最新アーセナルニュース〜移籍関連〜

最新アーセナルニュースをお届けします

 

 

ラカゼット移籍の可能性

 

今シーズンの不調と冬にレンタルバックしたエンケティアの台頭等の理由により、かねてより移籍の噂が立っているラカゼット。

そんなラカゼットにはアーセナル加入する前に1度移籍が合意していたと言われているアトレティコ・マドリー。名実ともにスペインのナンバー3として確固たる地位を築いているクラブ。

しかし現在アトレティコ・マドリーは得点力に乏しく、新たなストライカー獲得にむけて動いている模様。

最新のスペイン紙「as」によると、

 

「アトレティコ・マドリーはアーセナル監督のアルテタがラカゼットのことを重要視していないとみており、大きな注意を払っている。しかしながらアトレティコ・マドリーも財政難のため、獲得に動くためにはジエゴ・コスタの将来のよって決まってくる」

 

とのこと。

アーセナル側も新型コロナウイルスの影響で財政が圧迫されているので、ラカゼット売却に動く可能性は大。

 

 

トーマス・パーティ獲得に5000万ユーロ?

 

先程のラカゼットの件と合わせて読んでいただきたい一件

アーセナルがアトレティコマドリーのトーマス・パーティに対して5000万ユーロでオファーとのこと。

イタリア方面から出てきた記事なので、この記事の信憑性についてはわからない。しかし、今回の報道についてパーティの代理人は

 

「パーティの移籍に関して答えられないことくらいわかっているだろう」

 

とコメント。明確に否定しないあたり動く可能性も視野に入っているのかも。

今夏は新型コロナの影響で財政難となっているクラブが多数。そのため今夏の移籍市場ではスワップが多くなる可能性を示唆するジャーナリストの記事を目にする。

そのため、パーティとラカゼットのスワップはかなり有り得そう!

transfermarktの評価額で4800万ユーロのラカゼットと5000万ユーロのバイアウトがあると言われているパーティ。評価額的には同等の評価がある2名でのスワップは実現の可能性は十分。特に財政難なクラブ同士の組み合わせ。

 

今後も動きがあり次第レポートしていきます!

ラカゼットのプレー集はこちら↓

 

 

それでは

 

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

4月時点でアーセナル来シーズンのスカッドを考えようFW編〜移籍関連〜

4月時点でアーセナル来シーズンのスカッドを考えようMF編〜移籍関連〜

4月時点でアーセナル来シーズンのスカッドを考えようDF編〜移籍関連〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です