「The Athletic」がアーセナルの今夏の動きをレポート

本日も更新していきます!!!

 

 

 

「The Athletic」がアーセナルの今夏の動きをレポート

 

今夏の移籍市場で大幅なオーバーホールを予定しているアーセナル。

すでにいくつかの取引の報道が連日されているが、「TheAtheletic」がどのような動きをしているのかを報道。

同メディアによる、今夏のアーセナルのやることリストがこちら↓

 

  1. ウーデゴールがNo.1ターゲット
  2. サリバは戻ってからのトレーニングで評価
  3. クンデよりもタプソバ獲得に動くくかも
  4. 両サイドバック補強
  5. GKはHG優先?

 

といった感じらしい。

ちなみに、噂されているクンデやタプソバ獲得に動くのかどうかは、サリバが今夏の時点でどれだけやれるかを見てからになる模様。

また、去就が未だ不明となっているラカゼットとエンケティアの状況次第でFWの補強に動く可能性があるそだうが、CFでプレー出来るマルティネリやバロガンの存在が事態をややこしくさせてしまっているそうな。

今後の報道が楽しみである。

 

 

グエンドウジのマルセイユ移籍に進展?

 

昨シーズン途中にアルテタ監督と決別したことで、来シーズン以降も構想外になることが濃厚なマッテオ・グエンドウジ。

彼にはフランスのマルセイユが関心を示していると伝えられていたのだが、どうやらその噂に進展があった模様。

FOOTMERCATO」によれば、マルセイユはここ数週間の間ずっとグエンドウジの獲得に関心を持ち続けているとのこと。

すでにマルセイユはグエンドウジと会話をしており、グエンドウジを来シーズンのチームの中心に据えることを伝えたそうな。そして、グエンドウジはそのことをとても気に入っているのだとか。

また、フランス「GFFN」によれば、マルセイユはすでにアーセナルへグエンドウジのレンタル移籍を提案s似たそうだが、アーセナルはそれを断り、今夏の完全移籍を望んでいると伝えた模様。

そのため、マルセイユは完全移籍での獲得にシフトしたそうなのだが、現時点で用意している金額が800万ユーロだそうで、アーセナルはその2倍の金額を求める予定なのだとか。

ちなみにグエンドウジはかなり多くのクラブから引き合いの声が挙がっているようで、ビジャレアル、ブライトン、バレンシア、レアル・ベティス、セビージャなどが関心を抱いているとのこと。

グエンドウジは今シーズン終盤に負った怪我の影響で、9月まで戦列を離れることが決定しているのだが、将来性のある同選手に関心を示すクラブは多くいる模様。出来るだけ高く売却して欲しい。

 

 

ロカテッリ獲得の可能性も

 

前述したグエンドウジや、連日ローマ移籍の話題で持ちきりのジャカが退団に近づいていることで中盤の補強が必須なアーセナル。

補強候補にはイヴ・ビスマやサンダー・ベルゲらの名前が挙がっているのだが、以前関心を示していた選手に改めて関心を抱いている模様。

Webメディア「Fresh arsenal」によれば、アーセナルはジャカの後釜としてサッスオーロのマヌエル・ロカテッリ獲得に関心を抱いているとのこと。これは同メディアの情報筋からの話なんだとか。

しかし、同選手にはマンチェスターCやユベントスも関心を示していると伝えられており、獲得に向かったとしてもかなりの争奪戦になることが予想されている。

現時点でジャカが去った場合の有力な後釜候補の情報が出ていないが、ロカテッリはリストアップされている模様。

果たしてどうなるのか。

 

 

ヴォルフスブルグのウインガーに興味?

 

今夏の移籍市場でウィリアンが去る予定と噂されていることで、もしかすると新たなサイドアタッカー獲得が必要かもしれないアーセナル。

ドイツ「Bild」によれば、アーセナルはヴォルフスブルグに所属するヨシプ・ブレカロに関心を抱いているそうで、ヴォルフスブルグは同選手に最低1300万ポンドの値をつけているとのこと。

同選手は今シーズンリーグ戦に29試合出場して7ゴール3アシストを記録した成長中の選手で、アーセナル以外にもエヴァートンやリーズが獲得に関心を示しているのだとか。

前述した通り、恐らくアーセナルはウィリアンが退団した場合のサイドの控え候補として関心を示している可能性が高く、そのために十分獲得の可能性はある。

ブレカロはまだ22歳と若く、将来性もあるため、仮に報じられている1300万ポンドで獲得できるのであれば獲得のハードルも低いはず。

今夏にラカゼットとエンケティアを売却して、マルティネリを来シーズンの控えCFにするのであれば若く優秀なサイドアタッカーが増えても問題ない気がする。

続報が待たれる。

ブレカロのプレー集↓

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ローマが提示したのは1500万ユーロ+ボーナス?ジャカの話の続き

モウリーニョの依頼でASローマがジャカ獲得へ動く?2500万ユーロ!?

パーティの相方にはビスマよりも適任者がいる?3500万ポンドで獲得可能?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です