今季躍進のチェルシー若手、メイソン・マウントとは?プレースタイル等

本日も更新していきます!!!

 

 

今シーズン、新しくチェルシーの監督に就任したフランク・ランパードと共に、レンタルバックでトップチームに合流したメイソン・マウント。

現時点での活躍ぶりは言わずもがなだが、改めて選手のプレースタイル等まとめてレポートしてみました!

 

 

メイソン・マウントとは?

 

1999年1月10日生まれ現在21歳

ポジションは、ボランチ以外の中盤はどこでも対応できるマルチロール。

6歳の頃にチェルシーのユースに入団。入団後すくすくと成長し、現在に至る

18歳でオランダのフィテッセへとレンタル移籍し、チームの年間最優秀選手になる活躍

昨シーズンは、現在チェルシーの指揮を取るランパードが監督をしていたダービーカウンティへとレンタル移籍。ここでも主力として活躍した後、今夏にランパードと共にチェルシーへ復帰

さらにマウントは各世代のアンダーチームにずっと選出されており、この世代はイングランドの黄金世代と言われているほどタレントが揃っている。

その中でも特に主力として出場していた選手。いわゆるエリート今シーズンはシーズン序盤からチェルシーでもレギュラーとして定着している。

 

 

プレースタイル

 

マウントは、先程紹介した通り中盤のマルチロールとして起用可能。

シーズン前半戦は、トップ下と左サイドを主戦場としていたが、現在のメインポジションは主に左のインサイドハーフで起用されている。

ファンから、ランパードの後継者と言われるように、キックが上手くゴールに繋がるアシストを供給出来、それでいて得点力も持ち合わせている。

自身初めてチェルシーのトップチーム帯同となった今シーズンは、リーグ戦35節終了時点で公式戦48試合出場6ゴール5アシストを記録している。

前半戦は、トップ下と左サイドの出場が多かったため得点に絡んでいたが、最近は1列下がったポジションで起用されているため、得点に絡むことが減っている。

全盛期のランパードは、中盤の選手なのにシーズン2桁得点を平気で獲っていたので、そこに近づくためには進歩が必要だが、マウントはまだ21歳で、これからの成長が楽しみである。

21歳にして、全ての水準が高スコアな選手。

メイソン・マウントの今シーズンプレー集↓

 

 

移籍の可能性

 

マウントは現行の契約が2024年までと、まだ4年も契約を残している。

将来有望で、現時点でもチームの主力としてプレーしているマウントを、チェルシーが簡単に手放すとは思えず、選手側も幼い頃から過ごしてきたクラブからすぐに退団したいとは思えない。

著しく調子がおかしくならない限り、今後何年間もチームに残る選手になるはず。

しかし、今シーズン途中にコンディションを落とした時期があり、その際にランパード監督は『マウントは来シーズン、レンタルさせる可能性もあり得る。』と話しており、そういった可能性はありえる。

とはいえ、シーズン中断後は試合に出続けており、来シーズンもチェルシーで過ごすことが濃厚であるはず。

 

 

まとめ

 

チェルシーの将来、ひいてはイングランド代表の将来も担っているマウントが、これからどれほどの選手になるのかどうか。。。

プレミアリーグファンとしては、楽しみな所。

また、来シーズン以降、成長したマウントがプレミアリーグだけでなく、CLでも活躍出来るのだろうか。

これからも、メイソン・マウントに注目です!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

最近の活躍でアーセナルがセバーヨスの残留を望む?移籍ニュース

デ・ブルイネはCL出場権剥奪でも移籍せず?プレミアリーグニュース

カイ・ハヴェルツとベン・チルウェルへの興味は継続?チェルシー最新移籍ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です