結局ティアニーはマンチェスターC戦で起用できず?アーセナルニュース

本日も更新していきます!!!

 

 

 

移籍期間が終わり、代表ウィークはとんでもなく退屈ですね。

今回は最近のニュースを更新していきます!

 

 

ティアニーはマンチェスターC戦に出場できず?

 

当ブログでは紹介していなかったのですが、、

現在ティアニーは、今回の代表ウィーク中に新型コロナウイルスの陽性を受けたサウサンプトンMFスチュアート・アームストロングと同部屋だったことで濃厚接触者となり、2週間の自己隔離中となっていた。(同じく同部屋であったライアン・クリスティーも濃厚接触者認定されている)

そのため、今週末に行われるマンチェスターC戦で同選手を使えないことを危惧したアーセナルは、どうにかしてティアニーの隔離期間を減らそうとしていたのだが、どうやら難しいそう。

アルテタ監督がそのことについてコメントしていた

 

「これは非常に複雑な状況だ。自分たちのプレーヤーを国外に派遣してコントロールを失っている」

「幾つかの当局はプレミアリーグとは異なる規制を設けている」

「我々はまだ幾つかの話し合いをしているところだが、今日(15日)の午後にはより多くの情報が得られるはずだ」

「ただ、個人の医学的な状況についてはこれ以上話せない」

 

とのこと。

また、「daily mail」が報じたところによれば、これまでアーセナルはスコットランド政府に隔離の解除を要求していたが、現在何の進展もないとのこと。

ティアニーは政府が推奨する社会的距離を置いていたと説明しており、ティアニー自身はこれまでのPCR検査で陰性が確認されているそう。さらに、保険局員の検査でも3m離れていることが示されたそうだが、国ごとにルールやガイドラインが違うこともあってか早期解除は難しい様子。

現在ヨーロッパでは新型コロナが再流行しており、クリスティアーノ・ロナウドらもPCR検査で陽性を受けている。

こんな形で余波を受けるとは。。。

 

 

パーティがマンチェスターC戦でデビューの可能性も?

 

移籍市場の最終日にアーセナルへ加入していたトーマス・パーティだが、どうやらマンチェスターC戦でデビューする可能性があるそう。

アルテタ監督がパーティについてこう語っている。

 

「今日彼はアーセナルへ来て初めてのトレーニングセッションを受ける。そのため、早く馴染む必要があり、今後の数日でどうなるかを見るつもり。

「代表チームに招集されている選手がいるから全員ではないが、すでに何人かの選手とは顔を合わせている。今日は全員が戻ってくる。彼がみんなと顔を合わせる良い日になると思う!」

パーティ獲得について:「あちこちで話題になっているのを見た。ファンは本当に幸せだと思う。彼を獲得した後、スカッドやスタッフ同様に本当にポジティブな反応をいくつか見た。」

「彼は我々が長い間追いかけていた選手。なんとか彼を連れてくることができたよ。彼はチームにとって本当に重要なメンバーになれるはず。」

 

とコメント。

すでに実力は折り紙付きだから数日でどれだけチームに馴染めるかを見るよ!ということだろう。

とはいえ、現在のアーセナルは良い雰囲気があり、今夏新加入のガブリエル・マガリャンイスもすでに馴染んでいる。

パーティは英語も流暢に話せるようなので、言語の問題もない。すぐに影響力を持ってほしいところ。

ティアニーが合流できないのは痛いところだが、パーティが早速その穴を埋めるほどの活躍をしてくることを期待したい。

そんなマンチェスターC戦は18日の午前1時30分から!!!

COYG

 

その他ニュースが入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ヴィエラ退団後にアーセナルがサインしたMFランキング

トーマス・パーティ獲得で今後のフォーメーションはどうなる?

どうするのエジル?アーセナルOB達が頑なに退団しない事を批判。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です