アーセナルvsマンチェスターU~試合を終えて~

 

 

両チームともに賛否両論の否が多かったように感じる1戦でしたが、

皆さんはどのように感じたでしょうか?

ちなみにですが、、当ブログでは僕の私見をもとに(笑)試合内容などを書いていきます

 

僕はアーセナルの記事を書く際にあらかじめ色んなブロガーの方や

ネットニュースになったものを資料として漁ってから書いていますので、

既視感がある言葉遣い等ございましたら、優しく叱責くださいませ。

あくまでリスペクトです。。悪気はございません。。。

アーセナルの試合に限ったことなので、

他チームの際は私見とネットニュースから構成しますので、ご安心を!

 

それでは試合について書いていきたいと思います

 

スターティングメンバー

 

 

 

この試合のスターティングメンバー

ケガでリスクをかけられないと話していた、ラッシュフォードとポグバがメンバーイン

出場濃厚だと思われていたライトバックのワンビサカがアウト

早朝に眠たい目をこすりながらメンバー表を見た僕はびっくり(笑)

アーセナルは大方の予想通りなメンバー

先日、クラブが今冬に移籍させることを決めたと言われていたエジルがベンチ外

エメリが解任されるか、考えが変わらない限りELとリーグカップでの起用になるかと

 

試合内容(前半)

 

 

DAZNで見ていたのですが、

解説をしていたベンさんの言う通り、基本的に両チームともカウンターを狙うスタイル

マンチェスターUはジェームスがボールを持てばドリブル突破を試み、序盤はチェンバースも

手を焼いていた印象。開始早々にイエローカードもらった時は前節のAMNを思い出した(笑)

前半は両チームともにミスも多くなんだかピリッとしない展開で

両チームのファンもヤキモキするようなプレーに終始

 

しかし前半終盤にペペからサカへのパスが通りカウンター

デヘアが弾いたボールをさらにグエンドウジがシュートするもこれもデヘアがセーブ

このプレーが前半ラストのビックプレーかと思いきや、

前半終了間際にマクトミネイのロングシュートがゴール左端に

アーセナル側はカウンターを凌いだと思った矢先の出来事でした。

ソクラテスが最低限のコースカットはしていたもののゴール。レノはノーチャンスでした。

 

マンチェスターU側の掲示板やブログはすべてを確認できていないのですが、

このゴールが決まる直前のマンチェスターUのカウンターアタックが個人的な見解では、

ファギー時代の雰囲気があったように感じました。

OGSのイメージしているサッカー自体は悪くないのではと勝手に解釈

足りていないのは選手個人のクオリティとコンディション

ランパードのチェルシーのようにやりたいサッカーが見てわかるようになったら怖いですね

 

試合内容(後半)

 

 

言い方悪いですが、後半は前半の続きのようなプレーに終始

しかし低調な前半を過ごしたポグバにやっとエンジンがかかっていました。

アーセナルはときおりサカのいる左サイドからチャンスを作るものの

マンチェスターUのディフェンス陣がしっかりと対応してノーチャンス

エジルのようなクリエイターがいないアーセナルにとって悩ましい展開

 

後半少し過ぎたところでトレイラと交代でセバーヨスがイン

セバーヨスとグエンドウジがチャンスを作ることを試みるも

この試合アーセナルはディフェンス面に重きをおいていたのか慎重な姿勢を崩さず

点を取るイメージができないところにビックチャンス

バックラインでトゥアンゼベがパスミス、これに反応したサカが

オーバメヤンにパス。見事ゴールと思いきや副審がオフサイドフラッグを上げていました

せっかくのチャンスが思っていましたがVARで確認したところマグワイアが残っていたためオフサイドが取り消され得点が成立!万歳!

このプレーかなーりひどい判定でオフサイド取られていたので、

VARがなかったらメディア大荒れの判定でしたね。

副審がフラッグを上げていたのを見てマンチェスターUの選手ががプレーを止めていました

最後までプレーを続けたオーバメヤンが勇敢でしたね

 

アーセナルが同点に追いついた後、70分ごろから試合がテンポアップしましたが

両チーム2度、3度ほどチャンスを作ったぐらいで試合終了

勝ち点1を分け合う結果となりました。

 

試合総括

 

 

試合結果は妥当なところではないでしょうか

攻めきれなかった両チームはいまだチーム状態が良くないように感じました

お互いに譲れない試合だったことが影響したのか、あまりリスクをかけないプレーに終始していた印象(ディフェンス面に問題がある両チームなためかと)

また両チームに言えることですが、

マンチェスターCやリヴァプールに見られるようなバックラインからのつながりがあまりみられませんでした。

個人の輝きにまかせている部分に目が行きがちな試合内容

 

まるで数年前までビック2とうたわれていたなんてって悲しくなりました。。。

時代がかわっていることもあり、かつての幻想ばかり抱いている僕がダメなのか

ファーガソン・ヴェンゲルら、レジェンド監督達の時代から移行するのに時間がかかるのか

今後のシーズンまだまだ一喜一憂しそうな雰囲気ですね

レスターやウエストハムに足元をすくわれないように気を付けなければ。。。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です