プレミアリーグ4位生き残り有馬記念〜CL権はどこが手にするのかその2〜

前回の記事の続きです

 

 

タイトルにあるように今シーズン最終的に4位以内を確保するチームはどこになるのかという話なわけですが、その候補になっている5チームがこちら

 

・チェルシー

・トッテナム

・マンチェスターU

・アーセナル

・ウォルバーハンプトン(通称ウルブス)

 

前回の記事では4位以内に入ってくることが1番現実的なチェルシーと対抗馬になるであろうトッテナムについて書きました。

今回はその他のチームについて書いていこうと思います

 

 

マンチェスターU

 

現在6勝4敗7分の勝ち点25で6位

シーズン初戦でチェルシー相手に大勝して始まった今シーズンだったが、早々にマルシャルやポグバが故障したことと点を取り切れない試合が続いた結果序盤戦に多くの勝ち点を失ってしまったマンチェスターU

今シーズンが始まってすぐぐらいに書いていた記事でマンチェスターUはチームとしてやりたいことはわかりやすいから冬にFW取ればいけるんちゃう?的な記事を書いていたのですが、それよりも早くマルシャル復帰後からチーム状態が復調の傾向がありますね

恐らくマンチェスターUは冬に補強を行うと思われるので、連れてくる選手によってはかなり怖いチームになりそうです

ポグバに関しては来夏早ければ冬にはレアル・マドリーに移籍するのでは?なんて言われていますが、他チームからすれば移籍したとしても残ってもどっちにしろやっかいですね…

もちろんポグバの存在は怖いですし、仮に移籍したとしてもかなりの移籍金を残すはずなのでそこからの補強選手にどんな選手が来るかというところでも怖いですね

マンチェスターUが怖いところは今シーズン大一番にすごく強いところですね

こういったところは後々響いてくるので、シーズン終盤のビックマッチで1番怖い存在になりそうです

 

 

アーセナル

 

現在5勝5敗7分の勝ち点22で10位

現実的に考えれば、ここから4位以内でフィニッシュするにはかなり厳しいです

勝ち点だけで見たら7ポイントしか離れてないのでチャンスはあるのですが、チーム状態が最悪な状態にあるアーセナルはこのレースで分が悪いかと

仮にここから持ち直して、最終的に勝ち点70近く持ってくることができたとしたらもしかしたらといったところですかね

アーセナルサポとしてはかなり胸が痛いですが、僅かな可能性にかけて今シーズン見守る所存です。。。

エメリを解任してリュンベリを暫定監督にしましたが、特にチームとして改善はできませんでした

早急に新監督を連れてくることが望まれていたアーセナルに、まだオフィシャルではアナウンスされてはいませんが、どうやらOBでマンチェスターCのアシスタントコーチを務めていたアルテタが就任する模様。

ここからどうなってくるかは全くの未定で予測できないがシーズンが終わる頃には4位争いに食い込んでくれていると信じている

現段階ではダークホース的な存在

 

 

ウォルバーハンプトン(通称ウルブス)

 

現在5勝3敗9分の勝ち点24で8位

アーセナルとは違い状態が良い方のダークホース的存在(笑)

躍進した昨シーズンと違い、今シーズンはプレミアリーグとELの並行で戦っているため、疲労からどちらかの戦いがおろそかになるのではと考えていたがそんなことなかった

もちろん昨シーズンに比べれば疲れの見える試合もあり、結果引き分けになってしまう試合も数試合あったがチームの自力があることは見えた

ウルブスの良い点はチームのキープレイヤーに故障が少ないこと

キツイ時間帯や厳しい試合でそういった選手がいるのといないのでは話にならないので(特に今シーズンのプレミアでは)ここまで結果がついてきてくれているのはそういった背景もあるはず。

さてここからのシーズンだがビッククラブ相手にも勝ち点を取ることが出来るウルブスは4位以内に入ってきてもおかしくないと思う

しかし先程言ったようにキープレイヤーに負傷者が出ない場合かなと

あとは年末年始の過酷なスケジュールと来年以降のカップ戦が増える時期にどれだけ勝ち点を積んでおけるかがシーズン終盤で生きてくるはず

 

 

レスター含めビック6以外のチームにも目が離せないプレミアリーグ

あなたは最終的にどのチームがCL権を手にしていると思いますか??

 

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です