『Dead Line Day』残り21時間時点でのアーセナル移籍ニュース

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

新型コロナウイルスの影響で伸びていた移籍期間も残り1日。

毎年『Dead Line Day』には、いくつかのクラブがサプライズ補強を行っており、今日になって動き出す話も出てくるはず。

今回は、すでにトップターゲットと言われていたフセム・アワール獲得に失敗しているアーセナルの現時点での最新情報を更新していきます!

 

 

グエンドウジがヘルタ・ベルリンへレンタル

 

今シーズン、ファーストチームのトレーニングには復帰していたものの、依然として試合には出場していなかったグエンドウジが噂通りレンタルで移籍する模様。

Goal.com」によれば、グエンドウジはブンデスリーガに所属するヘルタ・ベルリンへとレンタル移籍する模様。

この移籍は1年間のレンタルのみで、買取OP等は含まれてないそう。

グエンドウジは2ヶ月前に一度ヘルタ・ベルリンからのオファーを拒否していたそうだが、今シーズンはアーセナルでのチャンスが見込めないと判断し、ドイツ移籍を決断したとのこと。

ファーストチームのトレーニングに復帰後、アルテタ監督は『グエンドウジとの関係が修復した』と語っていたが、ここで退団することとなった。

また、同選手の契約は残り2年であるため、残り契約が1年となるレンタル終了後の売却が予想されている。

グッバイ、グエンドウジ。

 

 

トレイラ移籍が間もなく正式発表か?

 

昨日当ブログでも紹介したように、すでに買取OP付きのレンタル移籍でアトレティコ・マドリー移籍が合意済みと伝えられているトレイラ。

移籍完了には、給与制限の問題からアトレティコ・マドリーが選手を1人放出しなければならず、トマ・レマールかエクトル・エレーラの退団待ちという状況であった。

しかし、数時間前にスポーツジャーナリストのファブリシオ・ロマーノ氏が伝えたところによれば、アトレティコ・マドリーはニコラ・カリニッチをセリエAのエラス・ヴェローナに完全移籍で移籍することに合意した模様。

同選手もトレイラ移籍が完了させるための放出候補だったそうで、この移籍によってトレイラの獲得がおおよそ確定したとのこと。

同じ時期にアーセナルへ加わったトレイラとグエンドウジだが、奇しくも同じタイミングでの退団となった。

 

 

サリバはフラムへ?

 

今夏の移籍市場でアーセナルが思うようにディフェンス陣の整理が出来なかったことで、出場機会の減少が見込まれることから、今シーズンもレンタル移籍することが濃厚となっているウィリアム・サリバ。

イギリス紙「Sun」によれば、現時点でフラムへのレンタル移籍が最も近い模様。

今シーズン2部から昇格してきたフラムは、以前からCB補強に取り組んでいることが報じられており、過去にはソクラテスにもオファーいていたとも(ソクラテスが拒否)

また、同紙の見解ではアーセナルもプレミアリーグに馴染ませるため、国内へのレンタルを好むのでは?とも。

多くのファンから期待されているサリバ。アーセナルでのプレーは来シーズン以降になりそう。

将来、ガブリエルとサリバでCBを組んでほしいところ

 

 

現時点でのめぼしい情報はこんなところ。

現在、イギリスの現地時間が午前4時。

例年通りであれば、現地時間の昼頃にいくつかの移籍情報が更新されるはず。

本日、続報が入り次第随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

交渉終了?アワール獲得失敗か。アーセナル移籍ニュース

トレイラのアトレティ移籍とウィリアム・サリバの再レンタルの動き

獲得期限の金曜日。アワール獲得なるか!?アーセナル移籍ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です