どうやら10人になるのが好きみたいなようだ。アーセナル試合レポート

本日も更新していきます!!!

 

 

今回は、本日明朝に行われたPL第24節アーセナル対ウルブスの一戦をレポートしていきます!

※このレポートは試合結果を伴うものとなっております。お気をつけくださいませ。

 

スターティングメンバー

 

まずはスターティングメンバーから!

 

アーセナル:4-2-3-1

アーセナルは4-2-3-1の布陣!

ディフェンスラインは左からティアニー、ガブリエル、ホワイト、セドリック。

中盤はパーティとジャカが組み、2列目中央にウーデゴール、右にサカ、左にマルティネリ。トップにはラカゼットが起用された。

前日会見で富安がフルトレーニングに復帰したことを明かしていたこともあり、彼の復帰も期待されていたが、今回の試合には間に合わず右SBにはセドリックが起用されている。

その他はフルメンバーで、サブもスミス・ロウやぺぺ、AFCONから復帰したエルネニーも入っており、中断前の選手層と比べると顔ぶれは戻っている。

また、今回の試合に先立ったPCR検査にてレノが陽性判定を受けたため欠場している。

 

ウルブス:3-4-3

ウルブスは3-4-3の布陣。

シーズンが中断する最後の5試合で4勝を挙げているウルブスは基本フォーメーションの3-4-3の布陣。

注意すべき選手が各ポジションに居るため、注意が必要。特に気をつけなければいけないのがトップに起用されているラウール・ヒメネス。

彼は空中戦に強いだけでなく、味方の使い方も上手な選手で、アーセナルのディフェンス陣が翻弄されないようにしなければならない。

また、中盤のルベン・ネヴェスにも注意が必要。チームの核であり、彼にパスを散らせないように上手くプレスを掛ける必要がある。

 

 

試合内容

 

直近のFAカップでは敗退したものの、リーグ戦では5戦負けなしで3連勝中のウォルヴァーハンプトンに対し、公式戦5試合勝利がないアーセナルは立ち上がりからボールを保持するものの、ウォルヴァーハンプトンの鋭いカウンターに手を焼く。

公式戦4試合連続無得点という得点力不足も気になるアーセナルは思うようにシュートチャンスが作れず、拮抗した展開が続く中、25分に試合が動く。

マルティネッリの左CKはDFがクリアするが、エリア内左のホワイトが頭で折り返し、ゴール前でラカゼットが押し込むもGKジョゼ・サーと接触。こぼれ球をガブリエウが押し込み、アーセナルが先制する。

先制したアーセナルは畳み掛けたいところだが、好調のウォルヴァーハンプトンもポデンセを中心にアーセナルゴールへと迫る。

1点リードで後半を迎えたアーセナルは追加点を狙いに行くが、1点を追うウォルヴァーハンプトンも縦に速い攻撃でアーセナルゴールを脅かす。

追加点が欲しいアーセナルは68分、ウーデゴールを下げてスミス・ロウを投入。

しかし直後の70分、マルティネッリが相手のスローインを腕で妨害し、そのままボールを追いかけて後ろから倒してしまう。この一連のプレーに対し、主審はイエローカードを2度提示してレッドカードを掲げ、アーセナルは10人での戦いを余儀なくされた。

数的不利となったアーセナルだが、直後に決定機。

72分、スルーパスに抜け出したラカゼットがGKジョゼ・サーと1対1を迎えるが、この決定機はゴール右へと外してしまう。

数的優位を得たウォルヴァーハンプトンは猛攻を仕掛け、アーセナルはサカを下げてホールディングを投入し、ゴール前を固めて逃げ切りを図る。

アディショナルタイムの5分間も攻め続けたウォルヴァーハンプトンの猛攻を全員守備でしのぎ切ったアーセナルが、公式戦6試合ぶりとなる勝利を手にした。

 

簡単なスタッツ等↓

今回の試合、終盤20分を10人で戦ったことでギリギリの戦いな感じがしたが、☓G的には妥当な勝利だったみたい!

ラカゼットが決めてくれていれば…

 

 

昨シーズンのリベンジ成功!

 

昨シーズン、『アルテタ監督が就任して以降で最高の前半』と絶賛された直後にD・ルイスの退場が響いて逆転負けしたアウェイ・ウルブス戦。

なんともなんと、今回の試合も10人になってしまったものの、一応はリベンジに成功した!

しかもウルブスは同じ消化試合数で勝ち点2差と、地味に重要なシックスポインターだったわけで、今日の勝利はシーズン後半戦の滑り出しとしてとても良かったのでは!

しかし、彼らは直近のリーグ戦5試合で4勝していて、その理由が納得できるほど洗練されていた。

アーセナルがサイドアタッカーを自由にしないようにその起点になるラカゼットとウーデゴールを徹底的に潰すという、一見シンプルに見えるが1番効くツボを抑えてきた。

そして、攻撃時もラウール・ヒメネスがキープしたボールをサイドに広げて中央にクロスを上げるというパターンが構築されていた。セットプレーもしっかりボールに合わせて選手がやってくるので見ていてヒヤヒヤした。

が、そんな相手に勝ちきったことは非常に良かった!!!嬉しい!!!

 

 

相変わらずの10人試合

 

次はお前か!と言わんばかりのアーセナル。今シーズンは退場の記録作れるんじゃないか!?(泣)

今回は攻守に走り回っていたマルティネリの退場で、退場になった場面は若さというか、苛立ちが表面に出てしまったという感じ。。。

ただ、アルテタ監督が憤っていたのは、1つ目のイエローカードに該当したシチュエーションを流したのはマイケル・オリヴァー主審だったのだから、2枚目に該当するプレーは本来であればなかったプレーだったんじゃないか?ということかなと推測。

僕もそう感じたし、マルティネリもイエローもらうだろうなという表情だっただけに、異例のレッドカードだったことは明らか。DAZNの解説もびっくりしていた。

ただ、マルティネリも思わずカッとなって苛立ちが表面に出てしまったことは反省しなければならない。どちらのプレーも必要のないプレーだった。

年始に行われたマンチェスターC戦でガブリエルがレッドカードを貰った時もそうだが、ああいったシチュエーションで表面的な行いを起こさないよう自己管理できるようにならなければ。ジャカじゃないんだから←

今年はレッドカードがゴール数を上回っているそうで。

 

 

ここ数シーズンにない形の勝利

 

こういった勝利はここ数シーズン見ていなかった勝利ではないかと!

苦しい時間が長い中、セットプレーからの得点を最後まで守りきって勝ち点3を手にするなんて、10年前のアーセナルを考えるとまるで考えられなかった勝利の形。

ただ、やはりこういった勝利を積み重ねることは非常に重要で、同一リーグのマンチェスターCやリヴァプールだけでなく、レアル・マドリーやバイエルン・ミュンヘンなんかもこのような泥臭い勝ちを沢山得ている。

今日の試合はアーセナルがそういった勝ちに貪欲なクラブに片足を踏み込んでいる姿を垣間見たような気がした。褒め過ぎかな?笑

ただ、アーセナル通のジャーナリスト達も今日の勝利を『Big Win!』と捉えているので、僕だけの気持ちではないと思う!!!

毎試合レポートを書き連ねているので、過去に自分がどんなことを言っていたかなんてほとんど覚えてやしないが、とにかく!今日のような勝利は重要だと感じた次第です!!!

 

成長するガブリエル

中でも今日の勝利の要因となったのが大きい方のガブリエル。

唯一のゴールも決めてくれて、ラカゼットが決めていればアシストも付いていた可能性すら。

https://twitter.com/Gunnersc0m/status/1491890545706287106

 

堂々のマン・オブ・ザ・マッチである!!!

彼とホワイトのCBコンビは非常に素晴らしく、補完性もある!近い将来どちらかがキャプテンを努めているかも!

ちなみに途中出場したホールディングも素晴らしいプレーを見せており、中々のスタッツを残している。

CBに熾烈な争いがあるのは良いことですね

 

 

ストライカーの不在

 

試合終了後、今日の勝利が重要だったということの次に挙がっていたのがこの話題。

ラカゼットは匠で、チームが押されている時間にファウルを貰って時間を作ったりと、チームに従事してくれる非常にテクニカルなベテランストライカーなのだが、やはりゴールが寂しい。

ディフェンス面がかなり充実してきたアーセナルが次のステップを踏むために必要なポジションであることは明白。

よりスケールのデカいストライカーが必要であることが再認識された試合でもあった。

途中出場のエンケティアも10人だったことを踏まえても良いところを見せられず、それなら独力で突破できる可能性があるぺぺを見たかったなとも思ったり。

この部分はクラブ内のオプションがないので、夏まで待つことになるのだが。。。

 

 

その他

 

その他思ったことを箇条書きで

 

  • ジャカの手癖
  • セドリックが安定してた
  • ホールディングはディフェンス時の空中戦頼りになる
  • ウルブスのブルーノ・ラージ監督は若手落語家に居そう
  • モモ裏を気にしていたガブリエル。大丈夫?
  • ホワイトの安定感
  • スミス・ロウは11人の時に見たかった
  • ラカゼットとアルテタ監督は交代時に何話していたのだろう

 

こんなところ?

ジャカの手癖に関しては治りようがない感じなので、ストライカーだけでなく、早くこちらの問題も対処出来たら嬉しい。

ルベン・ネヴェスはとても良い選手だったので、かっさらってくれ!笑

ちなみにレスターが今夏にティーレマンスを3500万ポンドの移籍金を貰えれば退団を容認する構えとかで、彼の獲得に向かってほしいという声も!僕はルベン・ネヴェス推し!

 

そして、今日の結果によりアーセナルは5位に浮上!

前後に位置しているウエストハムとマンチェスターUは、それぞれ2試合と1試合消化試合が多いので実質アーセナルがトップ4みたいなもの。

後はお隣がアーセナルよりも消化試合が1試合少ない状態で3ポイント差なので、その辺りがどう転ぶかも重要。延期になったNLDは絶対勝たなきゃならない。

と、まあまあそんな所でアーセナルは結構良いポジションにつけている!

 

次は20日の日曜日にホームでブレントフォード戦。開幕戦は手こずったが、こんかいは負けないぞ!

それでは!

 

COYG!!!

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ラカゼットが将来的なキャプテン候補4名を指名。イサク獲得の条件

新たな2ndGKマット・ターナーの獲得が合意。契約条件詳細等々…

今夏の移籍市場で退団に近づいているミッドフィルダー5選

どうやら10人になるのが好きみたいなようだ。アーセナル試合レポート” への4件のフィードバック

  1. 本当にウルブスは強かったですね。
    69分過ぎからは、心臓が止まりそうなシーンの連発でしたよw
    この勝利はいろんな意味でデカい!!
    ネヴェスは絶対に欲しい選手ですね!
    今日の試合でもかなり脅威でした。

    1. 同じくヒヤヒヤして見ていました(泣)
      でも本当に大きな勝利ですよね!!!
      ネヴェスの能力は非常に高いです!あれだけ展開力があって、ディフェンス時に上手に体が張れる選手はそう居ないです!

  2. 人によっては批判的なことを言う方もいますが、あの高精度なキックは痺れます!(守備もいい)
    去年からリンクされてますし、もはやチームメイトだと思って見てましたw

    1. 僕も彼がアーセナルでプレーしている姿を想像しながら観てました!笑
      早くアーセナルでみたいですね!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です