中盤の解決策はパーティとエルネニーと判明!!アーセナル試合レポート

本日も更新していきます!!!       今回は、昨日オールド・トラッフォードで行われたアーセナル対マンチェスターUの一戦をレポートしていきます!!! ※このレポートは試合結果を伴う内容となっています、ご注意下さい、    

スターティングメンバー

 

アーセナル

レスターに敗戦後、どういった布陣で挑むのか注目されていたこの試合。 オーバメヤンのトップ起用も予想されていたが、アルテタはラカゼットをチョイス。右WGはウィリアンを配置した。 そして、この試合でホールディングが復帰。ムスタフィが出てくることを恐れていたアーセナルファンは安堵。 そんな中で1番のサプライズはエルネニーの先発起用。セバーヨスはこの試合に欠場していたため、相手のプレースタイルを考えてなのかジャカよりも機動力のあるエルネニーがチョイスされた。 結果的にこの起用が大成功だったわけだが。(後ほど詳細) このところメディア界隈で指摘されるバック4への切り替え問題については、場面によってバック4であったりバック3であったり、はたまたバック5であったりと、もはやアルテタ戦術はわからんと思い読み解くことを断念しました。  

マンチェスターU

対するマンチェスターUは、先日RBライプツィヒを5対0で破った際と同じ中盤ダイアモンド型の4-1-2-1-2。 マルシャルが3試合のBANであるため、前線にはラッシュフォードとグリーンウッド。 中盤はフレッジを底に配置して、その前にポグバ、マクトミネイ、B・フェルナンデスが囲む形でスタートしていた。 いかにもボール回収してから縦に早い攻撃を目指しているような布陣である。    

試合内容

  試合開始からアーセナルが効果的なプレスを敢行し、やや優勢なスタートを切った。 とはいえ、マンチェスターUの硬いブロックをこじ開けることは出来ず、14分にベジェリンからのクロスが惜しかったが、ファイナルサードでのアイデアに欠ける展開となっていた。 対するマンチェスターUは、アーセナルのプレスを掻い潜るのに苦労していたものの、21分にラッシュフォードのスルーパスにグリーンウッドが反応。ダイレクトでシュートを打ったが、これはレノが冷静に足でストップしていた。 アイデアに欠けていたアーセナルは35分頃から徐々にゴールに近づいてくる。 35分にウィリアンからオーバメヤンへの良いクロスは上手く反応できず。続く37分のベジェリンが上げたクロスをオーバメヤンが上手くトラップし、ラカゼットへパスするも手前でリンデロフが足に当ててシュートを回避。 その直後にオーバメヤンがポストし、ウィリアンが放ったシュートは惜しくもクロスバーの上にヒット。 前半最後のチャンスは44分。ウィリアンがベジェリンに落とし、中央のサカへ正確なクロスを送るも狙ったところよりも浮いてしまった。 この時点のシュート数はマンチェスターUが1本、アーセナルが3本。   後半に入ると、マンチェスターUはポグバが左WG辺りにポジションを移し前半よりも前掛かりな攻めに。 前半と打って変わってマンチェスターUがボールを持ち、アーセナルがカウンターを狙う展開に。 しばらくマンチェスターUが優勢な展開が続いていたものの、62分にフレッジがマティッチと交代で退いてから試合が動く。 交代して直後の67分にエリア内に侵入しようとしたベジェリンに追いかけたポグバの足が当たってしまいPKに。 このPKをオーバメヤンが冷静に右隅へ決め、今シーズン2ゴール目をゲット。 その後のマンチェスターUはカバーニ、ファン・デ・ベークを投入し、追いつくため更に前がかりに。 アーセナルはエンケティアを入れて前線のプレスを強化。更に終盤にはナイルズとムスタフィを投入し、逃げ切る動きに。 最後までゴールを奪いに来たマンチェスターUだったが、アーセナルの守備陣を崩し切ることが出来ず1対0でタイムアップ。PKで奪った得点を守りきった! この試合の簡単なスタッツ↓ 拮抗した試合だったのが伺える。 何度でも見たい!    

輝いた選手

  重要な試合に勝利したアーセナルだが、同クラブOBのマーティン・キーオン氏は輝いた選手に4名の名を上げていた。  
「バック3は本当に強力で、ベジェリンとサカのウイングバックが最高だった。2人のミッドフィルダーも最高で、エルネニーはアーセナルに来てから最高のプレーを見せていた。そしてパーティはなんでも出来る。パス、タックル、ペースのレパートリー。」
  とのこと。 この試合輝いた選手を上げればキリが無いと思うが、キーオン氏が名前を出した4名の他にガブリエル、ホールディング、ティアニーのバック3は相手FWにほとんど仕事をさせなかった。 ガブリエルは終盤何度もエリア内に来た相手選手を止めており、この試合で改めてお買い得物件だったことを証明した。もちろん攻撃陣も上手くプレスを掛けていたし、レスター戦よりもゴールに近い動きが何度か作っていた。    

中盤の組み合わせはパーティとエルネニーで解決?

  完全な私見ではあるのですが、現状のフォーメーションであれば中盤はエルネニーとパーティで解決では!? 両者のエネルギッシュなプレーは現在のフォーメーションに合っている。 守備時のフォローも抜け目ないし、お互いが補完しあえる分いくつかのチャレンジ的なプレーも垣間見えた。 セバーヨスとジャカの場合はお互い走力に乏しいところがあるため、ミスできない雰囲気?があったように感じる。(今思えばだけど) あとは、トーマス・パーティがスーパーな選手だということがわかった。先程キーオン氏も話していたが、パス、タックル、ペースのバリエーションとアーセナルに欠けていたものを全て持っていた。 もちろん、セバーヨスやジャカの持っているパス力、クリエイト力をもっと出してもらいたいが、昨晩のプレーを見てしまうとこの2人で今後もいってほしい。 それくらい衝撃的に良い組み合わせだった!!! また、キーオン氏は先程のコメントの他にこの試合で活躍した両者を『ビエラとジウベルト・シウバ、ビエラとプティのようである』ともコメントしており、この組み合わせがナイスだったとも。 昨晩のプレー集↓    

確実に変わっているアーセナル

  現時点でリーグ最少失点。ありえる?アーセナルが! 得点力は落ちているが、明らかに昔と違うところが垣間見える。 レスター戦の負け方を見て『あぁ、いつも通りか。。。』と、ショックを受けた方もいるだろうし、僕もその1人だったが、今までのアーセナルであれば恐らく終盤に失点して引き分けになっていたはず!(断言) そんな中で、守りきり勝ち点3を手にしたことは凄く価値のある勝利だと感じました! しかも、ガブリエルとパーティは合流してからまだ間もないのにここまでの適応力。2人で7000万ポンド! どうやらアーセナルはオールド・トラッフォードでの勝利が2006年以来で、アウェイのビック6からの勝利が2015年以来だった模様。 そんな重要な勝利をここに来て手にするなんて、やはり今シーズンのアーセナルは今までと違う!!! 依然としてゴール欠乏症は変わりないですが、この試合をきっかけに良い流れが来てほしいところ!   次節はミッドウィークにELモルデ戦を挟んで、(H)アストン・ヴィラ戦。 同クラブは最初の勢いが弱まって現在2連敗中。必勝です!!!   今後も新たな情報等を随時レポートしていきます!!!   ここまで読んでくださってありがとうございます!!!   それでは   こちらの記事も合わせてどうぞ↓ マンチェスターU戦:各メディアのフォーメーション予想 マンチェスターU戦に向けて。パーティのコメント等。アーセナルニュース 実りのあったEL予選。週末は誰を起用する?アーセナル試合レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です