1月に獲得へ動くのはイスコで決定?それとも他の選手?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

今回はアーセナルの1月の移籍情報についてレポートしていきます!

 

 

1月に獲得へ動くのはイスコで決定?

 

先日のチェルシー戦から下部組織出身のエミール・スミス・ロウがクリエイター役を務めているも、未だ心もとない中盤であるアーセナル。

すでに弊ブログでも紹介した通り、アーセナルの1月のトッププライオリティは中盤のクリエイターだと言われているが、ここに来てある選手に決定したとの報道。

昨日「Telegraph」を筆頭とした各メディアの報道によれば、アーセナルは1月にイスコ獲得を目指すことに決定したとのこと。

これまで数多くの選手の名が噂されたアーセナルだったが、現在ミケル・アルテタ監督はイスコ獲得を望んでおり、エドゥにもリクエストした模様。そして、アーセナルはイスコを半年ローンで獲得することを望んでいるそうで、現在交渉の初期段階だという。

この報道はイギリスだけでなく、スペインメディアでも報じられており、どうやらレアル・マドリーのジダン監督は少なくとも来夏まではイスコをチームに留めたいと思っているが、イスコが来夏のEURO出場を望んでいるそうで残留は難しいのでは?とのこと。

その他、「The Athletic」の報道によればイスコ獲得するには、その前に少なくとも1名の売却が必要であるそう。

 

移籍の条件はレアル・マドリーの一部給与負担?

先程お伝えした通り、イスコを獲得するためには少なくとも1名の売却が必要と報じられているアーセナル。

しかし、それだけで獲得することは難しいようで、スペイン紙「as」によれば、どのみちアーセナルはイスコが稼いでいる700万ユーロの給与を払うことは難しく、所属元のレアル・マドリーにイスコの給与を一部負担することを求めているそう。

レアル・マドリーからすれば放出するなら給与負担したくないだろうが、コロナウイルスによって財政面が不安なクラブは多く、場合によっては妥協してくれる可能性も。

 

イスコは来夏にセビージャ移籍を希望?

この度、アーセナルが獲得に動き始めたと報じられたイスコだが、本人はセビージャ移籍を望んでいるとも報じられている。

どうやらイスコは生まれ育ったマラガの近くにあるセビージャに加入したい意向がある模様。しかし、レアル・マドリーが1月に国内クラブへ移籍させることに難色を示しており、そのために来夏にセビージャ移籍を目論んでいると報じられている。

 

 

その他の名前も?

 

イスコへの関心を報じられたアーセナルだが、イスコ以外にもスペインクラブの選手でターゲットがいる模様。

その選手はセビージャに所属するジョアン・ジョルダン。

同選手は5500万ユーロのバイアウト条項があるが、現在の財務状況からかなり格安で獲得することが出来る模様。

スペインメディアによれば、同クラブはジョルダンに対し3200万ユーロのオファーがあれば喜んで差し出す構えだと伝えられている。また一部報道によれば、セビージャは同選手獲得の際に使った1100万ユーロ以上の利益を上げられるのであれば更に安売りする可能性も伝えている。

ジョルダンは体が大きいながらとてもテクニカルなMFで、良く言えばポール・ポグバやカイ・ハフェルツのような選手。エイバルからセビージャに加入後、66試合に出場し3ゴール6アシストを記録している。

ジョルダンが加入すれば、アルテタ監督が望んでいる4−3−3のフォーメーションが利用できるはず。

果たしてどうなるだろうか。

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

クロエンケがミケル・アルテタに1月の厳格な移籍方針を指南?

大きすぎる進歩。アーセナル試合レポート

もう少し批判するのを止めないか?現状のアーセナルにおけるジレンマを考察

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です