追加する可能性?今週末にもベン・ホワイト獲得完了か?

ニューカッスルがナイルズにも関心か?マディソンは移籍にオープン?

アトレティコ・マドリーがラカゼットへの関心を再燃?若手が武者修行へ” への2件のフィードバック

  1. kenさんはエイブラハム獲得は反対派ですか? 私は今のアーセナルって両翼から高精度のクロスを上げられる選手多いので、アリではと思ってます。昔のようにパスつなぎまくって敵の足を止めて楽々ゴールみたいなのもまた見たいですけど、開始数分でホワイトからティアニーへのロングフィード、ティアニーからエイブラハムへの高速クロスでズドーンっていう得点パターンもほしいなぁと。
    もちろんエイブラハムが絶対ってわけではなく、カルバートルーウィンでも良いんですけど。笑
    ただ、どっちにしても放出が先ですね。
    ※連日のコメントすいません。

    1. comaさんの仰るとおり、僕も背の高いクロスに対応出来る選手が居るといいなあと思います!
      ただ、エイブラハムに若干ウェルベックの影がちらつくというか、、(笑)完全にトラウマなだけです。。。
      欲を言えば、全盛期のジエゴ・コスタのようなパワフルなタイプが好ましいかと!

      コメントありがたいですよ!!いつでも待ってます!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です