今夏の補強第1号は左SB!リヴァプール移籍ニュース

本日も更新していきます!!!

 

 

 

今シーズンのプレミアリーグWinnerであるリヴァプール。

しかし、今シーズンの成績とは裏腹にコロナ禍における財政難で、苦しい夏を送っている。

そんな中、リヴァプールに今夏初めての補強がアナウンスされたので、今回はそれらの記事とその他のいくつか報道をまとめてレポートしていきます!!!

 

 

ツィミカスの獲得を発表

 

先程も紹介したように、選手獲得のアナウンス。

リヴァプールは、ギリシャリーグのオリンピアコスからコスタス・ツィミカスの獲得を発表。

獲得したツィミカスは左SBの選手で、これまで緊急時はミルナーが努めていたロバートソンのバックアップとしての獲得である。

契約年数は出ていないが長期契約と発表されており、5年契約ほどかと。また、各メディアの報道によれば、移籍金は1175万ポンドであるとのこと。

以下ツィミカスのコメント

 

「とてもハッピーで、ここに来られたことはとても誇りだ。リヴァプールは僕にとって世界で最も大きなクラブ。」

「加入できたことは光栄で、全力を尽くしたい。僕はこのリーグが大好きで、テレビでよく見ていた。子どものときから、このリーグでプレーすることが夢だった。このクラブの目標、リーグ優勝とチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げたい」

 

と、コメント。

また、クロップ監督はこうコメントしている。

 

「彼は勝つため、戦うための姿勢を持つとても良いフットボール選手だ。私は彼のメンタリティをとても気に入っている。我々が持つムードと気持ちに完璧にフィットする選手だ。」

「今シーズンにリーグタイトルを取ったオリンピアコスの成功にも大きく貢献した。過去数シーズンの強豪相手の試合でも良いプレーを見せてきた彼が挑戦を望んでいることを我々はよく知っている。私はとても満足している」

 

よのこと。

ツィミカスは今シーズン、CLとELでアーセナル、トッテナム、ウルブスと対戦しているが、そこで印象的なプレーを見せていたそう。

そのため、プレミアリーグに馴染むのも早いのではないかと言われている。

この補強がロバートソンのようにバーゲン価格での移籍になるだろうか!?

ツィミカスのプレー集↓

 

 

ジャマール・ルイスは交渉決裂?

 

ツィミカス獲得と合わせて報道されていたもの。

イギリスメディア「BBC」によれば、リヴァプールは当初ノリッジ・シティに所属する左SBのジャマール・ルイス獲得を望んでいたそう。しかし、リヴァプールが出した1000万ポンドのオファーに対してノリッジは2000万ポンドを要求し、交渉が決裂していたとのこと。そして、より安価で獲得できるツィミカス獲得に至ったそう。

とはいえ、ロバートソンはまだ26歳であり、早急に後釜が必要ではない。そのため控えSBに2000万ポンドの大金は必要ないと判断したのだろう。それと同時に、リヴァプールはコロナ禍の煽りをかなり受けているようで、左SBの補強費を1000万ポンドほどで調整していたのでは。

となれば、今後補強はまだ行っていく予定ではないだろうかと予想。

 

 

CB補強候補

 

リヴァプールは先月、長年クラブに在籍したデヤン・ロブレンが退団。

そのため、CBの頭数が足りなくなっており、今夏に新たなCBを獲得するのではないか?と噂されている。

その中でも、最新の報道で名前が出ている選手を2名ピックアップしました。

 

ベン・ホワイト

今シーズン、ブライトンからのレンタル移籍でイングランド2部のリーズ・ユナイテッドへ加入していた選手であり、そこでの活躍により、今夏のステップアップが噂されていた。

そんな同選手に興味を示しているとされるのがリヴァプールで、今シーズン何度か入れ替わったファン・ダイクのパートナーとして獲得を検討しているとのこと。

しかし、所属元のブライトンが放出を拒む意向があることと、1部に昇格した今シーズンのレンタル先であるリーズが再びレンタルで獲得したいそうで、簡単には獲得できないと言われている。その他にもチェルシーやマンチェスターUも、関心を示しているそう。

ベン・ホワイトの評価額は急上昇しており、約2000万ポンドと言われている。

 

ディエゴ・カルロス

ここ最近出てきた名前であるディエゴ・カルロス。

現在スペインのセビージャに所属している27歳の選手で、同じプレミアリーグのアーセナルやマンチェスターCともリンクされている。

同選手は、2024年まで契約を残しているが、6800万ポンドのバイアウト条項があり、それを行使すれば獲得できると言われている。

しかし、スペイン紙「AS」によれば、セビージャはディエゴ・カルロスへのオファーを聞く用意が出来ており、バイアウト額以下の金額で獲得可能であるとのこと。

 

以上の2選手が、現在多く名前が出てくる選手たちでした。

 

 

まとめ

 

サンチョはマンUではなくリヴァプール移籍を希望?リヴァプール移籍ニュース

↑以前当ブログでも紹介したように、移籍市場が10月までに伸びたことで、補強費用の見直しをすることが出来ると言われていたが、現在までの報道を見てもまだ真相はわからないままであるリヴァプール。

チアゴ・アルカンタラ獲得の噂も根強くあり、今後の予測が全くできない。

来シーズンもフィルミノの代役に南野拓実を起用するのかどうかも気になる所。。。

なんだか予測できないリヴァプールの今後の動きに要注目。

続報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうそ↓

嘘か本当か?ザハに関心との噂。アーセナル移籍ニュース

エンドンベレoutでホイビュルグin!?トッテナム最新移籍ニュース

緊急速報!「Sky sport」がオーバメヤンとアーセナルが契約延長で口頭合意と報道!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です