ヴェルナーのリヴァプール移籍は既定路線?プレミアリーグ移籍通信

現在、中断中のプレミアリーグで首位を独走中のリヴァプール。

今シーズンが最終的にどういった判断がなされるかは議論されている最中だが、そんな中でも来シーズンに向けての補強の話は進んでいる。

リヴァプールと昨夏からリンクされているヴェルナーは、今夏に待望のリヴァプール移籍となるのか?をレポート

 

 

相思相愛のリヴァプールとヴェルナー

 

今シーズン、ブンデスリーガで21ゴール7アシストを記録しているヴェルナー。ドイツ代表も常連になり、多くのビッグクラブから引き合いの声がある。

その中で、早い段階から強い関心を示してきたのがリヴァプールである。
クロップ監督と同胞である俊英FWは、様々なメディアでクロップ監督要するリヴァプールのハイプレッシングにマッチする選手であると言われており、その声に答えるかのようにリヴァプールは獲得に興味を持ち続けていた

またそういった声に反応するように、ヴェルナーも以前インタビューで

 

「ユルゲン・クロップは世界一のコーチ」

「僕のプレースタイルはフィットすると思う」

 

などと発言しており、相思相愛だと言われてきた。

 

 

ヴェルナーのバイアウト(契約解除条項)

 

ドイツメディアの「Bild」によると、ヴェルナーには6月15日まで5300万ポンドのバイアウト条項があると言われており、事実だとすれば今後ワールドクラスになりえるFWを実力以上にお手頃な値段で獲得することができる模様

そのため、多くのクラブがさらに興味を示している一方、イギリスメディアの「エクスプレス」では入団が決定的という報道があり、背番号は19番に決定したとも言われている。

今シーズン戦力的な補強は南野のみであるリヴァプールはヴェルナーを獲得するためのキャッシュは十分にあるはず。

 

 

ライプツィヒに1年レンタル?

 

スペインの「アス」ドイツの「Bild」の報道によると、今夏ヴェルナーはリヴァプールに移籍した上でライプツィヒに1年間のレンタル移籍をする可能性もあるとのこと

来シーズンの戦力維持をしたいライプツィヒとレアル・マドリーへ移籍の噂が上がっているサディオ・マネが今夏は残留するだろうという憶測のもと、2クラブ間の妥協案として出ているそう

実際、現時点でリヴァプールにはマネ、サラー、フィルミノという強力な3トップが存在しているため、ヴェルナーの獲得はどちらかというと将来投資になる。そのため獲得さえできれば1年レンタルさせることは可能である。そういった背景から報道されており、連日リヴァプールとヴェルナーに関しての報道は出ており移籍は既定路線ではないか?

 

 

唯一のライバル

 

そんなリヴァプールにとって唯一のライバルになりえるクラブがバイエルンである。バイエルンは昨夏にも獲得を考慮したが、マンチェスター・シティのルロイ・サネの獲得を目指していた。

しかし、今シーズンの活躍とバイアウト条項が存在することからヴェルナーに関心を示している模様

ライプツィヒからすれば国内のライバルであるバイエルンには移籍させたくないはずなので、リヴァプールへの移籍を促すだろうが、バイエルンには国内の有力選手を獲得してきた歴史もあるためもしかする可能性もある

ゲッツェ、フンメルス、ゴレツカなど国外からのアプローチを断ってバイエルンに移籍した過去がある。そのためバイエルンが本気を出したときには、最終的にヴェルナーの決断次第になるかもしれない。。。

 

とはいえ、ワールドクラスな選手はアーセナル戦で活躍しなければ(笑)プレミアリーグにどんどん来てほしいので、是非ともリヴァプールは早急に交渉してほしい。

ヴェルナーのプレー集↓

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ユムティティがプレミアに?〜プレミアリーグ移籍通信〜

マンチェスターユナイテッドがサンチョ争奪戦をリードか?プレミアリーグニュース

プレミアクラブが狙う?今夏のボスマンプレーヤー達

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です