散々嘆かれたCB獲得は来夏に!?マンチェスターU移籍ニュース

本日も更新していきます!!!

 

 

先日、トッテナム相手に1対6と衝撃的なスコアで敗戦してしまったマンチェスターU。

その試合の際、数多くの人から指摘されたのがCBの質について。

しかし、敗戦後に迎えた移籍市場の最終日になってやってきたのは、FWのエディソン・カバーニと左SBのアレックス・テレスに、若手2名。ある意味期待を裏切った形となってしまった。

そんな中、現地メディアによれば、マンチェスターUが来夏にCB獲得を検討しているとのこと。

今回はそちらの記事をまとめてレポートしていきます!!!

 

 

来夏にCB獲得へ?

 

先ほど紹介したように、来夏にCB獲得を検討していると報じられたマンチェスターU。

イギリス紙「メトロ」によれば、同クラブは来夏に新たなCBを加える意向を持っているとのこと。そして、その獲得リストに入っている名前は、ダヨ・ウパメカノ(RBライプツィヒ)、ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー)、カリドゥ・クリバリ(ナポリ)の3名だそう。

また、同紙によれば、今夏に新たなCBを獲得できなかった背景には、フィル・ジョーンズやマルコス・ロホ等の放出候補だった選手の売却に失敗したことも理由にあるとのこと。

その他、ドイツ紙「Bild」も来夏にマンチェスターUがウパメカノ獲得に標準を合わせていると報道。

同紙によると、今夏の移籍市場でライプツィヒとの契約を2023年までに延長したウパメカノの契約解除金は5400万ポンド(約74億円)から3700万ポンド(50億円)まで低下した模様。そのためユナイテッドは同選手の来夏の移籍市場での獲得に向けて3700万ポンドを準備しているとのこと。

ウパメカノには多くのクラブが注目しており、取り合いになる可能性もあるが、どうやら同選手への関心は本当のよう。どうなるだろうか。

 

 

スールシャール監督の要望は叶わず?

 

今夏の移籍市場では、ドニー・ファン・デ・ベークに始まり、最終日にカバーニ、テレス、ペリストリ、そして来年1月合流のアマドゥ・ディアロの獲得を合意させたマンチェスターU。

カバーニ等、ネームバリューのある選手の獲得が実現できた同クラブだが、「ESPN」によれば、移籍市場が始まる前にリストアップした選手は1人も獲得できなかったそう。

このリストには、ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)、ジャック・グリーリッシュ(アストン・ヴィラ)、ダヨ・ウパメカノ(RBライプツィヒ)、ナタン・アケ(ボーンマス→マンチェスターCに移籍)が含まれていたそう。

サンチョに関しては、今夏を通してドルトムントにアプローチしていたが金額面の溝が埋まらず破談。グリーリッシュやウパメカーノは所属クラブと新契約を結び、移籍は実現しなかった。また、アケは宿敵のマンチェスター・シティに新天地を求めることとなっていた。

いずれの補強に対しても指揮官と相談したうえでゴーサインを出したとのことだが、今夏に獲得した全選手たちは、スールシャール監督とスタッフが移籍市場を前に期待していた新戦力ではなかった模様。

マンチェスターUは、1月にもスールシャール監督が獲得を求めたアーリング・ハランド獲得に失敗しており、2回の移籍市場で要望に答えられない形となっている。

 

 

元イギリス代表GKがスモーリング放出に反対

 

移籍市場最終日に複数選手の獲得と入れ替わる形で、ASローマへと完全移籍していたクリス・スモーリング。

昨シーズンからレンタル移籍でチームから外れていたため、今夏の完全移籍は妥当であると考えた人も多かったようだが、元イングランド代表GKであるポール・ロビンソン氏は全く反対の考えだそうで、異論を唱えている。

 

「(スモーリング放出に関して)理解できない。マンチェスター・ユナイテッドはセンターハーフが必要なのに、昨季にレンタル先のローマで良いシーズンを過ごした一流のセンターバックを手放した。」

「彼はユナイテッドが求めるレベルのセンターバックではないのか?なぜ彼を放出したのか、理解不能だ。」

 

とのこと。

たしかに、ここまでの試合で計11失点を喫しているCB陣を見れば、昨シーズンにレンタル先で活躍したスモーリングにチャンスがあっても良い気が。

スモーリングは足元の技術は高くないものの、対人守備やカバー能力には定評があり、194cmの身長を生かした強さのあるディフェンダー。

スールシャールが監督になり、ファーガソン時代のサッカーを取り戻そうとしているのであれば、マグワイアの隣にスモーリングを配置しても面白いと思うが、、、これに関してはマンチェスターUファンにも問いたいところ。

とにかく、ロビンソン氏はそれが気に食わなかったそう。

 

 

長らくサンチョ獲得に動いていたことで、若干補強に乗り遅れた感が出てしまったが、今シーズンここからどう這い上がっていくのだろうか!?

その他、面白い記事があれば随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

アーセナルの移籍市場終了後の余談。

『Party Time』トーマス・パーティ獲得を正式発表。アーセナル移籍ニュース

トーマス・パーティ来る!?『Dead Line Day』アーセナル移籍ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です